2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
反省反省
2010/10/18(Mon)
 息子が中学校に入った時は、入っただけで嬉しい・素晴らしいと思っていた親バカなのに、最近は、息子の学業が心配で心配でたまらない。 

 たぶん、一番の心配の原因は、クラブと勉強のペースがまだきちんとできあがっていないことだろう。
今息子の頭の中はほとんどクラブで占められている。

 夏休み以降楽しいことがありすぎて、浮かれて、ダレていたのも私の不安の原因だろう。 それをずっと「大丈夫なのかなあ?」と見守っていて中間前になってあわててこなせない状態になったことで、「ホラ。やっぱり!」と思うところが多いのが大きいのだろう。

 最近になって息子が、

「お母さん、ヤバイよ。僕たちの学校の子、中だるみなんて誰もしてないよ」なんて言うので、嫌になってしまった。 失敗したと思った。

 つい、「2学期になると中だるみしてくる人たちがいるらしいよ。そうならないように気をつけようね」などと言ってしまったからだ。 蓋をあけてみると、それを暗示のことくに受け取った息子だけが 中だるみしていたということのようだ。 そうして、周りも中だるみしているだろうと タカをくくっていたところ、そういうのは自分を含めて少数派だったと今頃気づいたみたい。

 あ~あ。要らないこと言っちゃったなあ。 もう~。<自分の失敗がナサケナイ。

とはいってもなあ、内心、「中学校で多少痛い経験をすることで、自分で気づいて成長」というのでも良いのではないかと思うこともある。 だから、本当は世話を焼かなくても、ど~~んと成績が落ちても良いのかもしれないと思うこともある。 反面、落ち過ぎたら今度は上がれないのではないかとも心配になる。だから、気になるんだなあ。

 子の成績がわるかろうがなんだろうが、子どものことだと割り切れれば良いのだけれど、私は往生際が悪すぎるのだろう。

 1学期の成績は 「普通」の位置にいるから、本当だったら今の私ほどやきもきすることはないと思うのだが、
ほんのちょっとのことで、普通から下に転落しそうな感じがして、それが怖いのだと思う。

 それにしても、みんなまじめに勉強しすぎ! 

学校は入試で子どもが入ってくるわけで、偏差値が近い子たちでみっしりって、内心ちょっと息苦しいと感じることも最近ある。 まあ、それはダントツの天才君だったら感じることがないことだろうと思う。

 まあ、あまり成績ばかりに必死になっても、息子も息苦しいだろうから、できるだけ 日々の学習ペースをつくっていって、私はあまりかかわらない方向にしたい。(というか、夏休み明けてからの息子は、宿題がほとんど出ないのを良いことに、基礎英語をざっと聞くくらいしか勉強はしていなかったのですよ!あとは、寝てばかり。 この中間テストの点で反省すべし~~~!!<もしかしたら結局これが言いたいだけだったのかも。)
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2550-881b0d2a

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。