2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
消えた夏休みの友
2006/08/24(Thu)
 息子の夏休みの宿題は、算数のドリル36枚、後は自由研究・工作・感想文のうちどれか一つをこなせば良いというもので、私の頃の夏休みと比べると 「無いも同然」という量です。

ドリルというのは、細長い形で、足し算や引き算、掛け算、割り算などが載っていて、あっという間にできるであろうというような量なのですが。。。。。悲しくなるほど時間をかけてやっています。公文に行かせておけばよかったと後悔しています。(100マス計算で鍛えられるから、計算だけは速くなるらしい)

 私が子どもの頃を思い出すと、夏休みの友・日記・絵・自由研究・工作・感想文 とこのくらいはあったように思うのだけれど。

 学校のほかのお母さん方と話をしたときにも、「どうして夏休みの友がないのかしらね」という話になりました。夏休みの友の内容がよかったとは思わないけれど、1日1枚ずつやっていくと、夏休みの終わりには宿題が終わるという形は小さい子にも理解しやすいし、1日やるのをサボるとその分ほかの日にやらなければいけないというのも理解しやすかったように思います。「市販のドリルがあるから、それをやらせればいいじゃない」とおっしゃる方もあるかもしれません。そうではなくて、学校の宿題として出るから、全ての子どもに平等に出るから意味があったのだと今思います。

 話を聞くと、わりと幅広い年代に「夏休みの友」があったような感じがしたので、「いつからなくなったのだろう。」と気になって検索してみました。

yomiuri online 「学力」に押される「体験」(2005年8月2日)に、夏休みの友について

「夏休み学習帳『暑中学校』」という名称で、日露戦争の余韻が残る08年(明治41年)に始まった夏休みの定番



 とありました。
なんと明治時代からあったとは知りませんでした。その後、戦争による紙不足で、1944年に発行中止になり、49年によみがえったのだそうです。

その夏休みの友がなぜ今ないのか?

宿題帳の全国の状況となると、実態はつかめない。当時も現在も、宿題帳の採用は各学校や教員の裁量に任され、文部科学省も都道府県教委も把握しきれていない



とのこと、これによると、いまでも「夏休みの友」がある学校もあるのかもしれないけれど、

ちびまるこちゃんのふるさと静岡県のデータでは

ゆとり教育が台頭した70年代後半からは採用する学校数が年々減少し、93年の採用率は約20%まで落ち込んだ。



とあるから、他県も同じような状況ではないかと思ったりします。実際、私の知り合いで子どもさんの宿題に「夏休みの友」があるという方はいまのところいらっしゃらないのです。

 ゆとり教育を少し見直そうという状況にさしかかったところで小学生をやっている息子ですが、このゆとり教育、息子にとってどういうメリットがあるのだろう?と不思議に思います。

 昔に比べて、彼らにはものすごく時間がないように感じます。それは、私が大人になったから時間の感覚が違うのかもしれませんが、学校で授業を見ても「活気のある授業」「子どもたちがわかる授業」という実感もないし、かといって ゆとりがあるか?というと まったくゆとりがない。身の回りの自然に目をむけ、本を読みという時間もほとんど取れないのはどうしてだろう?と不思議に思います。
 学校での授業、息子の担任の先生に問題があるのだったら話は楽なのですが、私から見ると、息子の学校でも指折りの「良い先生」「やる気のある先生」「実力のある先生」なのです。

 実際授業時間・指導内容については

昭和五十二年学習指導要領の改訂により、授業時間数がおおむね一割程度削減、指導内容も大幅削減
平成十四年度に施行された学習指導要領においては、完全学校週五日制の下、授業時間数が年間七十時間削減



ということなのです。たしかに授業時間が減るということだけが学力低下に結びつくと短絡的な考えはしてはならないと思います。しかし、データを見て議論だけを戦わせることはいくらでもできるでしょうが、実際に学校を外側と内側両方からじっくりと見てみると、「ゆとり教育」の名のもとに、教育という面では「ゆとりをもって教えることに使える時間」が削減されてしまっているのではないか?と思えることも多々あります。

 ゆとり教育を推進した人たちからは「ゆとり教育は間違っていた」という言葉は絶対に出て来るわけはありませんが、いくら素晴らしい理論でも、現実にそれを実証するだけのデータが出なければ、その理論が正しいという裏づけはないということではないでしょうかねー。 実際、「理念はまちがってなかった」なんていう言葉は意味ないです。

2003年の記事ですが、
「ゆとり教育」の”戦犯”(Web現代)

ある小学校の中堅教師は文科省の非現実的な考え方を指摘する。
「地域とかかわりを持つなど、生きた理科や社会などを消化させてこそ総合的な学習となるというのが理想でしょうが、そのために週3時間も時間を取られて、その上、土曜日までが休みになると教科授業の時間が取れません。ゆとり教育が打ち出されてから現場は、『せわしない状態』で、どんどん首をしめられている感じがします。家庭に子供を育てていく力が欠けてきており、しかも現在は不景気で共働きが多くなり、土日が休みとなると、親たちは子供を塾や習い事に通わせることで安心しようとする。そこで今度は『確かな学力』となると、“教え込みではなく体験重視の学習”を進めるという方針なので、内容を削減したと文科省は言っていますが、一つの単元にかける時間はさらに多くなると思います。とにかく週休2日制はすぐにやめたほうがいいのではないかと思います」



