2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日本語理解力の衰え
2008/10/13(Mon)
 息子の勉強を見ていると、だんだんわからないことがふえてきてしまいました。

「おかあさーん。この問題。」と呼ばれると 「どれどれ」と問題をのぞきこみ、それで一緒に解くということが多かったのですが、最近は前準備なしだとちょっときついものもふえてきました。

昨日は、問題文で躓いてしまい、 「問題文がすんなり理解できないなんて ヤキがまわりすぎ」。
pen1_62.gif

結局、私がきちんと問題の意味が理解できないうちに、「あ、わかった!」と、息子の方が理解するということになってしまいました。

問題はこれです。

校庭に立って、80m先の校舎に向かって一定の間隔で手をたたきました。たたく間隔をだんだん短くしていき、0.5秒になったとき、たたく音と反射音が同時に聞こえました。音の速さは秒速何mでしょうか。整数で答えなさい。



 人気の渋幕の改問だそうです。 

「一定の間隔」なのに 「間隔をだんだん短く」というのが気になり始めたらこの文の言いたいことが良く分からなくて、状況が想像できなくなってしまいました。  渋幕の過去問は持っていないので、本来の問題だったらすんなりと理解できるのか?ともおもいましたが、表現が変わってないのだとしたら、そうして、私が受験生だったら、この時点でアウトです。 問題を読んで解法がわからないのだったらまだしも、問題文が理解できないなんて 最低じゃないですか。

 息子の方がはやくどういう状況か理解できたようで、多少ほっとしつつも、国語の文章理解修業中の息子ができるのに、なんで私ができないんだろう?とちょっとガックリ。 まあ、息子の方は、その前までに同じタイプの練習問題を何問かといていたから、類題ということで予測がついたのかもしれません。特に、国語の問題ではなく算数や理科の問題の文章表現って微妙で理解しづらいときがたまにあります。

 ふと、先日拝見した記事に載っていた問題のことを思い出しました。(ここも最近ときどき拝見している中学受験のブログです。)
田中貴.net (問題文の理解)

 こちらは、さらりと読んだきり、「図をかかないとダメだな」と思って解いていませんが、何にしても限られた人とだけ話をして、だいたい相手の言うことがツーカーで分かるような生活をしていると日本語力って衰えるのかもしれないなあなんて思いました。

 そう考えてみると、会社でもあまり一緒に仕事をしたことない人に状況を説明するとき、一瞬お互いに緊張がはしります。 そういう環境にどんどん飛び込んで行って、日頃なにも考えずに発している言葉を吟味しながら発するように工夫したり、環境が違う人の話、共通点がない人の話をきちんと理解して聞くという練習をもっとしたほうが良いのかもしれないと思ったりしました。

私だったら、どういう問題にするかな

校庭に立って、80m先の校舎に向かって一定の間隔で手をたたき、その反射音をたしかめる実験を行いました。 たたく間隔をだんだん短くして複数回実験を行ったところ、その間隔が0.5秒になったとき、たたく音と反射音が同時に聞こえました。音の速さは秒速何mでしょうか。整数で答えなさい。

 一回理解できたあとならば、最初に枠の中に入れた文を読んでもなんの問題もなく理解できるんだよなあ。 やっぱりいろいろな文に触れることが必要ですねー。


 
 
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- No title -
こんな問題が解けるなんて、息子くんすごいじゃないですかー
きっとうちは無理そうだわ…ああれ6年生なのにおかしいって(^^;)ゞ
pon2さんの問題のほうがわかりやすくて私的にも娘的にもいいわ~
渋幕の改問ですか…先日の模試会場でした。

2008/10/14 07:52  | URL | leezzz #3rKUGRYk[ 編集] ▲ top
- No title -
いやいや、直前までその類の問題をやっていたのですよ。今日もおぼえているかというと、微妙です。(^^;) 
 渋幕ってうちからはとんでもなく遠いイメージがあります。 以前幕張に出張したときの記憶が良くなかったからかもしれません。
 あの時は海からの風なのか、とにかくひどく寒かったなあ。
2008/10/14 18:58  | URL | pon2 #nLnvUwLc[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/1698-932aba03

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。