2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ランク付け
2009/09/28(Mon)
 先日、FC2には新たな機能ができたらしいことに気がついた。管理画面の左側に 「ランキングを確認する」という文字があり、そこに New! と赤文字で書かれているのだ。ためしに押してみた。 すると、昨日のランクより上がっている。
「ヘエ。昨日より、ランクがあがったんだ」
と、ランク付けを望んでいたわけでもないのに、ちょっとうれしい気分になるという不思議な気分を味わった。思いついたときに見てみるとまた別の日にも上がっていた。
「どうやって測定しているんだろう?」単にページ表示の回数かな? などと思いつつ過ごしていたのだが、ある日、ランクが下がっていた。

 不思議なもので、ランクをつけてほしいと思っていたわけでもない私に、「なにか面白い記事を書かなければ」という思いが湧いてきた。そればかりか、ランクが落ちることへの焦燥感も感じそうな自分に気がついて苦笑してしまった。
 
 もともと私はこのページで有名になりたいとは全く思っていない。このページで儲けるつもりもない。
いや、むしろ身近なことを書いているがために、有名になってしまうと周りの人にこのブログがみつかってしまうというリスクもあるわけで、(リスクといえるほど大変なことは書いていないつもりだけれど)どちらかというと、無名な方が望ましい。 しかし、不思議なもので、自分一人しか見ていないとさびしい思いがするのも事実。 期待していないときに助けになるコメントをいただくという喜びは、通りすがりに親切に会ったときのように心が温まる。 だから、まあパラリパラリと訪問者があればよいという、今の状態は自分にとって理想の状態であるにもかかわらず、いったんランキングでランク付けされるとついついその気に。。。というのは我ながら可笑しかった。

 あの人よりも私は上とか下とかいう気持ちで一喜一憂するという習性は生き物だからこそあるのだろうか。 生存競争とよく言われるように、競争で他より優位にたつということはとりもなおさず、生き抜く上での競争にも優位にたつことができる場合が多いからか。 反対に目立たないことで、生き抜けることもあるだろうが、これもいいかえると「目立たないランキング1位」であるとも言えるものなあ。 

この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2279-604f76a4

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。