2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
家族無事です。
2011/03/13(Sun)
すごい地震でした。 私は勤務先で丁度日用品のストック数を調べに倉庫へひとりで行ったところでした。ゆらゆら揺れはじめてからその揺れが今まで経験したことがない強さだったこととに驚き、とっさにこの棚が倒れてきたら私は下敷きになってしまうと感じて、すぐに倉庫から出て、ドアを閉めて揺れがおさまるまで壁際の強度がありそうな位置で待ちましたが、その場に一人しかいなかったのでとっさに何をするべきかわからないような感じでした。

 揺れはどんどん大きくなるのではないかと思われ、ニュージーランドの地震などの様子が頭に浮かびました。このまま建物倒壊したらとにかく隙間のできるところにいなければと考えたのを覚えています。
少し地震がおさまってから居室方面へ移動しましたら、ご入居の方々は思ったよりも落ち着いていらっしゃるようでした。入社して間もなく防災の訓練もうけていないため、私が何を担当するべきかわからない。 とにかく、不安そうに立っていらっしゃる認知が重めのご入居者様をヘルパーさんへ誘導して、事務所に戻りました。

 当分受付付近の担当と、電話番を仰せつかったのですが、電話も全然かかってこない静かなひとりの時間がありました。息子のことが気になっていたので、とにかくメールを送ってみたところ、試験中だったため自宅にいた息子は怪我がなかったということがわかりました。 その後メールもつながらなくなりました。 夫はどうだろうと思いつつ、災害時用の電話に伝言を残そうと171に電話したところ、「ただいま電話が大変混み合っています」とのこと。 使えないじゃん! 電話は全く機能していませんでした。だから電話がかかってこなかったんだ!

部屋で只一人でただ待つとジリジリとしてきて、いてもたってもいられません。本当は一刻も早く帰りたいけれど、私の勤め先のようなところはそういうわけにもいかないんですね。その点では苦しい職場だと感じました。検索していて知ったyahoo携帯 の災害伝言掲示板に携帯から安否情報を書き込みました。

 勤務先では電車が止まったために夜勤の人が施設に来られない対応に追われていました。事務も帰れなくなる様子でしたが、外も暗くなって、メールが来て以来連絡が取れなくなった息子も心配で、少しでも早く帰りたいと思いました。 幸い勤務先は歩いて通勤できる距離なので、歩いて帰宅することにしましたが、気がはやりました。
少しブロックを越えたら一帯が真っ暗の地域に突入しました。もちろん街灯も家の灯りもついていないので道も真っ暗です。 気持ちがはやりました。
 道には、2,3人で固まって懐中電灯をもち電気のついている区域に移動している人たちが三々五々いました。


 うちが見える位置に帰宅しましたが、真っ暗。しーんとしています。声をかけると、居間から返事。居間では、家にある全ての懐中電灯を出し、そのうちいくつかをつけて、電池をその下に置いている息子がいました。最初はワンセグを見ていたのだそうですが、そのうちに携帯電池がなくなりそうになったので、電源を切って温存させ、ipodのラジオで情報を得ていたのだそうです。

 まだ外が明るいうちに、近所のコンビニに出かけて様子をみてきたとのことでした。

 アルミのついた携帯用毛布や、非常食をつめたリュックももっていました。
避難場所が決められているので、そこに人が集まっていたら移動しようとおもっていたけれど、まだ人が集まっていないからということでした。

 書いていたら思い出すのもつかれてきてしまった。(^^;) とにかく、今回予想外だったのが、停電! 停電になると、水も出ないし、電話も使えないし、ネットも使えないし。 それに携帯電話が使えないのは知っていたけれど、メールもほとんど使えない。

 有効に利用した方が良いと思ったのは、ワンセグ。携帯の補助電源。もしかすると、今利用者が増えているようなiPhoneの方が便利なのかもしれないとおもいました。(が、これは使っていないのでわからないです。また、今後利用者が増えたときにどうなるか? 今回の災害ダイヤルみたいに用をなさないこともありそうだし)

