2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
う~ん
2009/07/29(Wed)
 諸事情あり、新聞もニュースもちゃんと見てないですが、どうやら自民党は、消費税増税と抱き合わせで、3~5歳児の幼児教育無償化や低所得者の授業料無償化や奨学金制度をマニフェストにのせるのだそう(マニフェスト<イタリア語なんですってね。なんでこれが使われるようになったのでしょう。wikipediaを見ると、イタリア語がイギリスで使われるようになったということのよう。それでかな?)

  う~ん。まず、低所得者の授業料無償化 どのあたりから低所得になるかはわかりませんが、あの基準って本人が思うよりもず~っと低いところにありますよね。 生活保護家庭はすでに授業料などについて減免措置があるとおもうから、それを引き上げるということなのかな?

 次に、幼児教育無償化なんですが。。。これって、本当にできるのかしら?いまどきの幼稚園保育園がどのくらいのお金がかかるか分かってないのではないかと思います。うちは公立保育園でしたが、確か1か月3~4万円払っていました。ほどんどの人はうちと同じような家庭だったので、このくらいは払っていると思います。 それを無償にして、なおかつ私立も無償にしてというと、財源が足りないと思いますよ~。 消費税をとんでもなく上げなければ。  この幼児教育自体はうちとは無関係になってきましたが、財源確保とおっしゃっているからには税金をここに充てるつもりなのだと思います。でも、絶対足りないって。。試算したんでしょうかね? おまけに子供が増えればふえるほど足りなくなるという恐ろしさです。 また、今のように不況だったら、お母さんの仕事の関係で、二重保育していらっしゃる方も多いと思います。たぶん、二重保育分は対象外だと思います。きっと、そこまで対象にできませんよね。

 奨学金制度はその条件資格認定があるでしょうから、そこまで膨らむとは思いませんが。。

 危ないなあ。 どんどん税金で絞りつくされそうです。  たしかに、民主党のこども手当などの財源が本当にムダを省くだけでできるのか?(<できるならば本当にうれしい。) このあたり、詳細な削減予定のムダを金額つけてずらりと並べられたら最強だと思いますけれど。。。

 なんにせよ、「とかくこの世は生きにくい」 (注:本来は この世は住みにくいですね。。) です。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 水枕 -
山道を登りながらかう考へた。
智に働けば角が立つ。
上に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。
兎角に人の世は住みにくい。

でしたっけ?

高校時代、なぜかこの部分だけ暗記してました。
本編も読んだことないくせに(笑)


幼児期および義務教育の補助制度と、高校・大学の奨学金制度については本来別に論じられるべきであると感じています。幼少の子に対する支援は母親が働きに出られる様になるなど福祉的な意味合いが濃いのに対して、義務教育以降の支援は教育を受ける子自身の将来への影響が大きいからです(まあ、高校はすでに義務教育的な位置付けではありますか)。

大学進学への支援制度(奨学金など)の充実よりも、むしろ大学に進まなくてもしっかりとした職業人としてのスタート地点に立てる形を作ることが先決ではないかと、個人的には思っています。つまり、無理に普通科高校→大学と進まなくても、実業高校や専門学校を出ればある程度の職に就けるという形ですね。その為には働くことの意義を教え、働く事の具体的なイメージを育むキャリア教育も不可欠ですが。

きれいなマニュフェストは出揃った訳ですから、それを叩き台にしてどんどん活発に論戦が張られる事を期待します。


2009/07/29 23:42  | URL | 2000系 #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
- Re: 水枕 -
2000系さんこんにちは。
> 高校時代、なぜかこの部分だけ暗記してました。
> 本編も読んだことないくせに(笑)

 私も読んだか読まないかさえもわからない状態ですが、この部分だけはつい覚えてしまう名フレーズですねー。(^^)


> 大学進学への支援制度(奨学金など)の充実よりも、むしろ大学に進まなくてもしっかりとした職業人としてのスタート地点に立てる形を作ることが先決ではないかと、個人的には思っています。

それ、とっても大切ですよね。たしかに、今一番必要なのはこれかもしれません。それに、大学卒業しても、会社でまったく仕事ができない人も多いですし、大学名で重用されている人よりも、別の人の方がずっと仕事ができることも多いです。 「上司の見る目がない。上司が仕事を正しく評価できない。」というところに原因がありそう。 しかし、「上司がダメ」が本当に原因だったらそれこそ改革は難しそうです。  そこを改革すると、会社の利益につながるところなのになあ。

 と、いつものように脇道にそれてスミマセン。

2009/07/30 12:54  | URL | pon2 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2210-b9fda17b

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。