2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ギャオエ~
2009/05/22(Fri)
今日は免許の書きかえに行こうかと思ったのですが、今週はずっと忙しかったので、出掛けずに家のことをすることにしました。  

 一昨日、塾に息子を迎えに行って帰り道、とりとめのない話をしながら二人で暗い道を歩いていました。住宅街の中にところどころ畑のあるような場所が通り道ですから、かなり暗いのです。
 ハナモモの木の横を通ったときに 息子の80センチくらい前を 大きな水色のものがばっさばっさと、羽ばたいて通り過ぎるのがみえました。 そうして、ハナモモの木にとまりました。

 瞬間、私にはそいつの正体がわかりました。 大嫌いなオオミズアオです。ぎゃぉえ~!! と叫んで息子の腕を思わずつかみました。 腕を掴まれた瞬間、息子も目の前をよぎった様子とあいまって、何に私がパニクッているのか一瞬で悟ったようです。そうして、息子も「ギャー」と叫んでぴゅーっと駈け出してあっという間に何メートルも先にいってしましました。 (見捨てられた~~ (ToT) なんちゃってー)

 子どもに対する母の影響というのは恐ろしいものだと思います。特に私のまわりの男の子をみたかぎりでは、なぜか男の子の方が母の影響は顕著なようにも思えます。 女の子の場合は、 「おかあさんはこうだけれど、私はこうなの」と、母と自分との相違点を挙げる子もいるようですが、男の子の中には 虫が気持ち悪いから嫌い、トカゲが嫌いとかそういう子がよく目につきますし、そういう子のお母さんは総じてそれが嫌いです。 

 さて、息子の場合も申し訳ないことに私が苦手なものは苦手になってしまいました。 カエルであろうがヘビであろうが、イモリであろうが、カマキリであろうが、青虫であろうが、たいていのものは平気です。 ナメクジは嫌いですが、彼らは動きが鈍いので、割りばしでつまめば大丈夫。(ぬるぬるしていてそのぬるぬるが手につくととれにくいのでさわりたくない) でも、オオミズアオとゴキブリだけは見ただけで叫んで固まってしまいます。  その二つの昆虫が苦手な理由をこんこんと?説いてしまったからか、すっかり息子はこの二つは苦手になってしまいました。

 帰宅してからも、「うわ~。今でもぞくぞくする。気持ち悪い」と息子。 本当にオオミズアオだったか調べるというので、みていましたら、図鑑を出して、「本当だ~。オオミズアオだ~。キモ。 あーだんだんチョウチョさえだめになってきた~。図鑑も見たくない。」と言い出します。 そのうちに、「外に蜜を塗ってオオミズアオを引き寄せたらどうする?」などと気持ち悪いもの談義がはじまったので、ふと「いや、オオミズアオは何を食べているんだろう?」と疑問がわきました。 「ちょっと図鑑をしらべてみて」と息子にいうと、「もうムリ。気持ち悪い」だそうで、そうなると私が責任を感じてしまいました。 図鑑も見られないほど嫌いになるのは問題です。 そこで、私が図鑑をみることにしました。 すると!

 ヤママユガの仲間(とカイコガの仲間も)は、成虫になったら 口吻が退化しているため何も食べないのだそうです。 ビックリ! あんなに大きな体をしているのに成虫になってから何も食べないなんて。 だから朝方弱ったオオミズアオをたくさん見かけるのでしょうか。(このあたりに幼虫の食べ物となる桜やクリの木が多いのも理由のひとつかも)きっと短命なんだろうな。 ネット検索したら羽化後1週間程度しか生きられないのだそうです。(そうだったんだ。。。。) 図鑑をみるとヤママユガの頭部のup写真がのっていました。 葉脈のような触覚がオシャレで、見ようによっては、ふさふさした毛がぬいぐるみのよう。目は大きくてかわいらしい顔をしています。 オオミズアオの顔のupはありませんでしたが、 「みてみて、結構可愛い顔しているよ。お母さん、オオミズアオ、少し平気になってきたかも」と息子に見せると、「へえー、ほんとだ」と興味を示してきました。  

 オオミズアオは、図鑑や標本で見る場合、たしかにきれいな蛾なのです。私も図鑑好き少女だった頃は、他の蛾は茶色で気持ち悪いものが多い中、この蛾だけは別格だと思っていました。 ところが、あることがあってから一番苦手な蛾になってしまい、特にはばたくところはもう気持ち悪くて見ていられません。 分厚い羽根、ばっさばっさとした飛び方、今はあの色さえも気持ち悪いです。
 でも、とりあえず、{オオミズアオの良いところを見つけようキャンペーン}を突然はじめた私ですから、ネットでオオミズアオの顔を見てみることにしました。以下リンクです。




 幼虫の顔は意外にユーモラスでした。

 うわ~。これこれ、この雰囲気がとても苦手なの。ただとまっているだけだけれど、気持ち悪いです。ベタベタ落ちている感があるのが苦手でした。
 
 ありました。顔のアップ。すごくふさふさしていて、ぬいぐるみの人形みたい。これはカワイイ。 羽化直後だからでしょうかまだ触覚が開いていません。

 ここのオオミズアオ(+オナガミズアオ)はどれもきれい。このオオミズアオだったら私も触れるかも。 

 ★★オススメ★★
あ~。ネットって素敵。 こんなページに出あえるとは。
これで、私はオオミズアオ嫌いを克服できそうな気がします
。 (アニメキャラになっているので、仕事時間にご覧になる方、もしいらしたらNGね)

  蛾カテゴリーだけを見るとこんな感じみたい。

 そうそう。蛾、あのフォルムがね。苦手だったりするんだよね。わかるわかる。そうなのよ、オオミズアオのね。飛び方が苦手だったのよ。 でも、このキャラだと思えば、克服できるよ。たぶん。私。

 ちなみに、オサライ。

私は基本的に蛾はあまり好きでない。蛾っぽいチョウチョもチョイ苦手、たとえば、昆虫館で飼われているようなゴマダラチョウのあの飛び方、、ちょっと苦手。 オオミズアオとドクガについてはトラウマがあり特に苦手。

 その中でも好きな蛾:オオスカシバ。結構可愛い。 このページの下から二番目の写真なぞ。萌え~。

これ、今日息子が帰ってきたらみせよう!絶対蛾嫌いは克服できそうな気がします。
 

 おお、日記を書くつもりで庭に出たらはるか遠くこんなところまで、歩いてきてしまった。。。という気分。こういう(ネット)散歩が結構私のストレス解消になるんだろうなあ~。 (^^;)

 あ~面白かった。   とりとめのない記事でスミマセン。
 
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2099-399a03b3

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。