2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
いくらなんでもあんまりじゃ
2009/06/24(Wed)
 時々拝見しているブログの記事について。

そこの子供さんは、この春行きたかった学校に頑張って合格して晴れて高校1年生になられたとか。地方の進学校だそうです。中間試験で赤点をとってしまい、全体順位も下から数えた方が早いような点で、親子ともどもショックだったのだそうですが、問題はこのあとです。
 先生との面談で、「国公立は夢のまた夢ですね。コースの選択は私立文系しかありません。」と言われたのだとか。 高校1年で一回目の試験でそれはないっしょ。と私は思います。 発奮させるための言葉なのかもしれませんけれども、それはちょっと。
 帰宅してからの旦那さんとの会話で、「就職をすすめられた」とも書いてあってこっちはどうなのか不明ですが..。 

 今と昔は違うかもしれないけれど、私が高校のころ、(うちの高校では毎テストごとに上位3分の一くらいの成績の人を貼り出していました)1年生のころにはそのリストに載ったのをみたことがなく、ただただ目立たずまじめにやっているだけかと思ったのに、難関国立大や有名私立大に通った人を何人もみました。 最初から上位の常連さんだった人もいるけれど、3年間のうちにいつのまにかそのリストから姿を消してしまった人も多かったです。選抜クラスに入っていても、受験総崩れの人もいたし、選抜に入ってなくても難関校に入った人もいました。子どもの3年って結構長いです。 高校1年の成績からでも巻き返し可能。   たった3年間の在籍で私が気付くくらいだから、先生は何人もそういう人を見てきたことがあるはずなのに、なんでそういうことを言ってあげられないかなあ。 ホントに。

 なんて思ったんですよ。

コメントも残したことがないので、そんなこと書けなかったですけれどね。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2156-f577c83f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。