2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大人がうるさい
2009/04/08(Wed)
 昨日は新学期第一日目でした。 息子たちの学年は 「お花見」と称して親睦会を兼ねて近所の公園まで行ったのだとか。 桜の木がたくさん植えてあり、池もあり、どちらかというと自然に溶け込んでいるような比較的大きな公園です。

 帰宅してどうだったか尋ねると、
「大人がうるさいねえ」と先生が言ってたよ。と。この先生、率直というか正直というか、私はそういうところが大好きな先生なのです。
「どうしたの?」と聞くと、 木に登ろうとした人がいたのだそうです。 あの公園の木はいろいろな形をして生えているので子どもからみると 登れそうと感じる木も多いのだと思います。 すると犬の散歩で来ていた人が、 「木にのぼると、木の枝が折れるからやめろ」「”器物損害”でうったえるぞ」といってずっと付いて回ったのだそうです。 先生は、「大人がうるさいねえ。この程度だったら、登りたい子はのぼらせてあげればいいのにねえ」とポソッとおっしゃったのだとか。 本当です。 息子は 「おまけに 器物損害ってなんだよだよね。 それを言うなら器物破損とか器物損壊とかだよね。それに公園はあの人のものじゃないから訴えられないよね。」と。

 犬の散歩をしている割には手ぶらだったのだとか。(ま、それはこれには関係ないことですが) 「登るとあぶないよ」ならわかるけれど、「枝が折れる、器物損壊だ」というのであれば、よほど子どものことが嫌いな方なのでしょう。 最近は木のぼりなどをして基本的な体力を養う環境も少ないので、子どもたちの体力もおちてきていると聞いたことがあります。 面倒な世の中です。多少のことだったら自然と触れ合う機会をみとめてあげればいいのにねえ。危険性があるならまだしも。

 まあ、それでも元気に楽しく遊んできたと言う話で、 理不尽な大人との距離の取り方も分かってきているのでしょう。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/2016-fa14b97b

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。