2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ボトムアップ と トップダウン (後半ね!)
2009/07/10(Fri)
 クロスステッチをちまちまやっていたけれど、先日のバッグが出来上がってから本当に突然に チマチマした作業が嫌になってしまいました。

 ということで、作りかけだけれど、方向転換。 夏はやっぱりハワイアンキルトよね~。と、ハワイアンキルトのクッションを作ることにしました。ふと気がつくと、家のクッション、思ったよりもくたびれています。
思えばこのクッションを作ったのは、息子が1年生の頃じゃなかったろうか。 クッションだけを見るとさほどでもないように見えるのですが、作った当初の写真を見ると、歴然。

pict0884_.jpg

そのころの記事を探していて見つけたバッグの記事。 このバッグは今もお気に入りです。

あったど~。2005年の10月に作り始めたんだった。今4年目だ。このクッションカバー。(記事へリンク)
PICT0695.jpg
 記念すべき第一作がこれだったのですねえ。 昨日作り直そうとしていたら、息子、「お母さん、葉っぱの模様のをまた作ってね。あれ、好きなの」と言っておりました。 はい。つくりますとも。(今のキットを消化したらね。。)

 で、今回ひらめきましたよ~。 手抜きの技を。

ハワイアンキルトはキルトする布を折り紙のように折って図案を写します。そのとき型紙を待ち針で留めるのですが、たくさんのまち針を使っても、なかなかがっちりと固定はできません。まち針を使えば使うほど、図案を写すのが面倒になるし。

そこで、今回の手抜き技。 じゃじゃ~ん。

「ダブルクリップ」<ドラえもんの声で。

PICT2421.jpg

こんな風に要所要所をダブルクリップで留めればあらふしぎ。がっちりしていて図案もうつしやすいです。
何が楽かっていうと、黒い線の部分を全部布に移さなければいけないのですが、型紙が隣り合わせぴったりと付いている線はまち針を打っていたら、いちいち針を外す必要があるわけです。
 ダブルクリップだったら、そのままぴろぴろ型紙をめくって写せばよいわけですし、型紙に穴も穴もあかないから傷みが少ないです。

PICT2422.jpg

あっという間に写し終わりました。黄色い線が見えるでしょうか? ひとつずつダブルクリップから型紙を抜いていけばがっちりしたまま取り外せます。

PICT2423.jpg

切り紙細工のように、重ねたまま鋏を入れますが、ここでもダブルクリップはつけたままです。でも、図案の要所要所にまち針はとめます。 ふちがずれないのでとてもやりやすいです。 みなさんどんな風に作っていらっしゃるのか? しつけをする方もいらっしゃるかもしれませんが、根が怠慢な私はこのダブルクリップを使う方法、「我ながらよいアイディアだわ~」と自己満足です。


あ、ボトムアップとトップダウンの話でしたね。ごめんなさい。

ふと、ハワイアンキルトってたのし~い。と思っていたら、 クロスステッチと ハワイアンキルトってまったく正反対だなあと思ったのですよ。そこで、私はハワイアンキルトの方が性に合っているなあって。

 ボトムアップ設計、トップダウン設計(リンク先はwikipedia)というのがあります。

ボトムアップは下から上に。トップダウンは上から下に。
リンク先にも書かれているように、

トップダウン設計は、段階的に詳細にしていく設計技法である。最初にシステム全体を定式化し、その時点では個々の詳細には立ち入らない。その後、システムの個々の部分の設計を詳細化していく。最終的には、実装に移せるまで詳細化する。トップダウン設計はブラックボックスと深い関連がある。内部構造に立ち入らずに設計を行っている段階では、各部分をブラックボックスとして扱っていることになる。

ボトムアップ設計では、最初にシステムを構成する個々の部品を細部まで設計する。そして部品群を組み合わせてより大きな部分を作っていき、最終的にシステム全体が構成される。



 クロスステッチは一つ一つの四角を×印でうめていき、それによって絵をパーツ部分から作り上げていきます。
PICT2412.jpg
 この楽しさは、綿密な設計かもしれません。 一つ一つのパーツが完璧に出来上がってそれが全部つながったときにひとつの大きな完成物になります。

 しかし、ちょっとしたミスが隣に影響してきついことになります。必要なのは計画力と綿密さ。 たとえば、刺繍が1列ずれるとあとのつじつま合わせが大変です。 ほどきなおしたりすることも多いです。

 ハワイアンキルトは、まず最初に全体像が現れます。そうしてそれをちまちま縫って行くのです。常に全体を見ながら進めるので、後から気付くミスとかやり直しはほとんどありません。もともと綿密でない私にとってはとても向いている手芸だと思います。

ということで、当分は刺繍はお休みして、ハワイアンキルトを作ります。
長々と自分の趣味の話でした。

 面白いパーツを見つけたので下につけてみました。 



Quickvoter™



Q.ダブルクリップ、いい考え!と思う?(^^;)ゞ



まさに画期的
それほどでも
やってないからわかんない








 
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2186-3ecf030c

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。