2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
乾燥・アレルギー・シリコン・油・ヒアルロン酸
2013/01/15(Tue)
気になっていることがあって、ここに書いてしまいますね。
ある人がアレルギーでかぶれてしまっているとのこと。先日電話したのですが、私の話し方がよくなかったのか、怒らせてしまったようなのです。 彼女は、自分が忙しいからストレスが引き金だと思っているようで、たしかにそれは否定しないのだけれど、それに加えてアレルギーになる物質がないとそこまでにはならないはず。実際はその原因もあるはずだと私は思うのでした。



さて、ここのところの話から。

 少しの間、手の調子が悪くて。テレビでやっている「主婦湿疹」と同じような症状でした。
小さな水疱ができて、ものすごく痒い。そのうちじゅくじゅくになるという前にもやったことのあるアレです。

 少しずつ別のところにできてくるし、衣服で擦れる部分がまた赤くなって痒くなってくるし、「どうしたのかな?」と思っていたのですが、もしかしたら???



  新しいシャンプーに変えてから調子が悪いような気がして、前と同じシャンプーに戻したところ手の症状が落ち着いてきました。 これが原因??

 メーカーは様々ですが、「髪がものすごくきれいに落ち着くシャンプー」を使うとなぜか頭皮が痒くなるという症状がありました。最初の一回はまだ痒くないのですが、使い続けるうちにかゆみが増すのです。
前の職場にいたときも、「pon2さん、シャンプー変えた?いい感じの髪になってるねー」と言われ、「ええ、髪はものすごく落ち着くんだけどね。私だけかもしれないけれど頭皮がものすごく痒くなるんだよねー。」と答えたことを思い出しました。


痒くならないシャンプーを探すと、安いノンシリコンのものに行きつきました。髪は多少ぱさぱさしますが、頭が痒くてフケだらけになるよりはずっとマシです。 今回もノンシリコンに戻したら手のかゆみも頭のかゆみも意識しないうちに治ってきました。


でも・・・

 ネットを見てもそうだと思うのですが、シリコンの害はほとんどないと言われているのです。それを知っているけれど、でも痒い。 プラセボなのだと思われる方もあるかもしれませんが、今回のシャンプーについてはシリコン入りだと意識せずに購入したものだったし。


 ところで、以前このブログにも書いた記憶があるのですが、以前シリコンと聞いた私は Si で地球上に沢山あシリコンだと思っていました。 ところが、Siとは別物。
シリコーン(wikipedia)
実際は、Si原子は含まれているけれど、人工の化合物でした。


 (と、シリコーンについて書きましたが、化合物だから人体に悪いとか、自然のものだから体に良いとか書くつもりは毛頭ありません。)

家族に聞きとりしたところ、家族は痒くないとのこと。しかし、使い続けるうちに髪がペッタリしてくるとの評価だったので、使いかけでしたが、そのシャンプーはバイバイすることにしました。(ウール製品を洗うときにつかいましょう。)

特に、今回のシャンプーは後から気付いたのですが ヒアルロン酸も入っていたのが失敗でした。ヒアルロン酸もアレルギーが起きないと言われている物質なのですが、私は痒くなるのです。
(母も痒くなると先日言っていたので、たぶん稀にアレルギーが起こる人はいるのだと思います。)
今回のかぶれは、もしかするとシリコーンではなくヒアルロン酸が原因かもしれません。

 もっと買うときに注意しながら買わないと!!(@_@;)


アレルギーといえば、以前顔がものすごくかぶれて大変なことになったことがありました。先日母に電話したときにその話になり、母は「あのとき、pon2ちゃんはものすごく忙しかったから、ストレスよね」と言っていたのですが、たしかにストレスがアレルギーの引き金になることは否定しませんけれど、実は治ったのは医者に行って、パッチテストを受けたからなのです。

 かぶれた顔が嫌だから、皮膚によさそうなものばかりを使っているつもりだった私でしたから、使っているものでアレルギーが出そうなものなんて、殺菌石鹸とか(顔にはあまり使わないけれど)そういうものばかりを疑っていました。でも、パッチテストで一番ひどかったのは、一番信頼していた固形石鹸でした。
ショックでした。

 今考えると、無添加に近い石鹸だったし、安い店でまとめ買いしていたから、多少石鹸に含まれる油の酸化があったのではないかと思います。(これも憶測だけれど)

 そういえば、石鹸に小麦が含まれていてアレルギーが出たという話もありましたよね。
国民生活センターのページ


なんにせよ、どこかがかぶれても何に原因があるかわかりづらいのがアレルギー症状です。

繰り返さないために、きちんとアレルギーに向き合っている皮膚科の先生のもとでパッチテストを受けるのがいいと思うのだけれどなあ~。


アトピーやアレルギーの人の肌の特徴は 乾燥肌であること。
特に冬場は乾燥する季節で、
良くテレビに出てくる図でおなじみですが、



左側のように表皮がはがれかかったり、隙間ができたりして、アレルゲンを通しやすくなっていると思います。
こういう状態のときに、私のように衣服で物理的に擦れることで、微細な傷状態にもなりやすいです。そうなることで、もっとアレルゲンを通しやすくなるはずです。

アレルギーが起きているときに、石鹸の使いすぎは厳禁。
必要な油分も落としてさらなる乾燥を進めてしまうし、常在菌も殺してしまうし。

特に冬場は要注意ですよね。


因みに、介護関係の話になりますが、褥瘡を洗うときも、石鹸はダメダメです。
そうして予防するには、肌については 過湿を避け、保湿につとめることだそうです。

同じ肌のことだと思うと共通する部分があると思います。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2693-a83a5d41

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。