2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
靴が・・・!
2010/07/28(Wed)
 ず~っと気になっていたことがあり、今日はそれに出かけてきました。
息子は生まれた時からほくろがあるのです。そのほくろのある場所が足の裏。 

足の裏のほくろは気をつけろって良く聞きますよね。 小さい頃からあった → 成長とともに大きくなってきて → 茶色くなってきた。
 心配なのでいつか病院に連れて行かねばと思っていたのですが、なかなかその機会がなかったのです。

もうひとつ、腕にもほくろがあったのですが、これも成長とともに大きくなってきていて、心配!

今日は皮膚科へ行きました。 本当は問題ないほくろでもとってもらうつもりだったのですが、「大丈夫です」とそのまま放置になりました。

 心配性の私は
「こういうほくろが年をとってから突然ガンに変わることってないんですか?」と聞くと、
「生まれた頃からあるほくろは大丈夫だよ」と、ルーペのようなものでまじまじ観察後に先生。

ルーペで見るとガンとほくろってどう違うんだろう。
「成長とともに、ものすごく大きくなるのもいやなんですけれど」というと、サイズを書いて下さって、半年後にもっともっと大きくなっているようだったら来て下さいだそうです。

まあ、安心だったのでよかったけれど。

で、歩いていて気がついたのですが、靴の底がずれているんですよ。朝出るときに「あれ?靴底ってこんな風にみえてたかな?」と思いつつはいた靴だったのに、病院についてみると、明らかにずれている。1センチ近く靴底が靴からはみ出していて、「これって。。。靴底がはげてる?」 両足ともです。

 なんとなくですが、一昨日この靴を履いて外に出た時はすごく暑かった。そうして今日も暑かった。もしや接着剤が溶けた? 帰宅して靴底をはがしてみると ねば~~~と接着剤らしきものがのびて、完全に溶けていました。
 おそるべし。靴底接着も溶かす暑さ。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
ほくろ、心配ですよね!
うちも長男が生まれつきおへその横に膨れたほくろがあり、それが目印(何の!?(^◇^))なんですが、こちらは見るからに禍々しい感じらしく、病院でおなかを出すたびに、今でも「これはいつからありますか?大きくなっていませんか?」と聞かれます。

大きくはなってないので、いつも無罪放免なんですが、いつも息子が腹を出しているときはチェックしてます。大丈夫なものだとは思うのですがね。

夏休みになって、pon2さんの息子さんはクラブに頑張っているようですね。学校に行くのは同じでも、やっぱり勉強とクラブでは違うのでしょうね。うちの長男も、毎日水泳部で泳いで、「野球部?」って聞かれるくらい真黒です。ただ、うちの息子の場合は水着の部分以外は全身真っ黒、そして、ゴーグルの部分だけが白いという逆パンダなんですけどね。^_^;

次男も午前中は塾だし、親は楽チンな夏休みです。
2010/07/29 09:22  | URL | みずぴょん #IkEj6kSs[ 編集] ▲ top
-  -
ほくろは、取れるものは小さいうちに取ってもらった方がよいって(噂で)聞いて、すっかりとる決心をして行ったのに、カックンと帰宅でした。
 まあ、とる必要がないということは良かったのかも。でも経過をずっと見ていないといけないとすると、これから先反抗期・思春期で男の子だったら見せろといっても見せなくなりそうで、今のうちにと思ったのですけれどー。

 はい~。クラブばっかり行っています。
頑張ってる?というよりも 低学年は放置されているという感じなので、(大会にも出ないから) だったら練習時間を短くしてくれればいいのに!と。

 練習の時間や日数は高2が決めているので、息子が高2になったときには、中1生へ配慮しろ!!と今からぶつぶつ言ってしまい、息子も、慣れたもので、「ハイハイ」と聞き流しているみたい。v-535
2010/07/30 08:22  | URL | pon2 #nLnvUwLc[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2498-eced047c

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。