2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
どう間違っているのか?
2009/04/27(Mon)
 悩みは息子のことである。

「いままでの私たちの接し方がまちがっていたんじゃないか?」と思ったりする。 でも、どこがどう間違っていたのか? どうすればよかったのか?。  はっきりとは わからない。

 こういうとき、自分でできる・自分で考え付く最良のことをしているつもりなのだけれど、それが全然効果としてあらわれてない。 どうすればよいのか分からない。  どうでもよいと思えれば全く悩みはなくなる。 でもどうでもよくない。 おもえば何年も何年も同じ事ができていないようにも思う。 結局は膨大な小言は無駄になったということだ。 これだけ続のは、言うだけ無駄かとも思うが、本当は言うだ無駄であっては困るのだ。

 これは、物事に対する姿勢というか、生活にかかわるすべてのことにおいてである。

ここには、比較的良いことだけを書いているから、「突然どうしたの?」と思われる方も多かろうとおもうけれど、現実はこうなのだ。

 完璧でないからこそ「子供」なのだろうか。 きちんと育てなきゃと思っているからこそ、気づくことなのだろうか? たしかに 「どうでもよい」と思っていればアラも気にならない。 たとえ、破天荒なお子さんであったとしても、よそのお子さんのことであり、自分と無関係であれば、「元気がよくていいじゃない」なのかもしれない。 

 とにかく、どうにかしなきゃなあ。 朝から小言を言ったけれど、その結果忘れ物をしていないか?ちゃんと過ごせているか? そっちが心配になってくる。 6年生になっても、これだ。親の心子知らずとはよく言ったもんだ。 

この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2055-75284f7d

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。