2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雨のヨコハマ開国博はクモを見ないと
2009/05/07(Thu)
 この大型連休は、我が家ではのんびりする連休になりました。 新しく入る塾のゴールデンウイーク講習もあったのですが、内容的に 今、日曜日に通っている志望校別の講習と重なっているようだし、新しい塾の講習は厳しそうなので、まだ授業も受けていないうちにそちらを受けるのは少し荷が重そうだと思ったからです。

 ということで、連休はじめには、甥が来てくれて一緒に遊んでもらい、連休半ばには前の記事で書いた狂言を見に行って、一日休み。そうして、5日には横浜開国博へ行ってみることにしました。

 近いことも手伝って、だいたいの内容はウエブで以前に確認済み。あとは当日に近くなったらもう一度詰めればいいや。。。と思っていたら、なんと! 
開国博のページにつながらない!!! 
今日はつながるようですから、我が家と同じように考えていた人がたーくさんいたということでしょうか。

 しょうがないので、準備せずに家を出発しました。 この調子だと混みそうだから途中の駅でチケットを買ってから行こうということにして。。。

 ところが、その駅でチケットを購入するのを忘れた!!!

結局現地でチケットを買うはめになりました。
桜木町駅前に降り立ってみると、チケット売り場はすぐにわかりました。 予想に反してまったく混んでいません。 待ち人数0人ですぐにチケットを買うことができ、まあ、ヨカッタヨカッタと。

Image001~01

オレンジ色のキャラクターが たねまるくんです。

さて、どこに行こう。まずは 「はじまりの森から」と パンフにも書いてあるので、そちらへ移動します。 入るとすぐにクモが見えますが動いていません。前に開国博のページを見たときには、いつ動くのかも書いてなかったので、ページがチェックできなかった私たちは何時に動くのかさえもわかりませんでした。(ディズニーランドでは入口で当日のスケジュールが頂けますよね。それに慣れてしまっているので、すっかり何もせずに行ってしまったのでした。)  係の人に聞けばよさそうだということになり、そこいらを歩いている係の人に聞きました。 すると次回は1時からとのこと。(今はpdfでupされているようです。) 少し時間があるので他のアトラクションをみようかということになり、すぐ隣にある 「横浜ものがたり」に入ってみることにしました。 ほとんどがパネル展示です。 人物や乗り物もパネルが多いです。 エコをうたった催しものだからでしょうか。
Image003.jpg
 この写真は展示の中で一番立体っぽかったものです。
そろそろおなかがすいてきたし、ここに入るのに並んだ前の人たちがシュウマイを食べながら並んでいたので、その香りで一気に空腹モードに突入したpon家。 私はこの食品サンプルが妙においしそうに見えました。

Image004~00

写真がピンボケで申し訳ないです。 ペリーが来たときの食事が説明してありました。 刺身がでていました。「今ほどにスシとかサシミがもてはやされる前は、日本は生の魚を食べる野蛮な国だとか、日本についたら空気が魚のにおいだとか、言われていたんだよねえ。 この人たちは刺身を食べることできたのかなあ」とpon1に言いました。 かまぼこも向こうの人からすると苦手な食材じゃなかったかなあ。 かまぼこなんてちょっと見はきれいで、お菓子みたいだけれど、食感はぐにゅっとしているし、味は塩味だしねえ。こんにゃくに似た食感だものなあ。(私はこんにゃくもかまぼこも好きです) そうして、鯛の塩焼きはやっぱりお土産なのだそうです。 結婚式といえば鯛の塩焼きという頃がありました。家族で参加する結婚式は一人一匹ずつ鯛の塩焼きがついて、持ち帰って食べる冷えた鯛はあまりおいしくなくて人気がなかったなあ。と、子供のころのことを思い出してしまいました。

 列に並んで入ったわりには、「列になる必要があったのだろうか?」とおもうような展示で、「横浜開港ものがたり」が目玉だったと思うのですが、人だかりがすごかったから、「まあ、見なくてもいいね」とメインを飛ばしてしまったpon家です。(^^;)ゞ だって、息子がストレスなく見られるまで待とうとするととんでもなくかかりそうだったので。。 

 クモが動くまでにはまだもう少し時間がありそうなので、エネオスエネルギー館に行ってみることにしました。 見どころは 実物の原油とそれからできる各油が展示されているところと、石油を貯蔵できる石! この石は初めてみました。オイルサンドについてのpdfはこちら

 もう少し詳しい説明があってもよかったなあ。それと、樹脂製のケースに覆われていたので、この石から石油臭がするかどうかは分からず、まあ、見た目はただの 「石」という感じでした。(地味な展示です。)

