2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
みんな違ってみんないい
2012/06/25(Mon)
 久々の夜更かしが祟って眠いです。 昨夜は暑かったり寒かったりで目がさめたのも関係してるかも。┐(´∀`)┌

 先日はサークルがあり、はじめての油絵を描き始めました。 同じものを見て皆が下書きをしました。
かたづけようとして、他の人の下書きを見てびっくり。 私には、こうしか描けないというものがキヤンバスに出来上がっているのですが、見て描く人が違うと下書きでも個性がそれぞれで、 「ああ、そうか。こんな描き方があるんだな。」と思いました。

 そうやって自分の下書きにもどってみると、これがまたとても私らしい絵なんです。そうして、他の人の絵もいいなとは思うものの、そうは描けない。個性って同じものを見て同じ時間をかけて描いてもこんな風にはっきりわかるものなんだなとつくづく思いました。




 息子の周りにはとても個性的な子が多いです。友だちの話を聞いていても、ものすごい個性のあつまりです。
なかには、息子と同じか、もしかしたらその上を行くくらい勉強していなくて、単発の点を聞くだけでは、息子よりも下の点をとっている子もいます。
息子との雑談にその子が登場することもあり、様子をたまに小耳にはさむことがあるのですが、その個性豊かさと才能にものすごい可能性を感じることが常々です。

 きっとあの友だちは大物になる。将来とても楽しみだ。と感じます。

 そんな子がたくさん。 そういう個性をつむことなく良いところそのままに伸ばしてくれればよいのにと思うのですが、息子の今年の担任はめずらしく皮肉なタイプの先生で クラスもあまりのびのびしていない様子。
残念です。

 話を聞いていても、テストの点が良かったものを奉り、悪かったものはメタクソに言うという昔の先生みたいなタイプ。(-_-;) 私が公立校で沢山あったことのあるタイプです。成績トップの子が好きなんです。
親に向かっての態度と子供に向かっての態度が違うらしいので、会ったときにはどんな様子かはまだわからないのですが。

 成績の良い子なんて、担任はさして指導しなくても、自分で良い成績をとるのですよ。良い成績をとることが好きだからやってるんだもの。 ま、親も先生も手間要らずです。 問題は、成績中位以下の子をどれだけ底上げできるか、彼らの才能をつぶさずに伸ばせるか、本当はそこが教師の手腕の見せ所だと思います。

 先生の話を聞くと、すでに子供たちに対する愛情はない感じなので、手腕とか、底上げとかそういうことには全く興味がないようにも見えます。 うがった見方をすると、手間要らずという点で成績トップの子がすきなのかもね。┐(´∀`)┌と、息子の話を聞いていると、先生に皮肉のひとつでも言いたくなっちゃうわ。

 1年のころから、この先生のクラスはいろいろあったクラスなので、内心今年は「ヤダなあ」と思っていたのだけれど、それが現実になってきて、ホントにヤダ。 6年の時の受験塾の先生の方がずっと頼りがいがあるような感じです。 


そんな中、何より期待したいのは、友だちの力。才能豊かな友だちに最近はいろいろ相談しているようだから、彼らは自分たちで解決法を探すのかもしれないと思い始めました。 息子は、今の朝ドラの主人公のように助けてもらうことの方が多そうです。

 良く勉強する息子よりもずっと成績の良い子も、息子よりももっと度胸があって、息子よりも悪い点を取っていても、全然気にしていない子も一緒にわいわいと集まってそれぞれがそれぞれの才能を認め合い、尊敬しあって学校生活を送れることが得がたい経験だと思えてきました。

「みんな違ってみんないい」を地で行っている息子たち。息子はそれぞれの友だちの才能をみつけ、認めて、成績関係なくそれぞれを尊敬しているようです。 先生関係なく、友だちの力で頑張れ! 



わたしと小鳥とすずと

金子みすず

  わたしが両手をひろげても、
お空はちっともとべないが、
とべる小鳥はわたしのように、
地面(じべた)をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんのうたは知らないよ。

すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい。
 


この記事のURL | つぶやき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2662-11f252fa

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。