2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
小学生の喧嘩
2010/10/19(Tue)
 息子が英語の勉強をしていて、「ねえ。おかあさん、ここへきてマイクの性格が悪いことが露呈したんだよ。」というのです。「なに?」と聞くと、英語の教科書を音読してくれました。

あらすじは以下(さらっと聞いたので何週かは違うかも)

ケイコがマイクにアメリカの学期について質問しています。 マイクはアメリカでは学期は9月始まりで翌7月までだと教えました。そこで、マイクは、「アメリカの休みは10週間ある」と言うと、ケイコは日本の休みは6週間だと答えます。すると、マイクは、「ソリャ、気の毒だね。」それを聞いたケイコは、「でも日本には冬休みがあるわ」と答えて、「国民の祝日はある?」「沢山あるよ」みたいな話になっていました。

 さらっと聞くと普通の会話だと思えるのですが、息子は、「このマイクの空気の読めなさがちょっと苦手なんだよね」というのです。 そういわれてみると、 よく小学生ってこういう感じで言い合いになっていますねー。

息子はこの文を読んでいて、途中から喧嘩としかおもえなくなってきてしまって、ひそかにウケていたのだそう。

「オレの休みは、10週間だぞ」  ← オレのイントネーションは オを高く読む小学生読み。
「オレの休みは、6週間だ。」
「ヘエー。かわいそ~」
<カチンときて>
「でも、オレには冬休みがあるぞ。」
「祝日はあるのかよっつ。」
「あたりまえ。たくさんあるぞ!」

息子説を聞くと、たしかにそうとも聞こえてきます。 かなりウケました。

息子からすると、喧嘩を売ってきたのが マイクでその喧嘩を買っちゃったのがケイコなのだそうです。




今日は調子が良い息子、(ま、テスト前日だから当然なのですが)。しみじみと、「あ~。受験の頃、反抗期に入ってなくてよかったわ~」ですって。 私も思いっきり同意しました。
 ホント。反抗期に入っていると無駄な時間が多くて困ります。

昨日、病院に行って向いに座っていた男の子の反抗期がめっさひどくて、息子からみても、「そりゃあんまりだ」と思えたようで、反面教師となったようです。 「あの人は、ちょっと反抗期ひどすぎだったよねえ」と言っていました。  本当に。お母さんお気の毒でした。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2551-8de00152

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。