2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
私の英会話初体験で村上春樹談になってしまった時。
2010/05/25(Tue)
 運動会の練習も佳境にさしかかったようで、放課後も練習。日曜にくたくたになって帰って来た息子は、月曜も放課後みっちり絞られるとのことだった。

 英会話の教室では、帰宅時に翌週の予約を入れるようにしている。先週は、運動会の練習を見込んで遅い時間にしてもらったのだけれど、予約時間がせまってもまだ息子が帰ってこない。 当日キャンセルはできないから、先方に「遅れるかもしれない」と電話を入れた。 どうにかこうにか間に合う時間に息子帰宅。 でも、もうヨレヨレ。「今日は英会話だよ」というと、最初は渋っていたけれど、どうにか行こうとして、 その後「やっぱり無理。頭が働かない」とヘロヘロと、まるで液体のように力が入っていない様子。 私から見ても無理そうなので、お金ももったいないから、しょうがなく私が行くことにした。< 
 息子の通う英会話スクールはチケットを家族でシェア出来るシステムだから、無駄にするくらいだったら、私が!と、まるで 食卓の息子の食べ残しがもったいなくて食べてしまうと同じような理由で、急きょ私が!(ああ、貧乏性)

 外国人との英会話教室なんて、実は生まれて初めてだ。先生は日本語をしゃべらないし、スタッフもしゃべらない。手伝わないスクール。いまさらだが、私は、単語が貧弱すぎる。構文も貧弱すぎる。中学一年生の英語だよ。 言いたいことがさっぱり言えないし、聞きたいことも全然言葉にならない。 結局趣味とか、興味とか、そういう息子の授業に毛の生えた程度の会話だった。

 村上春樹の本の話になって、世界で英訳されていて、講師の先生も好きだとおっしゃっていたので、外国にウケる理由は何なんだろうと以前から不思議だったから、本当は、そこいら辺も突っ込んで聞いてみたかったのに。
 私は実は村上春樹はちょっと苦手。なぜ?と聞かれると私もはっきりとはわからないのだけれど、なぜか気持ち悪いと感じることが多いから。(村上春樹は、ファンが多そうなので、そんな風に感じると書くと大変なことになる?) 
ふと、「村上春樹 気持ち悪い」でググってみたら、ヒットしたから、世の中でそう感じるのは私だけではないのだとちょっと安心。(ちょこっと気になる方は、村上春樹は嫌いこのサイトも見てみる?)

 先生からも村上春樹は好きかと聞かれて、「あまり読まない。好みじゃない。」と、返事したつもり。<伝わっているのか??心配な程度の私の英語。 使った言葉は中学1年生レベル。
「なんで?」と聞かれたので、なんとも答えようもなく、答えたのは difficultだからって。我ながらなんと頭の悪そうな理由で口に出した瞬間心の中で「我ながらなんという理由だ。ウヘエ 」と、泣けてくる。 だいたい、村上春樹を英語で語るってムリ。日本語でだって語れないのに。それ以前に2,3冊しか読んだことないのに。 結局、私の英語力がなさすぎて、なんで外国の評価が高いのかという積年の疑問は解明されなかったのだけれど、中学1年レベルの英会話で聞いたところには、 amazing なのだそうだ。現実と非現実の境界を行ったり来たりして。(ただし、私の解釈があっているという保証はどこにもないんですよね。エヘヘ)

ま、それ以外にも、映画の話やら、観光地の話やら、 初歩の英会話という話題を1時間。 この1時間の長かったこと。もともと、日本人とでも初対面の人とあたりさわりのない話(ほとんど興味のないはなし)をするのは、あまり得意ではない私なので、英語でもそうなんだよなあ。 日本人とだったら、村上春樹が好きな理由を聞いたり、出身地について、もっと突っ込んで聞いたりと、いくらでも自分の好きな方向へ持っていけるのに、英語はスキルが足らなさ過ぎて結局聞きたいことがないんだよなあ。

 先生からも、「もっとなんでも興味のあることを私に聞いて」と言われても、実は私、初対面の人に興味を覚えることってあまりないからなあ。どこ出身でも、何歳でも、結婚していようがしていまいが、食べ物が何が好きだろうが、初歩の英語で話すようなことって、本当は特に興味があるわけではないし、今になってみれば、もっとこんなことを聞けば話しが進展してきたかなあと反省することもあったなあ。 

 なんにせよ。学生時代にサボりもサボったので、語彙も不足しているし、今頃になって後悔しつつ、また今度息子が行けなくなったら、行ってみようかな? と、ちょっと英会話スクールの敷居だけは低くなった経験でした。
 しっかし、レッスン料が高いので、もったいなくて行けないよ。 OL時代に洋服ばっかり買わず、英会話でもしっかりやっておけばよかったなあ。 今よりも脳みそもちゃんと動いたし、何より、その当時の洋服なんてもうどこにもないけれど、もしその代わりに英会話をやっていたら、そのスキルだけは今でも残っていただろうにね。

 後悔先に立たず。


ま、それでも、いくつか新しいコトを見つけた。
ハリーポッターの最終巻はあっと驚く結末だ> ホント? いや、読んでみよう。
インタビュー ウイズ バンパイア(アン・ライス) は 連作ものの第一巻で、とても面白い。>こっちも今度探してみよう。最近本が読めないのよね。なぜか。

 帰宅してみたら、息子はぐっすりと寝ていた。呼んでも起きないの。疲れているんだねえ。

この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2457-cf09d962

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。