2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「のだめ」ロケ エキストラ参加報告
2006/11/28(Tue)
 行ってまいりました。のだめロケ。(最終回ではなくて R☆Sオーケストラのおひろめでしたごめんなさい)

夕方帰宅した息子が「なんでこんな日にかぎって宿題があるんだろう」と言うので、「宿題やってからで十分間に合うからはやくやりなさい」と促すと、まあ、ちょっと手抜き気味(漢字の書き取り)だったけれど、いつもの半分以下の時間で宿題完了。(ほらね。やる気になったら早いじゃない<いつもこの調子でタノムよ)

 夕方4時半に受付開始、5時から10時までの5時間コースです。長いです。こうやって考えてみたら夕方5時から10時まで働いたとしても5時間時給がもらえるわけよね。。なんてつい、仕事に換算してしまう。 長い人は朝8時から夜22時までという人たちもいますが、息子は学校があるし、たぶんそんな長い収録には耐えられないと思うので、この時間帯で入ることができてよかった。

 持物は、おにぎり(夕飯:ロビーで合間に食べる)とお茶。
それから、オペラグラス。飴。退屈かもしれないから息子はゲーム、私は文庫本。寒いといけないから、カイロを背中に貼って出発。

■ブラボーと拍手

 少し早めについたのですが、すでに入場が始まっていました。 5時からの回の人は皆3階に通されました。私たちはステージに向かって右側の一番前の列に座りました。
ステージの上にオケメンバーがいるのかとおもいきや椅子だけ。観客の撮影をしていました。 私たちは3階なので、無関係。「へえー」と思いながら下を覗き込んで 高みの見物とはここのことだなと思いました。

来週の放送なので、あまり細かいところは書かないほうがよさそうにも思いますが、これだけ時間をかけて撮ってもたぶん演奏シーンは10分にも満たないんだろうなあ。
 丁度、ステージに向かって右手の前方に座っている人がブラボーと言って拍手をしたら他の皆も立ち上がって拍手をするという場面を何度も何度も取り直し、私たちは映らないけれども同じように何度も立ち上がり拍手をしました。飽きた頃にやっとokが出て、少ししたら、「ワー」「キャー」という声がしてステージ側からぞろぞろと人が出てきました。 なんだなんだ?と見てみると、Sオケの皆さんと大河内君でした。

■Sオケメンバー登場

 皆さん、もっとタレントタレントしているのかなと思いきや、静かな印象で 真剣に演技をしている様子にまずビックリ。テレビと全く印象が違うのが 大河内君(遠藤雄弥)テレビで見るとヘンテコなキャラが際立っているけれど、おとなしそうでSオケメンバーの中にいてもあまり目立たないという感じに見えるのが意外でした。でも、撮影中は表情を作ったりして真剣に役になりきっている様子が好感がもてました。 あれが映像になるとどんな風になるんだろう。
 演技について、指導があったことを「こうしたほうが良いですか?」などとわからないところを確認しつつ演じていたのはSオケの双子ちゃん。松岡 璃奈子松岡 恵望子あのマンガチックな雰囲気もいまさらながらに「ああ、演技なんだなあ」と、あらためて思いました。途中メイクさんがSオケの皆さんの顔に粉をはたいて直していましたが、全部同じ粉とパフを使って連続で直していくのにもビックリ。(うひゃー、皆同じファンデーションだったのね) そうしてSオケのみなさん退場。

すると、舞台上から「5時からの皆様お待たせいたしました。オーケストラシーンの撮影に入ります」と説明があり、少しずつ団員が入ってきて席につきはじめました。

■オーケストラシーン撮影 
コンマスの席には 清良(水川あさみ)が見えます。私は清良は、男っぽくて鼻から口にかけてあごのあたりの雰囲気があまり好みではないのですが、上から見ると、やっぱキレイだなあ。。と思いました。

 そうして、オーボエ奏者と千秋様登場。オペラグラスでじっくり見ました。残念なことに千秋様は指揮者なので、ほとんど背中しか見えない。偉くすその長い燕尾服がまるでスカートのようでした。 

 書き忘れていましたが、演奏中のシーンはオーケストラがいてもいなくても、音楽が流れてそれにあわせてシーン撮影をします。一番最初に会場に入って違和感があったのはこれ。曲も流れるのですが、そのリズムをとりやすくするために、曲よりも大きい音でメトロノームのようにリズムの音がコン、コンと鳴り響いているのです。これが苦痛でした。頭の中に響き渡ってつらい。オーボエはうーん。吹いているように見えるような見えないような。という演技でしたが、指まできちんと合わせようという努力はスゴイなと思いました。 千秋様の指揮は指揮者としてもかなり恰好になっていると思います。撮影時は、奥に同時に指揮をしてみせて指導している人がいて、鏡のように向かい合わせで確認できるという寸法。 指導している人(どなたでしょう)の指揮は流れるような ああ、指揮者だな。。という指揮、千秋様は背中からみてもかっこよさげな良い指揮だと思います。(どんなに上手い指揮でも、千秋の役柄では腰をひょこひょこ振ったり、傍からみてコミカルに見える動きは向いていないと思うので)

