2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
おびえ過ぎ
2010/09/29(Wed)
 息子のカエルコールが日ごろより少し遅かったので、「むむむ。また何かあったのか?」と、心配になりました。 息子からの電話の直後に03番号から電話。先生からかもしれない。と出ると、やはり先生でした。「ありゃ~また何かやったのか~」先方も緊張した声でした。

 神妙に「はい」と話を伺うと、骨折についてのお話からはいりました。 「ああ、何かあったとしても、骨折のすぐ後だからストレートには言えないよね。」とおもいつつ、こちらも神妙に話を聞いて、お話しして。 楽しそうな学校の様子と、息子の骨折してものはしゃぎっぷりとを聞きつつ、電話のこちら側で赤面です。(先生、骨折は良いから本題にそろそろ入って下さいな~)と心の中でよびかけていたら。「では、お大事になさってください。失礼いたします。」って、 は??
 「あ、それだけだったんですか?」とつい言ってしまいました。「学校から電話が来ると、また何かやったのではないかと気が気じゃなくて。」というと、先生は笑っていらっしゃいました。

 息子が元気に過ごしている様子をお知らせ下さっただけでした。 あ~もう。 ここのところ、ず~っと色々続いていたから、私の頭の中でも息子の話になると、「またか!」とおもいつつ、「小学校の頃は、こんなことなかったよなあ。どうしてだろうなあ。」なんて、すこし気になっていたもので。

 学校の息子は本当に元気にすごしていて、骨が折れていると思えないくらいの元気さだとか、クラス対抗の体育大会では、出られないので総監督(名前だけ)に任命されたとか。昨日の朝は、黒板に骨折した骨のレントゲン図が書かれていたとか。 あ~~~。もう。先生方の許容範囲が広くてノリが良いから、ウキウキと思う存分やっているようです。小学校時代にそこまでやったら、たぶんゆるしてもらえなかったものねえ。 そんな風にノリをみとめてくれる学校だから息子が学校大好きなのかもしれません。 ま、それはそれで良かったけれど、オコチャマなんだなあ。もう。 もう少しカッコよい中学生をめざしてくれたまえよ。

 こんな息子でも数年後には落ち着いた高校生になれるのだろうか。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(1) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/30 12:58  | | #[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2541-9978e9ca

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。