2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
丁寧ブームで筆ペンを見なおす。
2009/01/06(Tue)
 今年の目標は丁寧です。<すでにミミタコですね。

ここのところ、字がどんどん汚くなってきていて、「なんでだろう?」と自分でも思っていたのです。一昨年くらいに、鉛筆習字の本(えんぴつで書く徒然草)
えんぴつで徒然草
えんぴつで徒然草大迫 閑歩

ポプラ社 2006-08-31
売り上げランキング : 21058

おすすめ平均 star
starけっこう良いです。
star本の中味も良いですが、「鉛筆効果」に脱帽しました!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

を買って少し書いてみたところ、書く気で書けば自分なりにはきれいに書けるんですよ。 ということで、どこに問題があるか? 昨年末に考えてみました。
  その結果「文字のキモは、書き終わりにあり。」と感じました。 書き始めはそれなりに気をつけますが、書き終わりまでその気持ちを継続させることにより、比較的丁寧な文字になるように思いました。 

=====
そういえば、書く気で書けばきれいに書けると思った時点で上の練習も頓挫していました。今年の丁寧マイブームでこれも全部やり通したほうが良いかもねえ。
=====



 今後、文字を書くときには 書き終わりに注意して見ようと思いました。 さて、年賀状を書いていて気がついたこと。 前からそうだったのですが、私はボールペンで字を書くのが苦手です。 ボールペンで書くと余計に字が汚くなってしまうのです。 昨日万年筆タイプのペンを探したのもそういう理由でだったのですが、万年筆タイプのペンはブームが去っているようで、あまり置いてある店がありませんでした。 息子の実験教室最寄のなじみのない駅近辺だったので、店も探せなかったことも原因の一つにあるかもしれません。

 とりあえず、唯一発見した万年筆は、
パイロット Petit 1 これを購入して帰りました。
ところが、私の好みよりも線が太かった。ショックです。

今まで使っていたものは、E-pen というもので、ネット検索すると ダイソーで100円で売られていたようです。私のは 軸に200と書いてあるので、当時200円で買ったものだと思います。

書き終わりが重要ということならば、もしや硬め&細めの筆ペンがイケルんじゃないか?と試しに購入してみたのが、
筆ぺん 筆ごこち 極細
筆ぺん 筆ごこち 極細
呉竹
売り上げランキング : 16344


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 これ、予想以上にいい感じでした。 

帰宅してから、ネットで見つけた万年筆タイプのペンは、プレピー万年筆。
プラチナ萬年筆 万年筆 プレピー【ブラック】 PPQ-200 1-2
プラチナ萬年筆 万年筆 プレピー【ブラック】 PPQ-200 1-2
プラチナ萬年筆
売り上げランキング : 15852


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 これはどうなんだろう。 細い線が書けるんだったら、価格的にもgoodなんだけれど。現物で書き味を試してみないと何とも言えないです。

 他にも インクバーという商品もあるみたいです。

とりあえず、当面は上で書いた筆ペンを使用することにしましょう。 唯一欠点といえば、手が汚れることでしょうか。キャップをあけてから、墨が軸についていないか確かめてから書くという手間がいま一つだと感じています。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/1835-23a04d64

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。