2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
改めてびっくり
2009/07/03(Fri)
 昨日息子が帰ってきてから言うことには、 改めるの字の己は、はねてはいけないのだと。それで×をいただいてきました。
 明朝だってゴシックだってみな、はねているのでまさか~と教科書体で確認するとはねてないんですね。左側は己じゃないんですね~。へえ~。
 漢和辞典では、はねた文字はカッコの中に入っていました。

漢字の正しい書き順(改)

 こんなことでいいのか? 「常用漢字云々よりもはねるはねないを活字で統一してもらった方がいいよねえ。」 と話したのだが、 よく考えてみると、きっと「そんなことにこだわっているのは今では塾と入試だけです。どっちでもいいんです」なんて言われるかもねーという話になった。

文化庁のページには、
字体についての解説

その2ページ目に改がある。

つまり、字体についてはどっちでもよいということみたい。 しかし、勝手に自分が作っちゃダメということだよね。

ということは、バリエーションを全部覚えるのは大変なので、どれかひとつに決めてもらった方が やっぱりわかりやすいなあと思う今日この頃。

この質問サイトのコメントが分かりやすいと思います。

とりあえず、教科書の字で覚えておきましょう。

ゴシック体や明朝体はデザインに過ぎませんので…(間違いではありません。ご注意を)。
※厳密に言えば、教科書体もデザインですが、楷書体を模したものなので、まあ正確な部類のようです。



この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2171-5d6ab7fb

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。