2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
タマネギ病
2008/10/22(Wed)
 夕べはひどかった。 
といっても、別に苦しいとかそういう症状はないのだけれど、一昨日と昨日タマネギを食べすぎたようで、おなかが張ってしまった。 私は、タマネギ(特に、透明になるまで加熱していないもの)を食べすぎると、おなかにガスがたまったり、おなかを壊したりする。 生タマネギはすぐに胸やけするし。 犬・猫はタマネギ厳禁というのは有名な話だけれど、人間ではあまり聞いたことがない。 でも、ネットで検索してみると同じように調子が悪くなる人がいるようで、私もタマネギの消化があまりうまくいかないのだと思う。

 タマネギの味は好きなのだが、たくさん食べてしまうと不都合があるのだ。 アレルギーではないので、重篤な症状になるわけではない。 「ちょっとタマネギを食べすぎたなあ」の反省で終われるからまあ、気は楽だ。



 息子の勉強の方は、日々やっているにも関わらず、夏の講習会で遅れた分を取り戻すどころか どんどん遅れている。 やっぱり秋休み以降調子が出ない様子。 イベント続きなのも災いしていると思う。 疲れるとやっぱり勉強はできないと思うので、一昨日は勉強ナシで一日だらだらと体を休める日にしたにもかかわらず、まだまだ昨日もダラダラとした空気が続いている。最低限やっておかないと自分で自分の首をしめることになっていることに気付いていないんだよなあ。  今日やらなければいけないことを、次の日に延ばしても、結局 「やらなくてよい日」というのはやってこないのになあ。   ということで、昨日はまったく進まなかったため、息子に注意した。

  息子の方としても、一生懸命やろうと思ったが、自分の心を制御できずにダラダラとしてしまったのだと思う。 はなからさぼろうとしていたわけでないことは分かっているのだけれど、本当に目標を持っている子は 「やる気の出ないとき」というのが息子ほどにはないと思う。 つまり、やっぱりどこかで 「だらだらやっていてもどうにかなる」と思っているのだと思う。 また、どうしてもやらなければいけないことがあるときは、それから逃げるのではなくて、少しでも消化できるように自分をコントロールできないとこれから困ると思う。

 そういう状況を見ながら今後どうやってやっていけばいいんだろうなあ。とまたもや悩んでしまった。 目標と必要な努力をどうやったら息子にわからせることができるのか。 受験は親とは違って、「がんばったから、ヨシ」という特別扱いはないことが 頭で分かってないんだろうなあ。
 
 一夜明けて、今朝。 起こしたら、いつもよりもすっきりと起きだしてきた。 準備が終わったらいつもよりも15分も早い。「まだ出るには早いよ。」と声をかけて、 ちょっと試しに ここのところ進んでいなかった計算ドリルをやったらちょうどよいよ。 などと冗談めかして言ってみたところ、予想に反して、機嫌よく「そのくらいだったらできる」と、さっさととりかかった。 面倒なスペシャル問題がはいっていたにも関わらず、ささっと解いて、答え合わせまでして、余裕の表情で、 「明日からこれもいいんじゃない?」なんて言いながら学校に出かけて行った。   息子は息子なりに努力しているんだよな。と、改めて思った。

 これがずっと続けられるとたしかに良いと思う。 継続力が課題なので、ここで継続力を養えればもっと良いと思う。

 今日と明日は出勤しない日なので、どうやれば効率的にすすめられるか、また考えてみたいと思う。 

自分だけが一生懸命になりすぎて、空回りすることがないようにしないとね。
今日は少しだけ ボに出かける予定です。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/1717-89926a6a

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。