 でも。。。不思議なことに、千秋様は、テレビで見たほうがかっこよかったのですよ。私は玉木宏のファンではなくて、才能コミコミの千秋のファンだからなんだろうな。ロケは 千秋を演じている玉木宏だから、キャーともワーとも思わなかったのだと思います。 顔立ちの整ったキレイな男の人としか思えなかったのが自分としても意外でした。
因みにオーボエも「あ、この人が吹いているんだな。」というレザーパンツの人が見え隠れしていました

■ミッチーに脱帽
登場は玉木さんの登場よりも少し後だったと思います。今までの中で一番大きな声援が上がって、いつもの「王子様ミッチースマイル」で及川光博の登場です。 昔からのスターとはこんな感じで登場するのかな。。という感じ。
 私のミッチーに対する印象は「ヘンな人」「オーバーアクションな人」でしたが、撮影が進むと同時に 「ああ、この人ものすごくまじめに取り組んで、ミッチーというキャラクターを作り上げている人なんだ」と脱帽の思いでした。 いつもあんな感じのわけないけれど、「ボクは王子さまなんだよ」なんて平気で言うようなうわついた感じの人を想像していました。セリフをブツブツ何度も口の中で繰り返している様子が見られたり、席を立って大げさなフリのイメトレをしている様子が真剣そのもので、この場の演技に一番ひきつけられ、好感を持ったのがミッチーでした。私としては、彼の濃くない演技も見てみたい。(でも濃いキャラで売っているのだから無理かな)

■お待ちかねのだめ登場

のだめの第一印象は背が高くて手足がながーい。だから、ちょっとした動きもものすごく印象に残るのです。思ったよりも髪の色が薄かったのがビックリ。それと、ささっと登場した彼女は あっという間にいなくなっちゃった。という感じでした。 登場も退場もあっという間。 長い手足を使ったアクションで、場をとりまとめて、 ぱらぱらーと拍手のあと、パン・ぱんぱんぱん と 締めの手拍子をまとめてくれたりしたのが、ダラダラとつまらないエキストラの気を紛らせてくれたと思います。テレビよりも、しっかりしたお姉さんだな。。というのが印象。

■撮影機材
 撮影は、嫌になるほどでした。NGはさほど出ないのですが、一つの曲のある部分について、観客のシーン、ブラボーのシーン、演奏者のUP、指揮者のアップ など、何パターンも撮影します。5時から入っただけの私ももう最後は飽きてきて嫌になりました。朝8時からの人、本当に良く頑張っていると思いました。 まあ、もともと私はテレビに映りたいと思っていったわけではないのだからかもしれません。 映りたいという思いでいくのだったら、映るまでがんばるというのもアリかも。
 運良く私の仕事は女優でもないし、才能もないからよかったけれど、こういう仕事はとっても大変なものだなあとつくづく思いました。(とはいっても、よく考えてみたら、役のついている人はピンポイントで出てくるだけだから、やっぱりエキストラが一番タイヘンなのかも) とにかく、もうエキストラに行こうということはないと思います。

 本やゲームを持っていった私たちでしたが、私は本を全く読むヒマはありませんでした。大きなクレーンのようなカメラやレールに乗ったカメラがあっという間に組み立てられたり ふと気がつくとあっという間に片付けられていたり。 機材はものすごくテキパキと動いています。 運良く画面に入らない場所で、かつ、出演者の演技が満遍なく見えるところだったのも良かったと思いました。舞台に近いところに座った人たちは、私が面白かったと思うミッチーの演技は見えなかっただろうし、Sオケの人たちの演技も見えなかっただろうから。

 それに、映ってないというのは気楽なもので、トイレに行ったり、お茶を飲みに出たりと拘束されている中にも自由に過ごせる時間が多かったのも息子と私にラッキーでした。1階席だとそうは行かない様子でした。前の日はとてつもなく寒かったので、貼るカイロを背中に貼って行った私ですが、昨日はとんでもなく暑くて、汗だくでした。照明の加減もあるのかもしれない。だからお茶が飲めないとなると結構厳しかったと思います。

 思いがけず、舞台裏を見る機会に恵まれたpon2と息子。でも、やっぱりドラマはドラマで見るのが一番かな?と思いながら帰途につきました。でも、ブラウン管からは伝わってこない役者さんたちのまじめな姿が見えたというのはやっぱり面白かったです。 ボロボロ画像はクリックで拡大します。
nodame1IMG_000080.jpg

1)Sオケのみなさん
2)ミッチー&編集の女の人
3)外人の人(何の役でしょう)
4)のだめ
nodame2IMG_000081.jpg

 オケメンバーや 指揮の顔を舞台後ろから撮影するところ。

 指揮 千秋先輩
 茶色 清良
 青  カメラ (赤い方がレールに乗ったカメラ)
 黒  指揮指導

粗品は、ハンドタオルとプリゴロ太コースター(紙製)
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(1) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/897-d2d3edce

- 「のだめ」演奏シーン収録方法 -
結局「のだめカンタービレ」前田ホールロケは見送りましたが、エキストラに参加された皆さんのウェブログで様子が伝わってきます。... …
2006/11/28 20:14  fringe blog
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。