2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
挑まれて成長を思うのよ
2009/02/23(Mon)
 最近の息子は、「そろそろ、母さんを負かせそうだぞ」という気持ちがふつふつとわいてきて、試したくてしょうがないようだ。 兄弟がいたら力試しも子ども同士でできるけれど、うちには兄弟がいないので、「負かせそうな手近な相手=私」ということになっているみたい。すぐに「指相撲しよう」とか「じゃんけんしよう」とか、体力系で挑戦してくるのだけれど、実を言うと 母としては面倒くさい。 というのも、勝とうと思ったら 割と本気を出さないと勝てないから。疲れるもの。

 気分は、じゃれてくる子どもライオンを相手にしていない母ライオンの図。

もう指相撲は必死でやってくる息子には本気でやっても負けてしまう。 そんな折、昨日はpon1がいたので、全身を使って挑んでくる指相撲の息子を 「ひじは固定」とジャッジとして入ってくれた。 肘が固定されると、まだ私にも勝ち目があるみたい。 指相撲で思ったように勝てなかった息子は 「今度は腕相撲!」と私に挑む挑む。 「一生懸命やると次の日手が痛いかもしれないからいやだ」と言っているのに、やろうやろうとうるさい事。 pon1が「お母さんは、腕相撲は強いよ」と火に油をそそぐようなことをいうから (この火は私の火。)ほとんど消えかけていたのにガソリンがかかっちゃって一気に 「んじゃ、一発強いところを見せてやろうじゃないかい。まだまだ息子にはまけないぞ~~~~!」と鼻息が荒くなってしまった。

 ゲーム開始。 フッフッフ。まだまだ息子が勝つにはもう少し時間が必要なのさ。(腕相撲にはコツがあるしね (^^)

 負けた息子は、「まだ手の甲がついてない」とかなんとか言っていたけれどね。 まあ、私が負けてしまう日も近いでしょう。 それ以前に 私に戦いを挑んでくること自体がなくなる日も間近だろうな。

 近い日に 母のことなんて見ても見ぬふりで話もろくにしないような反抗期になるんだろうな。なんておもいつつ過ごしている。 回りの人たちの話では、「うちの子だけは、ずっとかわいいままだとおもっていたのに、中学に入ったら話もしないのよ」なんていう事が多いもの。それも成長の過程だから。

 息子の場合、まだまだ母親がすることを喜んでくれているので、母としてはとてもうれしい。
PICT2027.jpg
 先日、ハンカチの整理をしたら息子のハンカチにろくなのがないのに気付いたため、思いついてタオルハンカチに刺繍してみた。 男の子の持ち物だから あまりかわいいものではなくて、中学校まで使ってもおかしくないものが良いと思った結果がこれ。 何の変哲もないものにした。
図案は サジューから。

 もう一枚は、イニシャルの二つのアルファベットを組み合わせたものにした。 こちらは、DMCのフリーチャートから。

 そうしたら、息子、鳥を刺繍してほしいという。 トリかあ~。一生懸命さがして、サジューの図案の中から、ひとつ探して刺繍してみた。
PICT2029.jpg

全部で3枚。 すると、大喜びで、それから毎日毎日そのハンカチばかりを洗い替えにぐるぐる回して持って学校に通っている息子。(手触りがやわらかいということもあるのだろうけれど)
ありがたいなあと思う。 親には、子供のためにやったことを喜んでもらえることが一番の喜びだから。

 息子ありがとうね。

この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/1947-b3d72b51

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。