2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
鎌倉へ
2009/09/23(Wed)
 普通受験生はこんなにのんびりしていてはいけないのかも。。と思うのですが、頭と心のストレッチに鎌倉へ行ってきました。




powered by 地図Z


 面白かったです。 息子のガイドのもとまわると、人のほとんどいない穴場を通り、山道を通り、ぬけ出ると人の山という感じでした。 自然の空気を満喫して気持ち良いルートでしたから、次もこのルートを回りたいと思いました。

 ルートの終わりに海へ行きました。 砂浜へ降りるつもりだったので、家族全員靴持参です。波打ち際を歩き 貝がらを探したりしてあそびました。

 最近写真は撮ってくるものの、画像処理が面倒でさっぱりupできていませんが、波がざーっと打ち寄せるとおびただしい数の白い小さな貝が砂浜に散らばって見え、波が引くと同時にあわてたように砂に潜っていきます。
 よく注意してみてみると、波が寄せた直後は貝から入水管、出水管が出ているのが確認できましたが、透明なので本当にじっくり見ないと見逃してしまいます。 潜る直前まで見ていると、透明の足を出しているのも確認できました。

 こちらと同じような状態でした。 材木座海岸のあさりの稚貝(遊ぶ探偵0467鎌倉)

 帰りに砂浜を歩くと、なにやらところどころ盛り上がった砂が見えました。よく見ると ニュルニュルと麺のような形をして絞り出したような形状です。山のてっぺんには必ず穴が開いています。
 「なんだろうね。ゴカイとかイソメとかそういうものなのかな?」と軽くほってみましたが、生き物はみつかりませんでした。

 帰宅してしらべてみると、やはりその手の生き物のようですね。
三番瀬に行ってきました(瀧澤美奈子の言の葉・パレット) ここの写真のゴカイのふんよりももう少し繊細な感じのものでした。

砂できれいに削られて透明になった貝がらを何枚か拾って帰途につきました。が。。。帰りの電車はものすごい混雑。ぎゅうぎゅう詰めで身動きがとれませんでした。 息子が、「あ、ピキって言った。貝がら、こわれちゃったかも。。」と言いました。 帰宅してみたらやはり割れていましたね。残念でした。
 連休にはムリがあるような気もしますから、今度余裕のあるときにまた来ようと思いました。

やっぱり自然はいいです。
 
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2273-6ff77b62

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。