2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
colling
2014/06/06(Fri)
今朝出かける前に、息子が「おかあさん、この映画見るとよいよ」と言いながら レンタルしたdvdを置いて行きました。

コーリング [DVD]
コーリング [DVD]デヴィッド・セルツァー

ポニーキャニオン 2003-10-16
売り上げランキング : 80083


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これです。

たいていこう息子が言うときは、映画を見て私が泣くと期待したときです。

せっかくなので見てみました。以下ネタバレ。癖なのでいらぬ突っ込みが入っています。

導入部で、 夫と妻が仲良く語り合うシーン。
夫が来世では鳥(なんだったか失念)になりたい。キミも鳥にならないのか? と聞くと「ベジタリアンの私が?」と聞きます。
でも、彼女がなりたいのは トンボ。 < しっかり肉食じゃないかいっつ!!!

中盤はちょっとホラーのような感じに。不思議なことが沢山起こります。
そこで、皆が 「虹のなかで彼女と会った」といいます。 ありゃ~。 導入部にヒント多すぎ。
きっと あそこ(虹が出来る場所)に彼女のなにかがあるのでは??と。

後半は謎解き中の夫が活躍し、ちょっとアクションがはいります。
夫の愛情はスゴイのですが、さすが 夫婦共稼ぎの医者。金持ちだわ~。
さくっと交通費が出るあたり。 私が遭難してもそうはいかないだろうな。

オチはちょと気付きませんでしたが、たしかにヒントはあった。そうでした。

で、泣いたかというと。。 残念。泣きませんでした。 
ちょっと感情移入出来なかったところがあったからかも。

ラストに 「キャサリン アン カーティスに捧ぐ」と出てビックリ!
「え? こんな不思議な話 実話なの???」と検索しました。

どうやら このページ(https://answers.yahoo.com/question/index?qid=20060916201840AAbPDR8)によると

 この映画の製作中に死亡した 「アシスタントプロデューサーの妻」に捧げたものらしいですね。

あ~ビックリした。

原題は Dragonfly 邦題はCalling
原題 のままの方がロマンチックだったようなきがするなあ。 Calling だから ちょっとオカルトめいて感じるのかも。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2710-13a3ef03

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。