まさに、これと同じようなことを私は先生方から聞くことが多いです。まさにこれが実際のところなのではないでしょうか。

推進の要となった有馬氏は(実際、私が話しをした現場に携わっていらした方からは、冗談半分ではあるにせよ この人が諸悪の根源だと言い切られて、そこまでの苦しみが現場にはあるということをこの人はわかってないんだろうなと思いました。)その有馬氏は

自分がはじめた「ゆとり教育」に後悔はないという。
「総合的学習の時間をなんで与えたのかというと、もっと自分たち教師にいろいろ教え方を工夫させてください。学習指導要領があまりにもがんじがらめだという意見が非常に強かったんです。また、忙しい、忙しいというから土曜日を差し上げたんです。そしたら、学校の時間を増やしたり、部活をさらにやったりしている。忙しいというのなら、部活をやめたらいいんです。また、家庭が教育を学校に任せすぎてるんです」



 すでに教育を受けるトシはとうの昔に過ぎ去り、ご自分のご子息も教育をうけるわけでもない年のこの方には、日本の子どもたちがどうなろうと知ったことではないわけで、後悔がないとすっぱりと言い切れるらしいのです。
 おまけに、自分には責任が無い。私は皆の要望通りにやっただけだ。それがうまくいかないのは学校が悪い。教師が悪い。親が悪い。と責任転嫁。
 自分には直接関係ないので、ドコ吹く風という感じにとれませんか?

 データが多少古いので、最近お話をお聞きすれば少しは違うのかもしれませんが。

 まさに今教育をうけて、これから先の世の中をしょってたっていくための基礎を固めていくはずの息子。親としては本当にこれでいいのか?と、先行きがまったく見えない状態です。

 「それは アンタの息子のデキが悪いんだ」と言い捨てられそうですが、本当にそうなのかな?
そうして、有馬氏のゆとり教育は「おちこぼれをなくす」というのが一番の目的だったということですが、10000歩ゆずってうちの息子のデキが非常に悪かったとして、そういう子がいなくなりますよというのが ゆとり教育だったんじゃないんですかねえ。

どうなる学校教育!?
 

はたぶんゆとり教育が始まった頃に書かれた文だと思います。
この懸念が実体化していることをまさに実感している今、2006年ですが、この文が書かれたときには予測できていなかったであろうことが一つあります。

校内暴力、いじめ、不登校、落ちこぼれ、すべて詰め込み教育の弊害だと言えるかもしれません。



2006年の今、ゆとり教育が浸透しても、校内暴力、いじめ、不登校、落ちこぼれは 私たち大人が子どもだった頃よりも明らかに増えています。 ニュースにならないのは、それらが 「普通」になってしまったからなのです。

読み直し、後やります。敬体と常態が混じってヘンテコ(いつもといえばいつも)ですが。お許しを。
この記事のURL | しらべたこと&へえーと知識 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
コメント
-  -
こんにちはー。私が疑問に思っていたことを調べてくださってありがとうございます。検索したらなんでも分かるの
ですねぇ。私の中学時代とか高校でこういうパソコンがあったら
少しは向学心というものがあがったかもしれなかったかな。

でもまあ辞書やら辞典を引いて調べたことも無駄ではない
と思うのですがね。

私も土曜日は半日でも学校はあったほうがいいと思います。あのころ、土曜日があったからといって「ゆとり」
がなかったとは思えないし、平日の放課後が増えるほうが
いわゆる”遊び”の時間が増えて子供同士のふれあい
があるんじゃないかと思います。今じゃあ、田舎でも
「今日は剣道、明日はピアノ、あさっては塾」なーんて
言われて息子は遊ぶ友達がいないのです。(うちは宿題
さえやれば後は遊びなさい主義)

それから複式学級はまずいと思いますね。やっぱり。
以前はいいんじゃない?と思ったけど、4年生に監視
されているみたいで嫌なんじゃないかと私は勝手に
思っています。参観日を見ても3年生はどこか遠慮がちに
見えます。

教育はいくらお金をかけてもいい(国が、ですよ国が
自分のうちはそんなにお金ないっす)し、時間をかけてもいいと今は思えます。
2006/08/24 11:36  | URL | あち #e55wMT72[ 編集] ▲ top
-  -
あちさんおはようございます。
息子の宿題は、キアイを入れてどうにか山は越えた(と、思う。。。)ところです。来年はこちらの苦労や心配なしにやってほしいなあ。(切なる希望!)

 あちさんも、夏休みの友について、疑問をもたれてたのですね! 私も、自分の育った学校だけだと思っていたのに、私よりも年上だと思える人からも、年下とおもえる人からも 「夏休みの友」の話題が出るので、日本全国「夏休みの友?」とずっと不思議だったのです。

 少しスッキリしました。(時間がなくてしらべたものを書き散らしただけになっちゃった。読み直すとかいていながら読み直してないー)

放課後遊ぶ時間がないというのは本当に感じます。
文科省にはじゃあ、土日に遊べば?といわれそうだけれど、今度は土日となるとなかなか友達との時間があわなかったりして、時間をもてあますことも多いみたいだし。 
2006/08/25 08:19  | URL | pon2 #nLnvUwLc[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/768-ac38ea2e

- 夏休みの友は今もある? -
気になって、『夏休みの友』 のことを追ってみた。 http://www.mabo …
2007/09/01 20:00  太子堂教室日記
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。