2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
アメリカ
2008/11/05(Wed)
 私が子供のころには、アメリカは「夢をかなえられる国」だと思っていた。 野球選手が大リーグをめざし、もっと大きく羽ばたきたいと思う人はアメリカを目指すということは、今でもやはり アメリカは 「夢をかなえることができる国」なのだろうと思う。 しかし、いろいろな情報を知るにつれ、私の目の前にアメリカの虚像と実像も見え隠れするようになった。  夢をかなえることができる人の影に、たくさんのかなえられず搾取される人たちの存在があり、 平等な国の中に、根強い人種差別がある。 日本よりもずっと、お金を持つものが持たざる者よりも良い思いをする国アメリカ。

 私の頭の中のアメリカは、子供のころに抱いていた「アメリカ」と 同じようで全く違う存在になっていた。

 テレビをつけると オバマ氏の演説が同時通訳で流れていた。 彼の演説には、「夢をかなえられる国アメリカ」が語られていた。 つい先ほどまでは ”差別のない、平等にチャンスのある”と言われているアメリカは、実際は ”しかし、有色人種は一度も大統領になったことがない国” アメリカ だった。

 そう考えると歴史的な今日が、こんなに私にとって、他人事のように無関心に普通に過ぎていくことは不思議に感じる。 (ま、アメリカの話だしね)しかし、はじめに人類が宇宙に行った日が歴史的な日であっても、今は宇宙に人が行けることは普通のこととなっているように、 数年先には、アメリカで有色人種が大統領になることを誰も不思議に思わない普通の出来事になって欲しいと思う。
 
 オバマ氏勝利は 「黒人でも頑張りさえすれば夢をかなえられる国アメリカ」のイメージを強くし、アメリカ自体のイメージアップに一役買うだろう。 もしかすると、ここ数か月はオバマ氏への期待だけでこの不況も和らぐかもしれない。

 この先どういう風に世の中が動くかは予想もできないけれど、少なくとも マイノリティにとってはこのニュースは朗報であろうと思う。 本当は、誰でも彼でも手に入れることができるものではなく、”とんでもなくスーパーな人だけが夢をかなえられる国アメリカ”であったとしても、 ”とんでもなくスーパーな人であっても、黒人は夢がかなえられない国”でなくなっただけでも一歩前進だと思うのだった。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/1753-882170de

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。