2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
マスコミってやっぱりそうなんだろうなあ
2009/09/17(Thu)
しんちゃんの検索をしていて知ったことなのです。

唐沢なをきさんという漫画家が NHKの取材の不愉快さに取材拒否。。という話。

漫画家、唐沢なをきさんがNHK放送を中止要請 「取材が不愉快だったから」

漫画家がNHKの「ほんっと~に不愉快!」な対応に取材拒否! 真相を語る

びっくりしました。なんというか、インタビューが誘導尋問的なんですよ。ディレクターさんがなをさんに質問し、それになをさんが作画しながら答えるというところを撮影してたんですが、なんか、このディレクターさん、勝手に頭の中で「ストーリー」を作っちゃってるんですよね。



<NHKの考えと態度・唐沢夫妻の考えを要約>
・事前取材で先生の考えを勝手に解釈して番組の流れを作ってる
・ディレクターが描いた返答をしないと「いや、そういう答えじゃなくて~」とインタビューやり直し
・ディレクターの「ストーリー」に即した答えを言うまで許してくれない
 などなど(詳細は上のリンク)



 広報をやったときに、メンバーの中にライターさんがいて、取材するまえにストーリ―を考えてしまい、インタビュー結果もそっちへ誘導しているのを見て憤慨したことがあったなあ。 あのとき、「あ、そうか、今のマスコミはたぶんこういう路線が普通なんだ」と思ったっけ。。とその記事を検索してみました。  この記事でしたねえ(過去記事にリンク)

 先日からどうもぎくしゃくと違和感を感じていたことがやっとわかりました。
一緒に取材に行く人達の中に出版関係の経験がある方がいらっしゃいます。かなり細かいところまで関わってくれています。

ところが、取材の姿勢についてどうも私は納得できない。

というのは、専門家に聞く前にもう結論を決めていて、「子どもが荒れるのはストレスが原因」「ストレスを解消させるのには遊びも大事」<一般によく言われている論
  というのがあり、「今日の取材相手には、 この発言を導き出せば良いのよね。まかせて。言わせて見せる。」とおっしゃっているのでした。

 つまり、素人の私たちがどこかで聞きかじってきた論を正当化させるための重み付けを専門家に求めるための取材ということなのか。




やっぱり今のマスコミはそうなんだなあと。 少し前にもこれと似た話があったんですよ。テレビか何かで見ました。

 取材の意味がないよね。  ”報道魂が泣く”ということはないのかしら。   情報を享受する立場からすると、一般に言われているような結論に結びつけることを前提の報道なんて意味がないです。
 
 ストーリーを作ってインタビューに臨むことはたしかに必要だけれど、もし、そのルートからインタビュー結果がズレていた場合、その部分が一番大切な部分になると思う。 今まで頭の中で構築してきた流れをすべて捨てて新しく構築することができるかどうかが本当の取材者の手腕にかかるところで、実際は報道も締切に追われた結果 下手をすると 手抜きの流れ作業になってしまいかねないということの見本のようにも思える。 
 こういう取材系のお話は、視聴者が短い時間に起承転結のあるドラマを欲しているところはわかる。しかし、そのドラマが製作者側の思いこみで作られているのであれば、やっぱり方向性が違うと思うのだ。 そういう「わかりやすい、想像しやすいドラマ」以外のドラマを見つけ出すことが本来製作者側に要求されるスキルだと思う。
 

 単なる一漫画家の事件としてとらえずに、ぜひ 報道関係者には、今までの方向性の反省材料として考えてほしいところ。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2263-9b280399

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。