2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
人間は自分が問題にしていることしか見ない
2009/06/12(Fri)
 先日のオタマジャクシの話は、田口ランディさんのブログで見かけたものだ。

なまけもの(田口ランディの日記と情報)

最近ブログも飛ばし読みすることが多くて、このエントリを見たときにオタマジャクシに反応したけれど、実はそれと同時に このエントリはとても今の自分に大切なことが書いてある!あとでゆっくり読もう!と思ったのだった。

 そうして、その「あとで」が今だったわけ。

人間は自分が問題にしていることしか見ない、という奇妙な脳のシステムのことだ。人間がなにかを考えるとき、当然ながらそれは常に自分が中心である。自分という中心をズラすことは不可能に近い。それでも、中心をズラして見なければ別の風景は見えてこない。だから、中心をズラすという訓練を積む。



 そう。すべての悩みはたしかにそうなっているとおもう。 よく”思いにとらわれる”というが、本当に囚われている。  特に私がよくここに書いている 「私は一度にひとつのことしかできない女」というのは、まさにこれであり、ひとつのことが気にかかると他が御留守になるという性質のことだ。つまり私は一般の人よりも何かに囚われる頻度が高いのだと思う。今一番囚われているのが息子関係かな。

 囚われることが、私の努力だけでどうにかなるものであった場合、囚われているからこそ、結果につながることもある。 何事もまんべんなくそつなくこなすことが出来ない代わりに、一球入魂ではないが、思い入れのあるものに対して馬鹿力がでるのもこの囚われではないかと思う。 ところが、囚われているものが他人だった場合、たとえば私のように子どものことだったり、恋愛だったら相手だったりすると、片方が囚われて一生懸命になればなるほど、その作用対象となってしまった人に自分が好む好まないと関係なく強力な働きかけが絶え間なくやってくるわけで、下手すると険悪になるのは自明の理だろう。 囚われている内容に人間がかかわっていたら要注意。 そもそもたとえば恋愛に馬鹿力を出してうまくいったという話はあまり聞いたことがない。 この場合とくに過ぎたるは及ばざるがごとしになる確率が高そうだ。 

 人が絡んでくる囚われだった場合、まずは相手に干渉しすぎないこと。それから、目標を共通にしてしまうことが解決の糸口じゃないかな?なんて思ったりした。ま、上で例に出した恋愛なんかは、目標を共通にするというのはそうそうできることじゃないと思うけれど、”障害があれば燃える”という恋なんかは、目標が共通になったということではないかと思う。 自分のことに話を戻すと、私の息子に対する現在の悩みといえば、息子本人ではなく、”入試”という別の対象だから、認識を変えるだけで解決することも多そうだ。

 さて、この田口さんのエントリは、 娘さんの三角定規をどこに入れたかわからないというエピソードから、わかりやすく書かれている。 長い引用で恐縮だが、

「三角定規を忘れないように」という自己暗示によって「三角定規を忘れてしまう」のは自己暗示のかけ方に問題があると思う。「忘れる」ことを前提にしているから、ちゃんと忘れるところにしまうのである。「三角定規は引き出しのなかにある」と自分に言い聞かせて引き出しにしまえば、三角定規は引き出しの中にある。
だいたい「これを忘れないようにしなくちゃ」というものは、たいがい忘れるのである。それは「忘れる」という暗示のほうが強いからである。

娘を見ていると、単純なので、人間がいかに自己暗示をかけて生きているかがよくわかる。もちろん、大人でもそうだ。「がんばらなくちゃ」という自己暗示は「がんばれない自分」を保証してしまう。「がんばってるぞ」でいいのである。「やらなくちゃ」という自己暗示は「やれない」自分を保証してしまう。だからやらなくちゃ、やらなくちゃと思うほどやれないのである。「やりたい」「~したい」もやれない自分が前提である。だから「やりたいんだけど……」できない。これらは、行動しないための自己暗示であり、行動とは変化なので、変化することはエネルギーがいるのでそんなめんどくさいことは、人はそもそもやりたくないのである。



後半の部分は、まさに私に対する最良のアドバイスだ。 「頑張らなくちゃ」「やらなくちゃ」と思い始めると、しんどいことが多い。「やりたいんだけど・・・」は私の決まり文句。 これをできるだけ 「がんばってるぞ」に変えていく。 そうして、とりつけるところからすぐとりつく。それは名案!  そう考えただけでほら外が数段明るく見えるような気がする。

 さて、今日も頑張ってるぞ!
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
なるほど、そうだったのか~~って感動しました。私も「これは大事なものだからちゃんとしまっておかなくちゃ」と思ったものほど、どこにしまいこんだかわからなくなってしまい、家中探しまくり~なんてことを何度もくりかえしているんです。あれは「忘れる」暗示を自分でかけてしまってたんですね。納得。

 あと、「テストが近いから勉強しなくちゃ」と思うと手芸がしたくなったり本が読みたくなったリ、大掃除をはじめたり。「〇〇しなければならない」はNGなのね。

「やりたいんだけど……」できない。「言いたいけれど・・・」言えない。これはあまり自分にはないです。ていうか、今いる業界、このタイプが多すぎてくたびれちゃって、自分はこういうのやめようって何年か前に決めたの。なので今は「わが道を行く」。
 が、これって自分は良くても周囲の人には迷惑なのかもしれませんね~。
2009/06/14 07:51  | URL | 獏 #-[ 編集] ▲ top
-  -
 そうそう! 「大事なものだから、ここに入れるのはやめておこう」と思ったところで記憶が途切れていたり。orz(<まだこの文字有効なのかなあ)

 テストが近いから~ <あるある。。

私の場合、「やりたいんだけど~」がここのところ多くて。と~っても反省したのです。(^^;) 
2009/06/14 15:39  | URL | pon2 #nLnvUwLc[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2135-ffa4cb00

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。