2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ならい性となる
2009/06/24(Wed)
 行ってきました。あ~つかれた。やっぱり疲れますね。なんでだろう。なにもしていないのに。

やわらかい雰囲気の学校でした。 図書室を見学し、「ご自由に」とのことで書架まわりをみてまわっていて、ふと、「この本はどういう順番で並んでいるんだろう?」と。いくつか書架を回ってみて、たしかに同じものは同じ場所にあるようでもあるのだけれど、図書の分類番号順じゃないんです。 むむ~。
気になるぅ~~。。

 息子の学校ほどではないけれど、本が倒れてそのうえに本が置いてある場所発見。もうむずむずして直したくてしょうがなくなってしまい、こらえきれずに結局こっそり直してしまいました。(家だと一向に平気なのに。たぶん分類番号が付いているからだと思われます。家の本にも分類番号つけたら、きっと並べないと気が済まないです。たぶん並べるでしょう。)

図書室の(ボ)を始めたころ、司書をやっている人が、「ここの図書は分類番号がスムーズに並んでいない」とか、「他の場にあるべき本があると気持ち悪い」とか言っているのを聞き「へえーそんなものか」と思っていたのに何年も過ごすうちに私もそうなってしまったようです。

 それから、紐のしおり! あれがベロベロ出ていると気持ち悪いのだそうで、今日もベロベロ出ているしおりをみつけて 直したくてしょうがなくなりました。

 ね。私でさえこうなるんだから、息子のことも 継続してやっていけばきっと今できないこともできるようになりますね。 いつのまにかそうなっている というものなんだろうと思いました。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2155-20110853

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。