2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
夢でいじめられた
2009/07/07(Tue)
 朝方、pon1からネチネチと小言を言われて目が覚めた。 夢の中で。
現実のpon1は細かいところを気にするタイプではある。でも、夢の中のpon1ほど陰険なヤツではないし、夢の中のpon1にほどネチネチいじめられた記憶もない。

 目を覚まして考えてみると、たしかにまああの否定的なものの言い方はpon1の性格の延長線上にはあるかもしれないけれど、まずはpon1に理性があるうちはそういうことはあり得ないであろうとおもうような成り行きだった。 理性のあるpon1はあんなに逃げ道をなくすような言い方はしない。

 思い当たることがない私は 「なんであんな夢を見たんだろう?」と不思議に思った。

たしかに、昨日は家事が不調だった。 夕飯メニューに困るのは毎度のこと。(思いつかないからマンネリになっちゃう。思いつくものもマンネリ。 かといって新メニューでやるとウケが悪い場合というリスクがあるし。)

 [今日は、豚の角煮にでもしようかな。。。 あらまた横道。]

で、家事が不調だったから、「家に一日中いるのに、この程度のことしかできなくて、皆に悪いなあ。」と思ったのは事実。 無理やりに自分ができることをさがしつつ一日過ごして、「息子も勉強がのらないときってあるだろうなあ。それでも張ってやっているってえらいなあ。」なんて思ったのも事実。

でも、それによって何もトラブルもなかったのに、私の罪悪感というのはどこかで自己主張したかったらしい。 

 それ以上に、ふと思い出したのは夕べの電話だ。夜に電話が鳴ることはあまりないけれど、なるときは私宛のことが多い。出てみると子ども会の世話役の人からだった。 先日の旅行で当分私が中心になってやることは無いはずなので、新たな仕事か、もしくはトラブルかな~ といやな予感がした。 聞いてみると予感的中。どうやら私が知らないところでいろいろなトラブルがあったらしい。(--;)その中心人物Aさんについて、私が前に迷惑を被ったことがあったのでは?という問い合わせだった。

 たしかに、なにかあったとおもったけれど、もう解決したことだったのですっかりわすれていて思い出すのに時間がかかってしまった。かなり一生懸命記憶を掘り起こした。 (私の特技は忘れやすい。終わったことは水に流すタイプ)思いだしてみると、結局Aさんが一人でどんどん勘違いを大きくしただけだったので、回りの人に真相がわかればそれで私はOKだったんだよな。 やっと思い出して、「いや、私のはトラブルというよりも こちらの言っていることがうまく伝わらなかったんだとおもうけれど?」とお返事。 Aさんはとても善人なのだが、人の言うことをきちんと聞けないことと、話しているうちに話をどんどん別の方向に持って行って、そのうち自分でも何の話だったのか、相手が何を言っているのか分からなくなってしまうところが難点なんだ。 だから、Aさんを経由して だれも言ってもいないことが 言ったこととして伝わってしまったりする。

 そんなこんなで、世話役さんのところにいろいろな人からの苦情があつまってきてしまい、世話役さんもいっぱいいっぱいになってしまったらしい。 世話役さんが一番Aさんにかかわることが多いため、私に話の聞き役として電話がかかってきたようだった。  大変だけれど、Aさんの良いところを一番知っているのも世話役さんだという話をしたら、 「私のことを コワイっていうのよ」だそう。「いや、子ども会の中で一番コワイって言われるべき人はやっぱり世話役だとおもうし、ある意味コワイと言われる人がいないのはまた困るんじゃない?」と話をしたら、 「そっかー。そういう役だよね」と言って、そのほかいろいろ面倒だったことを話してくれて、世話役もなんとなくストレスが発散できた様子だった。
 言わなきゃいけないことを言える人がいないことの方が問題。言える人がいることは大切なことだ。
うちでも、お母さんやお父さんは日頃は優しいけれど、良くないことをしたときはコワイことは必要だとおもう。

 たぶん、その電話で聞かれたことを思い出そうとして 脳みその奥深くに「不要な記憶」としてしまわれていたものを一生懸命思いだしたので、いろんな感情もついて出てきて それをまた片付けるためにヘンテコな夢をみたのだろう。

 Aさんにしても私にしても、もうこの年までこの性格で生きてきたので、悪いところを直すといってもそう一朝一夕にはできないものだけれど、でも、人とかかわって生きていくことで、まだまだいろいろな経験をし、学んで、それによって自分を修正するということは大切だと思う。 たくさんの人とトラブルになるのであれば、やっぱりAさんの対応に何か問題があるのだと思うし、そういうことをこの年になっても指摘してもらえる親密な人がいるっていうことは、Aさんにとっては大切な経験なんじゃないかな?と思ったりした。 もちろん、私にとっても 人づきあいは日々失敗の繰り返しだけれど、それによって少しずつでも学んだり、変わってきていることがあると思うから、そういう経験は大切にしたいと思っているところだ。

 さて、今日はいい天気! 家事がんばるど~。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2178-e6d17a15

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。