 日ごろから浴槽に水をためていたことや、お茶のペットボトル箱買いをしていたことはラッキーでした。

一度水を買いに出ましたが、外はすごかったです。真っ暗の中を続々と歩いている人人。皆食糧などを買いに行く人たちでした。 電気のついていないエリアではもう電池や携帯補助電源はすべて売り切れ。電気がついているエリアまで息子と遠出をしましたが、そちらでも全部売り切れていました。 多くの方は出来あいの食品を購入していらっしゃいました。 私と息子はあまり食欲がなく、買いませんでしたが、その後惣菜品ではなくて、食パンなどあっても困らないものを購入しておけばよかったと思いました。

家族全員がそろったのは夜11時頃。 無事だったことをよろこびました。
今朝はまだ日曜日。 でも一週間くらいたったようにも思います。 

なんだかまとまりのない日記になってしまいました。

今回、息子は学校で防災の訓練を受けていて、それが現実に使えるものであったということを確信したのだそうです。学校で習ったときには、「こんなの使えるのかなあ と思っていたのだけれど」と言っていました。 
 まだ13歳なのに、一人で真っ暗のなか 完璧と思えるほどの対応をしてくれていました。帰宅して私がやることはなにもありませんでした。 学校って勉強だけしにいっているんじゃないと思いました。 学校に感謝です。
それから、私が書きこんだ災害連絡掲示板を息子は見たのだとか。「お母さんは大丈夫だとわかって良かった。」
と言っていました。反対に私は息子が書きこむわけはないと思っていたので、息子の安否を心配しながらもそれを見ていませんでした。

 学校に残っていた子たちのなかには、学校に宿泊した子もいると 連絡が回ってきました。 学校の対応もしっかりしていて、これで次になにかあっても、学校にいるならば、ひとりでいるよりも安心できると感じました。

 電気が復旧して、(テレビはケーブルテレビだったので、復旧に時間がかかったのですが)テレビが復旧してつけてみると愕然としました。 にわかには信じられませんでした。信じたくありませんでした。

なんと書いて良いか、言葉がみつかりませんが、皆様に一日もはやく普通の生活が戻ってきますように。本当に大変ですが、気持ちをしっかりもって頑張ってほしいと思いながら報道番組を見ています。
この記事のURL | つぶやき | CM(3) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
pon2さんのところは大変でしたね。ご家族無事で何よりです。
息子さん、偉かったね。

うちのあたりでは震度5弱、長い揺れで怖かったけど、特に被害もありませんでした。停電もなく、大抵の人は車で動くので
帰宅難民も出なかったようです。
 
 家族とはメールで安否確認できてたけど
準夜勤だったので帰宅したのは夜11時過ぎ。
この仕事してたらどんなに家が心配でも持ち場を放り出して
帰るわけにはいきません。ホントにおおごとになれば
緊急招集かかるんで職場に集合しなくては。

 それにしても大惨事としかいいようがありません。
避難中の方たちが一刻も早く救出されますように。


2011/03/13 11:08  | URL | 獏 #-[ 編集] ▲ top
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/13 12:10  | | #[ 編集] ▲ top
-  -
獏さん、こんにちは。 今回は広範囲にわたる被害で、怖い思いをされた方も多かったですよね。ご家族ご無事でよかったです。

うちも、家族無事だったものの、心の中はざわざわと落ち着かなくて、ヘンな感じです。 家にいるとテレビでいろいろ見聞きして、気持ちが落ち着かないので、今日は少し家族で外を歩いてきました。 日差しや街並みをみると、「ああ、普通の暮らしというのが身の回りにあるんだな」と多少実感できるような気がしました。 被災地の方々は、そういう日常さえも今はないのだとおもうと、申し訳ないような気持ちになりますが、夫が「元気な人は元気に暮らしていくことも大切だ」と言ったことで、なるほどと思いました。
 無事に過ごせたことに感謝しつつ、元気に自分の役割を果たしていくことが、社会の日常を取り戻すことになり、それが結局は周りの人のためになることにつながっていくのかもしれません。元気なのにしょぼくれていてはダメだなと思いました。

 店では、インスタントラーメンが棚からなくなっていました。乾麺や、米も品切れになっているのには驚きました。また、水を買う人が多かったです。そのほか、バケツやシートを購入している人もいました。
 はやく揺れに対する警戒が必要なくなると良いなと思います。

頑張らなきゃ!
2011/03/13 17:30  | URL | pon2 #nLnvUwLc[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2591-2705b355

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。