2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
黒米と鉄釜
2008/09/28(Sun)
 先日久々に黒米を炊いた。 すると釜と接する部分のコメの色が違う! 紫色というよりも、青みが強いというか、グレーに近いというか。  「あら~~~~~」hatena1_10.gif

と一瞬思ってから、 そういえば! ナスのつけものの色をよくするために古釘を入れるというのがあったよね! と思いだした。 ナスの色素はナスニンというアントシアニンじゃなかったっけ?

 と、検索してみたら、

ナスの皮の色素

ナスの皮が紫色をしているのはアントシアニン色素によるもので、その主要なものはナス特有の「ナスニン」と呼ばれる成分です。



 ありましたね。目に良いといわれてよくコマーシャルにも出ている色素です。

黒米の色素は? と調べてみると

やっぱり、アントシアニン。

玄米の色が黒色で果皮・種皮の部分に紫黒色系色素(アントシアン系)を含んだコメです。



では、アントシアニン(wikipedia)と鉄との関係は?


アルミニウム、マグネシウム、鉄などの金属とキレート錯体をつくり色調を変えることもある。




なるほどなるほど~。

で、今回発見したのは、アジサイの色について。
アジサイの色は、アジサイの花に含まれるアントシアニンとアルミニウムの結合によって変わってくるのだそうです。

 へえ~。
pen1_45.gif

この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/1660-b5017e08

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。