 ちょうど、実験がはじまるということで、実験教室をみることにしました。 エネゴリ君のコマーシャル映像と、エコについて、地球温暖化についての説明映像があり、エネファームのしくみについての説明の後に、手回し発電機で水素を作り出しその水素を使う燃料電池をつんだおもちゃの車を走らせるという実験というよりもデモ。。かな?? がありました。

 とりあえず、3人とも無言で見て、その場を出ようと振り返ると、妙に人が少ない?? 何事??と外を見るとすでにクモのイベントの場所取りが完了していて何重にも人が広場を取り囲んだあとでした。 が!、 なんとエネルギー館は全面ガラス。おまけに、前が通路になっていて、ひとの立ち止まり禁止です。 「エネルギー館の中から見ればいいじゃない? 水もかからないし。。(クモは水をはくのです)」と思いもよらないラッキーな出来事で、私たちはとりあえず展示物を見る人の邪魔にならない見やすい場所に移動しました。
Image011~00

だから、こんな風によく見えましたよ。
Image010_20090507101425.jpg
しかし、遠いときにはこんな風によく見えません。(^^;)ゞ

 エネルギー館では小学生以下の子供たちのスタンプラリーを土日限定でやっているようです。息子もスタンプラリーをやって、エネゴリ君のタオルハンカチをもらいました。 

あ、そうそう。昼食は中でも食べられるし、弁当も売られているので、座るところさえ確保できれば比較的安くすませることもできます。




お土産も買ったし、次の会場へ。
Y150トゥモローパークです。 ここは、「未来シアター BATON」がありますが、これ、事前に 行かれたかたのブログを見たら、みなさん、 連続ものの1話しかないので意味不明だった、おもしろくなかった と複数の方が書かれていて、長蛇の列と見比べて あえてパスをすることに。

 比較的評判が良いと思えた NISSAN Y150ドリームフロントへ行きました。 待ち時間、90分と言われ、どうしようかと思ったのですが、これにも入らないとなると、もうほとんど見るところがないのです。思ったよりも早く40分待ち程度で入れました。 ハイビジョンは、まあ、きれいかな??と、 「ピボ君が案内する」というピボラボ は、ちょっと期待外れ。 中央部にピボくんが設置され、地味に動いているものの、ほとんどはディスプレイでの説明を座ってみるだけです。 

Image014~00

中央がしゃべっているという設定のピボ君。 まあ、このくらいの位置からみると、単に1,2回ぐるりと回るだけです。

 そうして、葉っぱ型の紙をわたされ、 そこに 「自分が地球にやさしくするためにすることを書いてください」とのこと。。。
 3人は無言でとりあえず、言われたままに何かを書いて 次の部屋で バルーンの中にそれを入れました。

 バルーンの中には、絶えず空気が吹きあがって中に入った紙を舞い上がらせています。 展示用のものと、今書いた紙を入れるためのものと2種類があります。 この部屋で面白かったのは振動を電気に変える仕組みを体験できることでした。 あと、葉っぱが吸いこまれる感触は面白かったかも。でも一人一回しかできません。空気はずっと出っ放しですけれど、紙は一人1枚なので。

 その後、黒船をみつけてそれに乗ろうとしたら、これは予約制だったようで、準備不足がたたりました。10時から配布されるらしいです。 たぶん、並んで待つんだろうなあ。。。

雨も激しくなってきたので、赤煉瓦倉庫中をちらりとみましたが、商業施設なので、予定変更して、神奈川県立歴史博物館へ行きました。

 時間がなくて企画展をさらりとしかみられませんでしたが、ここが一番面白かったです。ガイドボランティアもいらっしゃるようなので、次回はもっと時間をつくって見に行きたいと思いました。

本来だったら夜まで遊べるらしいのですが、このあたりで我が家は撤収。雨で寒かったし、風邪ひくといやだものね。

そうそう。インフルエンザ関係への配慮でしょうか。トイレにはいると 石鹸での手洗いの有用性がはり紙してあったり、 病院などで見かける 手に擦り込むタイプの消毒ジェルが置かれていたりしました。



おまけ。

帰宅してから、なんとなく 「そうかな?」と思ったことを家族に聞いてみました。

 あのニッサンよりもBATONが面白くないとしたら、どのくらいBATONっておもしろくないんだろう? という話(前評判で見てないから本当に面白くないかどうか不明なので)。 
たとえば、ブログ検索して発見した グーテン妄想さんのBATON を見ると、 やっぱ ダメダメだったのかな? と思いますですね。
ほかにブログ検索してみても、一般の方のブログで「良かった」という記載を見つけることができませんでした。

