2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
こぎん刺しバッグ(たまった手芸を消化中)
2009/01/13(Tue)
Image003~00

先日作り終えたこぎん刺しのバッグです。 フェリシモのキットで作りました。白い下半分の部分が 糸で刺して作った模様部分です。 
本当は、白い部分は片面しかないデザインなのですが、私は両面あった方が好きなので、糸を全部使って裏表を刺しました。(失敗したときをみこんででしょうか。糸は多めについています)

 先日も作りかけで放置していた手芸品のことを書いたように、この袋は刺繍部分が終わった時点で放置してあったものです。 この袋はいったん仕立てかけて止めていました。
なぜでしょう? その理由は本人である私もわすれていました。が、作っているとやっぱり思い出しますねえ。

 それは、うっかりして、中表で縫うところを外表で縫ってしまって 嫌になったという経緯です。間違った縫いをほどいて中表で縫い直し、さて、裏をつけようとして、もう一度愕然としました。 そうでした。もう一つ挫折の原因があったのです。 袋を作るときに私は少しでもサイズが大きいものを作りたくて(文庫本サイズの小さな袋です。)仕立て上がり図よりも大きめに作ったのに、裏地をカットするときに寸法通りにカットしてしまったのでした。それじゃ小さすぎです。 だから、頓挫したという経緯でした。

 結局、息子の教材用の布のあまりをもらって裏を作りなおしてどうにか完成。

 この袋がつくりかけのまま放置されていた理由は上の二つだったんです。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/1852-c7c4df57

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。