2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
枕を食べた
2009/01/27(Tue)
 今朝起きた息子が、「お母さんが枕を食べた夢を見た」だそうで、 なんでも食べるねえ。私。

昨日はデスクワークに徹しようとおもったのに、適当なデスクワークが見つからなかったので、少し息子の部屋を片付け、家具の隙間をテキトーに掃除機で吸ったりしてお茶を濁した。 デスクワークはそろそろ今年の家計簿つけがあるけれどまだ1月が終わってないものなあ。 (今年は1か月に1回どどんとまとめてつけることにした。)

 そういえば、日曜にはブックオフにも寄った。 息子によさそうな本をまず物色したらほとんど100円になっていたので、喜び勇んでたくさん籠に入れ、その後文庫本が250円セールになっていたので、pon1と一緒に今度は厳選して(結局大量買いになってしまうので)籠に入れして、ずっしりと本を持ち帰ってきた。全部で20冊は買ったと思う。
 ちょっとまて! 我が家は家にある本を処分せねばならない状況なのに、なぜ増やす?>私。

昨日私のパソコンの横にやってきた息子が隣に置いてあった未読の本の題名を読み、「おかあさんこの本面白い?」と聞くので ああ、これはお父さんは読んだけれどお母さんはマダ読んでないからわからない。 というと、「おかあさん、まず家にある本を読んでから買ったほうがよいよ」と至極もっともな忠告をされてしまった。 そうですね。ごもっとも。

 息子のゲームを買うときには「まず家にあるゲームを全部やってから買いなさい」なんていうのに、私はぜんぜんそれができてないものなあ。 今家では本を買う係が私になっているっぽいので、「これは息子が読みそう。」「これは先々息子がよみそう」「これはpon1が読みそう」「これは私がよみたい」と思いながら購入するので、買いすぎてしまうのかもしれないと思ってみたが、よく考えてみたら手芸用品などはまったくまだ手がついていないにもかかわらず、どうしても欲しくなってしまうことも多いから、問題はやっぱり物欲のようだ。 「理性を持つ」を意識して買い物に行こう。

 手芸といえば刺繍のこと、やりかけのバッグはすっかり煮詰まってしまったので、家にある布と刺繍糸のあまりでウオールポケットを作ろうと画策中。  しかし、こちらも本の図案がまるで私に挑戦するかのような細かさで、5ミリに9目入っているという枡目で印刷されていて、じっと見ていると、目がくらくらチカチカしてしまうし、目数を数えようと針の先でポイントしながら数えても、そのうちにずれて見える(乱視だからねえ)。かといってメガネをかけるとそんな小さいのは見えにくい。(しっかり老眼になりつつあるようで) と、前途多難。 おまけに刺繍しようと思った麻の布は刺繍用ではないので、目が細かすぎて、刺繍用の抜きキャンパスを利用してやっているのだけれど、こちらもかなりの細かさで、
一目あたり1ミリ。  (苦しんでます。)

PICT2024.jpg

 これが表だけできたバッグ。 あちこち間違ってしまったので、図案はオリジナルになってしまっている。 持ち手のところがどうも気に入らないのも刺繍がすすまない理由かも。 なんでとも布じゃないんだろう。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/1884-735d0597

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。