エネゴリ君は可愛かったけれど、エネオスの実験も実はPON家としては今一つの感触。 いままで、科学系の実験や、展示物にたくさん触れたせいか、あの実験はなんとなく不完全燃焼でした。
 まあ、あの燃料電池で動く車は息子、欲しかったろうなあ。。と予測していると、そういっていたので、「やっぱりね。」と心の中で。 しかし、人間のエネルギー効率の良さを思い知りました。 あんなに必死になってぐるぐる発電して、あのおもちゃをたったあれだけ動かす分だけしか力にならないなんて。
  実際、動かすだけだったら人間の手だったらつかんだら一瞬だし、風船(水素をためるためにおもちゃの内部に風船が付いているんですよ)に呼気を貯めて空気の力で押し出すのであれば、もっと一瞬だしなあ。 燃料電池の課題など、ついつい考えてしまいました。 生き物ってなんてすごいんだろうなあ。食べ物をこれだけ効率よくエネルギーに変えることができるし、それをすぐに力として使うことができるんだものなあ。 人間スゴイゾ! と実感した実験でした。 


それから、

エコをたくさん説かれたけれど、あのバルーンにずっと空気を送り続けるのって、すごくエコに反していると思わなかった?  家族全員 「そう思う」だそうです。 それからあれだけしか展示がないのに入場料が高いと思わなかった?(この時期回れる有料会場の3エリア全部回りました)と聞くと 「高いと思った」だそうで、 たぶんあのクモを運んでくるのにお金を使い過ぎたのではないかと。。

ということで、開国博へ行ったらクモは必見です。 しかし、あのクモを たぶん億単位のお金を使って運んだとなると、なんとエコから反しているんだろうなあ。。。 と複雑な思いがしたのでした。

この億単位の輸送費というのは、 以前書いた記事で検索ヒットした、

このクモはフランスの会社によって制作され、(フランスからリバプールへの)輸送費だけでも180万ポンド(約 3億 4500万円)もかかったとのこと。



からの予想です。 

 CO2の話にしても 不都合な真実の方がずっとインパクト強かったしなああ。。 皆そのくらいは知っているんじゃないかなあ。 どうもテーマがとってつけたようなんだよなあ。。 とね。ちょっと開国博は、消化不良な思いが後に残りましたとさ。

 



あ、今思ったのですが、たとえば、 開国前の 「横浜村」だったころの横浜のCO2排出量を試算したり、その後文明開化でのCO2排出量の計算、そうして今と結び付けていくと 結構興味深いし、印象に残る話になったかもなあ。。。なんて思ったりもしてます。




エネゴリ君の実験にしろ、NISSAN Y150ドリームフロントにしろ、クモにしろ、ココロの中でガンガン突っ込み入れていたpon家の面々、「こりゃ違うんじゃないか?」とおもいつつも、なんとなく空気を読んで、言いたいことも口に出さず、主催者がしてほしいような行動をとってしまったという面において、「みんな大人」になったのね~という自己満足的な感想が大きかったです。
 
 だってさ、まだ本当に大人になりきれてない私の本音を以下に書いちゃうと、

1)エネゴリ君 の燃料電池 空気を汚さない=co2を出さないというのがウリのようだけれど、結局燃料は都市ガスで、化石燃料をもとにしているという点では、別の問題点がありそうな気も。

  それから、実験としてやったのは、水の電気分解だったのか? その仕組みの説明がぜんぜんないので、さっぱり実験の意味をなさない。 co2が出ない代わりに水が出るというものもまったく実験の中に含まれていないので実感できないぞ。(というか、もし電気分解で走る車だったとしたら、まったく仕組みとして違うものじゃん)

2) NISSAN Y150ドリームフロント 。 これも、どうかと思います。 これでもかこれでもかというようにエコを説かれ、「さて、あなたは地球のために何をするか、ココロの中で決めてそれを決意表明せよ」とまるで、どこかの洗脳セミナーみたい。 ついでにそれを表明するためにはどう見ても膨大なエネルギーをつかって、co2を出しているようで、(実際やるならあの仕組み自体を エコなもので実現するべきだったと思う。) オレさまはエネルギーをガンガン使うけれど、あんたらは co2問題も知らないだろう。教えてやるから少し考えてみろよ。 的な上から目線にも感じられないこともなく、妙に居心地悪かったです。 もう、無理やりにエコなんてくっつけるおためごかしはやめて、好きなこと書かせて飛ばせばよいじゃん。。と私は思います。


はっつ!!!! 総額5000円の元がぜんぜん取れなかった恨みって 私の気づかないところで深いみたい。。(^^;)

 いや、実際クモも 歩いてはいないです。後ろで黒子の機械が持ち上げてるので、歩いているフリしているだけです。写真にも写ってますよね。 でっかいアームが。
 
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2067-b4ab2360

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。