2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
全部読んでから取り掛かれ!
2009/02/20(Fri)
 夕べは久々にパスタが食べたくなりました。息子も「スパゲティー」というので、それじゃスパゲティでも作るか! と、今あるものを思い出してみると、 ひき肉 ok タマネギok トマトホール缶ok,じゃ、ミートソースが作れる! 最初はネットでレシピを探そうかとおもっていたけれど、ふと思い出しました。

 そういえば、一時イタリア料理を作ろうと 本を何冊か買ったのでした。
最初に見た本は、これです

アクアパッツァ・日高良実シェフの日本の食材でイタリアン―四季の素材で作るイタリアン・トキオネーゼ(東京風) (別冊家庭画報)
アクアパッツァ・日高良実シェフの日本の食材でイタリアン―四季の素材で作るイタリアン・トキオネーゼ(東京風) (別冊家庭画報)
世界文化社 2000-03
売り上げランキング : 458898


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ところが、これには、ミートソースが載っていませんでした。

次に見たのがこの本、

パスタとピッツァ―気軽にイタリア料理
パスタとピッツァ―気軽にイタリア料理吉川 敏明

柴田書店 1995-02
売り上げランキング : 303078

おすすめ平均 star
starともかくおいしい。
star基本が学べます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 これにミートソースが載っていました。 ニンジンもあるし、セロリもニンニクも粉チーズもありますから ほぼ材料はok 今ワインとローリエを切らしているので多少不足はあるけれど、どうにかなるでしょ!(ローリエって一度買ってもあまり使わないので 大量に捨てるはめになってしまったため、最近買っていなかった)

 で、これでつくりはじめました。 他のレシピとまったく手順が違うのですが、みじん切りをフードプロセッサでやったら楽勝楽勝! と。 まずはひき肉を炒めるところで他のレシピよりもぐんと時間がかかりましたが、並行で準備するからね! 野菜のみじん切りに火を通すことになり、「え~っと、これで後は煮込むんだよね」と、レシピに書いてあった時間を見てびっくり。

 中火で1時間30分ほど煮込む


え!? イチジカンサンジュップン!!!
 
 あせりました。というのも、とりかかりが遅かったので チャッチャと作りたかったのに。
日頃息子には 「全部読んでから」と言っているのに、私がこんなことじゃね。反省です。だって、ここまでひき肉を時間かけて炒めていたりした(これがたぶんポイントだと思います)もんだから、すでにかなり時間使ってます。

結局夕飯時間はぐーんと遅くなってしまいました。

でも、お味はよかったです。今まで他レシピでミートソースを作ったことがありますが、それらと比べてこれが一番レストランで食べる味に近かったです。 今回、トマト缶が宅配野菜で注文した国産トマト100%というものでほとんど熟れていないトマトが材料のものだったので多少淡泊な味にできあがりましたが、次回はイタリア料理で使われている細長い種類の完熟っぽいものの缶で作りたいです。

テレビコマーシャルで、イタリア料理が出て 「スローフード」という言葉を耳にしたことがあります。 イタリア料理ってチャッチャとできるというイメージ(<なぜか私にはそういうイメージがある)があったけれど、結構本格的に作ると時間がかかるんだなあ。 だからスローフードなのかな? なんてしみじみおもいました。

が!

wikipedia で調べてみると、スローフード ってファストフードの対極じゃないそうです。

そうだったんだ~~。

ま、とにかく 今度はまたこのレシピで作ってみようと思いました。

ちなみにもう1冊イタリア料理の本を持っていました。
イタリア料理が好き。
イタリア料理が好き。加藤 美由紀

文化出版局 1993-10
売り上げランキング : 274898

おすすめ平均 star
starお家でイタリア料理のコースを

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 こちらは今回使いませんでした。



この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コメント
- No title -
1時間30分煮込んだミートソース。おいしそうですね~。
 火を通すだけなら10分でOKって思っちゃうけど、美味しさの秘訣は時間を掛けるところにあるのでしょうか。

 うちは皆パスタが好きなんだけど、日曜のお昼に缶詰ソースでちゃっちゃと食べさせちゃうことがほとんどです。私も手作りソースに挑戦したくなりました。
2009/02/20 09:06  | URL | 獏 #-[ 編集] ▲ top
- No title -
獏さんこんにちは。 このレシピはおいしかったですよー。今、検索してみたら、http://allabout.co.jp/gourmet/cookingmen/closeup/CU20020530rcp5/ レシピは、これが一番近い感じです。

 息子はチーズが苦手なんです。特にパルメザンは「うえっつ!」っというんですが、このソースにパルメザンを混ぜ込むとコクが出て あ、外で食べるとこんな味! こうやって作ってるんだ!! と思いました。 息子はチーズが入っていると気づかず、もくもくと食べ、今朝も「スパゲティ!」 というので朝からパスタでした。(^^;) 

 お肉を炒めるところは上のレシピ写真以上にポロポロ&カリカリっぽくなるまで炒めます。
2009/02/20 09:15  | URL | pon2 #nLnvUwLc[ 編集] ▲ top
- No title -
早速レシピを見てきました。ホントに手間と時間がかかるんですね~~。美味しいものを頂くにはやはりそれなりの努力が必要ってことかしら。
 レシピを印刷したので、さり気なく夫の前においておこうかと思います。男の休日料理にはぴったりですよね。
2009/02/20 17:03  | URL | 獏 #-[ 編集] ▲ top
- No title -
男の休日料理! をを! 作ってもらえたらたしかにうれしいです。

 時間はかかるけれど、やってみると簡単でっせ。なんといっても細かいみじん切りは全部フードプロセッサーに入れて「ガー」ですから。私の場合。(^^;) 一番面倒なところが終わっちゃったら後は時間がかかるだけです。 たしかに男の料理っぽいかも。
2009/02/21 07:23  | URL | pon2 #nLnvUwLc[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/1944-756efc6b

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。