2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ついつい
2010/01/06(Wed)
PICT2464.jpg

ありえない映像です。まさか、この手のものを家に置くことがあるとは。。(^^;) 息子は大喜びで、水ばかり飲んでいます。おなかぽんぽこりんです。どうやら、以前同じものをどこかの博物館でみかけたのだそうです。へえ~。

 昨日ピンポーンとチャイムがなり、営業さんが来ました。1ボトル只で飲んで見てくださいと。 最初はいつものようにお断りしたのです。その後も大きさを知ると、「こんなに大きなものをおく場所がない」とか「夫が帰宅したらビックリすると思う」などと断ったはずなのですが、はっと気がつくと結局こんなことになりました。先方が実力ある営業セールスマンだったのかもしれません。 う~むまだまだ修行がたりません。私。 

 天然水ではなく、中空糸でろ過した水にミネラル分を添加したものだそうです。

pon1帰宅後もかなり驚いていました。息子と結託して「契約購入した」と言ってだまそうとしてみたところ信じて「信じられないなあ~」と焦っていました。ケケケ。

 水はソフトな印象です。なによりご飯がおいしくたけたのでびっくり。なんで?とみると 炭酸水素ナトリウムも添加してあるようです。これじゃないのか? つまり重曹ですわね。

 そういえば、水がやわらかい感じがしますし、吸収もよいように思います。お花にあげても元気になるとか。ふむふむ。重曹ですね。 水に重曹を微量に溶かすとやわらかい感じがします。吸収もよいようで、手作りのスポーツドリンクができるらしいです。

スポーツドリンクレシピ(つまりこれの糖分抜きを作ればok)

鉢植えのお花が元気になるのは、アルカリ性の土壌を好む花だからでしょうね。

花瓶の花が長持ちするのはアルカリ性で殺菌効果があるということかしら。

お米がおいしいのは、米のタンパク質を分解するからとか。

古くなった米をやわらかく炊く

:おもいっきりテレビの内容)


重曹の活用法(6)古くなったお米を炊く時に使うとふっくらとやわらかく美味しいご飯に炊きあがる。重曹には膨張効果があり米のたんぱく質を分解し水を吸い込む。米の呼吸量及び穀温の日変化を紹介。炊飯器に水と洗ったお米(2~3合)を入れ重曹をほんの少々(0.05グラム)と酢を小さじ1/4を入れ良くかき混ぜ30分水に漬けてから炊く。重曹を入れ過ぎるとご飯が変色してしまうので注意が必要。



タンパク質を分解するからか、お味噌汁をこの水でつくり、麩を入れたところ、ぶにょぶにょになりました。お肉も柔らかく煮えることでしょう。

 そうして、あっという間にこの水がなくなること! たぶん1週間もちませんね。

ということで、この水がなくなったら たまにお米に重曹を入れてたいてみたり、水に重曹を入れてのんでみたりしようかな?とおもいましたとさ。

息子はこのサーバーがものすごく気に入ってしまい、「お願い!注文して!」なんて言っていますが。。こういう家庭が多いからこその無料体験なのでしょう。 (^^;)

最近気に入っている凍頂ウーロン茶をこの水で入れてみたのだけは、香りが変わってしまっていまひとつでした。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2391-91f4d37a

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。