2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ビオチン55日目 ほぼ完治
2006/12/13(Wed)
ビオチン55日目です。
=============================
何ヶ月も指にできている湿疹(小さな水疱ができてジュクジュクしたり乾いたりを繰り返す。水疱の出来始めは痒くて、かさぶたになるとヒビワレのようになって痛みがある)の原因がアレルギーではないかと思い、ビオチンを摂取しはじめました。
その経過をつけています。
 検索でいらした方は ブログ内検索をビオチンでかけていただけると全部の記事が読めると思います。
経過をつけているので、前に書いたことを後から違うと思うこともあると思います。最新の記事からお読みになることをオススメします。
=============================

指はほとんど治りました。一昨日ぽつんと湿疹が2つ見えましたが「掻いたらダメ」とさわらないようにしていたところ、そのまま枯れたという感じです。

 台所仕事は洗剤がつかないように気をつけていますが、さらっと洗うだけならば手袋なしにしています。 お風呂はまだ念のため手袋をつけています。

 本当は12月だし、また掃除に力を入れたいところだけれど、掃除に燃えていろいろやっていたときに丁度悪化したこともあり、ちょっと躊躇しているところです。

 一応この記録はここまでにしたいと思います。 ビオチンとアシドフィルス菌は、買ったものを飲みきって(3ヶ月分購入した)その後は、ビオチンの量を減らし、アシドフィルス菌だけに出来ればと思っていますが、様子を見ながらにしたいと思います。

 写真は追記ページにまとめて載せておきます。 ひどかったときの写真は 写真にするとあまりにもキタナイ状態です。
見ても大丈夫と思われる方だけご覧下さい。

 ただ、一番ひどかったときの写真と、ぶり返して悪くなったときの写真は、自分の気落ちが激しくて写真を撮る気にもならなかったので、ありません。

最後に、ビオチンについて。 ビオチンとアシドフィルス菌を飲んだことで、私としては関節の痛みやかゆみなど、改善されたことがあったと思うのですが、指のかぶれについては、ビオチンがよかったのか、手袋作戦がよかったのか、ミューズがよかったのか(ミューズ作戦した頃から治りが早かった)その辺は不明です。 そうそう。抗生物質を1週間くらい飲むことがあったので、それも影響しているかもしれないし。

 とりあえず、参考程度ということで載せました。
ビオチンを飲む以前は、湿疹はジュクジュクだったり、かさぶたはちょっと厚手のかさぶたができたりというのをくりかえしていました。

PICT0956_1020.jpg


ビオチンをのみはじめて、表面上は良くなりそうな予感を持った頃です。朝、夕1回ずつ飲みました。かさぶたは薄くなり、紫がかったピンク色が薄くなってきたような気がしました。
ただ、朝起きて少しすると 猛烈に痒くなり、ビオチンを飲むとかゆみが止まり、色も薄くなるという状態でした。
 ビオチン4日目頃(記事へリンク)だと思います


PICT0957_1021.jpg


 腫れはひいてきましたが、ボロボロと皮がはがれました。
 ビオチン8日目頃(記事へリンク)です。子ども会のお手伝いなどが毎週つづけてあり、かなり指にも過酷な頃でした。
PICT0971_1028.jpg

 
 口内軟膏をつけていた頃です。赤い色は軟膏の色が移りました。一時はこれでよくなりかけていると思っていたのですが。
ビオチン11日目頃(記事へリンク)
その後とんでもない自分の指ながら気持ち悪くて焦るような状態になってしまいました。

PICT0985_1107.jpg


 一気に悪化させてしまって(その傷は写真を撮る気にもならなかった)汁がダラダラと出たものをそのまま固めたところです。ビオチン27日目頃(記事へリンク)
このときは本当にひどかった。この写真はかさぶたになっているからまだ良いのです。皮1枚もないところに真っ赤の肉があって小さな穴がポツポツとあいているのは、自分の指だからどうにか見ることが出来たのだと思いました。想像できないほど気持ち悪かったです。(二度と見たくない) 

PICT0987_1110.jpg


 治ってきたところです。まだあちこち皮がはげています。
ビオチン34日目頃(記事へリンク)です。自分ではかなり治ったと思っているのに、写真をとると、目でみるよりもひどい状態なので、「マダマダなんだな」と思いました。

PICT1005.jpg

 
 今日現在です。ほとんどかぶれは見られません。実際は先日ポツポツと出来た湿疹が枯れたものが2箇所あるのですが、わかりません。 皮膚1枚すっかりリニューアルしたので、こころなしか皺が少なくて画像加工したかのようにも見えます。
 指先の方にも皮がはげた部分がありますが、これも水疱ができていたのだと思います。かゆみがなかったので、写真をとるきがつきませんでした。

 話は変わりますが、先日新聞で読んだ 「ナノキューブ」というモノ。
 もともとはワセリンのように人体に無害で、基材となるものを研究していたところ、コレを塗ったらマウスの皺が消えてしまうものができてしまったとのこと。 どうやら、肌にストレスを与えることで、肌再生が活性化され、それによって皺が消えるということがわかったのだそうです。(元の記事がみつからず、うろ覚えを書いていますが、こういう話だったと思います)

 で、この治った指をみて、皺がないのは、肌が再生されたからなのかなあと。実際はどういうことかはわかりませんが、見た目ははっきりとこの部分の皺は薄いです。

関連ニュースは見つけました 読売オンライン 
この記事のURL | しらべたこと&へえーと知識 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
おはようございます。
読んでるだけじゃピンとこなかったけど、写真を見るとすごくひどかったんですね。
でもきれいに治ってよかったね。
私もこの時期は油断すると、ガサガサでアカギレになるので、毎晩おやすみ手袋をつけて寝ています.
朝になると、遠くに飛んでいるんだけどねぇ(^^;
2006/12/14 09:04  | URL | leezzz #-[ 編集] ▲ top
-  -
leezzzさん。おひさしぶりー。 自分でも「すごかったなあ」「治ってよかったなあ」と思います。手袋して寝ると、いつの間にかなくなってますよねー。(^^;)
 寝るときは手袋も靴下も苦手っぽいです。
2006/12/18 18:49  | URL | pon2 #hDwwLtHg[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/916-5a95b992

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。