2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不仲の噂?
2008/12/09(Tue)
 日曜日の地域のお祭りには、まずpon1が早めに手伝いに出かけ、その後息子も待ち切れずに出かけという感じだった。
 私はといえば、今一つのノリだった。 やっぱり近所づきあいというのは気を使うことも多いので今の気分からしてもちょっと面倒な感じもしたので、割とぐずぐずしていた。いつもなら、「手伝わないといけない」という気分主体で出かけるのだけれど、今回は我が家代表としてpon1もみっちりと手伝っているわけだし、なにも私までもが手伝う必要はないと思ったりもした。
 最近思うのは、こういうときに夫婦もろてをあげて2人で一生懸命やってはダメだということ。 なぜかというと、「手伝わないとなりたたない。」「手伝わないと悪い」という気持ちで夫婦2人とも出ているということが想像できない人に 「あの人たちは根っから好きでやっている」と思われているようなふしがあるからだ。 そうして、「好きな人には思う存分やらせておけばよい」となってしまい、手伝い手がいなくなってしまうことも多いように思うからだ。

 そんなでぐずぐずしているところに、だいたい開始時間を回ったころにpon1が戻ってきた。まだ支度ができていない私を見て、「もう準備は全部終わってしまったから、今からくるくらいだったら、もう少し経ってから来た方が良い」と早口で言う。 行かなくても義理がたち、行くと顰蹙ということになるということで、だったら行かない方がいいな。。と行かない選択をしてしまった。 

 通常、こういう集まりに集う人たちはどういう動機で集まるのだろう。私の場合、「息子が喜ぶから」
が最初に来て、もう一つあげるとすると、「近所付き合いは重要だから」だろうか。 つまり、「行きたいから行く。楽しいから行く」でないところがぐずぐずとした気持ちにつながるのだろうと思う。 そうして、pon1が行くことでもう義理が果たせているのであればオッケーとしたいというか。

 その後、pon1が何度か帰ってきて「○○のおくさんが来てるよ、行かない?」と誘ってくれたけれど、別に聞きたい話があるわけでもないので、  今回はパスしてしまった。

 たぶん、この時点で、pon1は「もう少し経ってから来た方が良い」と言ったことで私がヘソを曲げているかも?と思っていたのかもしれない。 その後、家の電話が鳴って「ああ、携帯をカバンから出すのを忘れてた」と気づいて(カバンから携帯を出すのを忘れると、携帯に着信があったかどうかが分からない。)携帯から電話をしてみても留守電になっているしで ?? ま、いっか。 と家のことをちょこちょことして過ごしていた。

 結局お昼過ぎに終わるはずだったのに、お開きになったのは夕方6時以降で、「これだから、地域の集まりは嫌なんだよなあ。なんで6時間も延びるの?」とpon1に言ったけれど、pon1からしてみると、息子が参加しているのに、手伝わないわけにはいかないし、周りが楽しそうに飲んでいるところを無粋に片付けましょうと片付けたり帰ったりできないじゃないと思った事と思う。 それは私もわかってるんだ。

 さて、帰宅したpon1が言うことには、「(pon家は)本当は奥さんと仲が悪いんでしょう?」と言われたよとのこと。 どうやら私が当日不参加だったことと、電話に出なかったこと(出なかったわけではなくて気付かなかったんだけれど)からの言だったようだが、もう一つ根拠となったのではないかと思うことが前回あった。前回も、長い飲み会になったときに、息子がその場に行って、「お母さんが早く帰ってきてって言っている」と伝えた結果、ものすごい速さで ピューっとpon1が帰ってきたのだ。  実は私は「遅いねえ」とは言っていたが帰れと言っていたわけではなく、どちらかというと一緒に遊んでほしかった息子が 自分の気持ちを織り交ぜてpon1に伝えたことだったのわけだがが、その場にいた人たちはみなそれを見ていたということがあり、 どうやらpon1とpon2は仲が悪いらしいという結論に至ったらしい。

 世のご家庭と比べてどうかは私はわからないけれど、仲は悪いほうではないと思っている。まず、喧嘩らしい喧嘩というのはほとんどしない。話はよくする。 まあ、喧嘩をしないというのは、上で書いたように、「手伝いが終わってしまったので、今来るぐらいだったらもう少し経ってから来た方が良い」と言われても私が激怒したりしないし、地域の集まりがルーズだと私が言って、それに対して、理由があってもとりたててpon1がけんか腰になって私に言ったりしないという関係が成り立っているからだと思う。いや、たしかに、私も「その言い方はないんじゃない?」とは一瞬思ったけれど、「まあ、手伝わなかったのは手伝わなかったのだし。そりゃ食べるときだけ行ったら顰蹙だわなあ。」と思いなおしたというか。 実際、ふたりとも言っていることは事実。 それに裏の意味を感じとって皮肉ととるか事実のみをとるかそのあたりがけんかとの分かれ目ではないかと思う。
 
 今回は、「昼まで」ということは遅くても3時には片付くと踏んでいた私が、その後のスケジュールを頭の中でたてていたので、いつになるとも聞かぬままずるずると日暮れてからpon1が帰宅になってしまったことで、すっかり予定がくるってしまったことについては、ちょっとムッとしていたし、遅くなったことについての私のコメントに対しては、pon1としては異論がたくさんあったろうと思う。けれど、それをpon1が私への非難に向けなかったからこその平和だったのではないかと思う。 あそこで、「息子が参加しているのに手伝わないわけにはいかないだろう。」とか「みなが楽しく語り合っている場なのに、さっさと片付けて帰りましょうとは言えないだろう」ということを気色ばんで言われたらたぶん、喧嘩になっていたかもしれない。 正論だし、私も分かっているだけに、喧嘩になってしまったらその後の展開は分からない。

 まあ、教訓としては、「昼までだから3時には終わるだろう」なんていう甘い時間見積もりはしないようにこころがけ、もしそう踏んでいるのだったら、ひとこと「じゃ、3時頃には終わるよね。その後は○○がしたいから。」とひとことpon1に言っておくようにしようと思っている。

さて、近所での 不仲の噂? だが、そりゃそれでよいような気がする。 夫婦が仲が良いか悪いかなんてよそには関係ないし、世間並が一番よいと思う。だって、この年になって、「うちはオシドリ夫婦よ」とアピールされるような状況は傍からみると気持ち悪いのではないだろうか。 あそこはそこそこ喧嘩もしている夫婦らしい。というのが一番おさまりが良いような気もする。 決して「おしどり夫婦よ」とは思っていないけれどね。

 まめしばによると「おしどりが仲が良いのは巣をつくるまで」だそうだが。。。(注:私は豆しばは好きではありません。)
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/1810-55e66e3d

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。