2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
手書きの宛名、一年に何通届きますか?
2009/09/10(Thu)
 学習状況調査が返されました。とはいっても、塾の模試とは雲泥の差。名前と成績分布と、本人の正誤一覧表(正答率付き)というあまりにもそっけないものです。

 「どうだった?」と聞きつつ受け取ると「塾に通う前だからショボかった」という答えでした。 たしかに、今だとやらないであろう信じられない問題をミスしていました。(^^;) 息子お得意のうっかり系ミスだと想像できる問題でした。(正答率と問題内容をみたら想像できます)国語に関しては、はがきの表書きを間違っていました。 うちでは一年に一度くらいしか息子が宛名を書く機会はないので、そうなってしまったのか、まあ書く機会がなくとも、常識と言われれば常識ですね。こちらもショボいですが、これは塾に通っていても分からなかったかもしれません。私は昔何かで習った覚えがあるのですが、あれは学校だったのかなあ。それとも習字だったのかなあ?息子も習っていればできたと思います。

 と、ふと考えてみました。最近手書き宛名はどのくらい届くだろうって。もしかしたら私には1年に1度あるかないかくらいかもしれません。 年賀状の宛名も手書きのものはほとんど見かけませんから。 
息子にも手紙が来ることはほとんどありません。 横書きに宛名もたくさん届きます。 それを見慣れていると分からないかもしれません。そういう世の中なんですねえ。

郵便物はものすごく増えています。私が子供の頃と比べるとものすごくDMが増えたと思います。
これも全部宛名を手書きでやっていたら 「やってらんない」ですよね。安価に手間がかからず宛名印刷できるからこその今の世なのでしょうか。 

ところで、この学習状況調査は、答案は戻されません。 結局「はがきの宛名書きが間違っていたよ」と言われても、どこをどう取り違えていたのかというのは、親にはわかりませんし、本人の記憶がたよりです。(春にやって今だから忘れている人もいるかもね。) まあ、その問題自体をもう一度解けばよいわけですけれど、もし記述問題を間違っていた場合はどうでしょう。  フィードバックしようがないというのが多くの意見なんじゃないでしょうか。 子どもにフィードバックできない調査であるならば、どうなんでしょう。「どこの県が平均点が高かった。」というような単なる興味本位の調査に終わってしまわないようにする必要があるんじゃないか?と思いました。

国語の記述に関して日常の学習を考えてみると、息子の学校ではほとんど指導がありません。私が子どものころは、文章を書く機会が嫌になるほどあり、それが赤ペンでたくさん添削されたことを思い出します。 公立小すべてがそうではないと思いますが、息子は小学校5年と半年で赤ペン添削されたことはほとんどありませんでした。 親が把握しているものは、ほとんどが漢字学習のようにも思います。(中学校の教師をしている知り合いも、公立中学の国語学習はほとんど漢字になってしまっていると言っていました。)塾に通いはじめてから、たくさん文章を書き、添削していただいて、息子の文章力はずいぶん伸びてきたと思います。

 指導がないといえば、先日議員の質問事項が一覧に載っているものを読みました。中に、「小学校で水泳指導がないので、泳げない子がいることについての対策」という質問がありました。 息子が小学校に上がる前に「小学校はね、水泳指導がないから、泳げる子と泳げない子の差が激しくなるのよ。スイミングスクールに通っている子は泳げるんだけれどね。」と聞きました。 だから、うちでも「泳げないのは命にかかわる問題だから。」とスクールに通わせたのです。 意外にこういうことが多いのかもしれないと思いが及びました。

 スイミングスクールに通っている子は泳げるから、学校では水泳指導がないのか、水泳指導がないからスイミングスクールに通うのか。 塾に通っている子はちゃんと文章が書けるから、学校では添削指導がないのか、添削指導がないから、塾に通って自衛するのか。 鶏と卵の関係みたいですね。

 そうそう。何よりも驚いたのは、各教科どれも、0点の子がいるということです。たとえば、国語Bでは3%くらいの子が0点、算数Bでも0~1点の子を足すと5%くらいになります。 さすがに基礎のA問題ではその比率は少なくなりますが、やっぱり0点は存在する。 このあたりが授業の難しさにつながるのでしょうか。

 先日の選挙でも、この調査を継続するか止めるかという話も政党別にあったと思います。どちらにせよ、今のこのやり方では、せっかくお金をかけたにしてもテストの結果を学習に行かせない状況であることは確かです。どうしていくべきか。少なくとも今の形のままではせっかくの費用がうまく生かせていない状況じゃないかと思ったりしました。




 結果を探してみました。 こちらのページ
 私の手元は細かい数字が分からないので、こちらの方が参考になると思います上で書いた点数分布グラフもあります。

 ところで、中学校数学の成績分布はすごいですね。こんな台のような形になるとは。。。これは中学校の指導もとても難しいだろうと思いました。




受けた当日の反応は?と思われる方、こちら(記事へリンク)。おお!上のミスはこの計算間違いか(^^)
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2257-a9220b88

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。