2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
江戸東京博物館へ
2008/08/13(Wed)
 わすれちゃいそうなので、こちらから書いておこう。

息子の友達と、そのお母さんと一緒に先日江戸東京博物館へ行ってきました。ここへは息子は何回か行ったことがあるのですが、友達はまだ一度もいったことがないのだとか。


powered by 地図Z


写真は肝心の江戸東京博物館が入ってないですね。地図部分にマウスカーソルをもっていって画面を右に動かしてみてください1が江戸東京博物館。2が浅草橋、3が国技館です。

 本当は「発掘された日本展」が目当てだったのですが、有料の企画展は 特別展「北京故宮 書の名宝展」だそうで、北京オリンピックだからかしら? 書はちょっと子どもと見るには渋すぎるのではないかと思い、「どうする?」とママ友に聞くと 「どっちでもいいわよ。」と見たいようでもあったので、こちらもみることにしました。

 先に本館をみようとしたら、受付前で止められて「企画展の方が混むのでそっちから見てください」とのこと。 言われるままに書の名宝を見に行きました。 たしかに、きれいな字だったり好きな字があったりしたけれど、 やっぱり渋い。渋すぎる。

 息子たちはチョウチョのようにあちこち会場内をとびまわっては、おもうがままに書を鑑賞?していました。
 
 素人の私から見て親しみやすい発見もありました。書の名宝と言われる書でも、なが~い巻物状のものに書いたものの中には、 最初はきちんと楷書体のような文字で書いているものも後半に行くにしたがってどんどん崩した文字になっていくというものもあり、 「そうそう。私も長い文章を書いていると、前半の字と後半の字が違ってきちゃうのよね。」などと思いながら見ました。 私の字の場合は汚くなってしまうのですが。。。(^^;)

さて、おまちかね江戸東京博物館。 こちらは子供連れ向きだと思います。広いスペースで子供が楽しめるように作ってあります。息子と友達は 纏をもってみたり、千両箱を抱えてみたりといろいろと体験して回りました。 息子は前にももったことがあるけれど、やっぱり友達と一緒の方が面白そう。

 帰りに足が棒になったのですが、浅草橋によるかどうか聞いたところ、行ってみるとのことで、浅草橋へ。例のお店で花火を買って、ビーズのお店や袋もののお店などもまわって帰宅しました。

今年初お目見えの花火は 「メロンの香」だそうで、どんなメロンの香の花火なんでしょう。楽しみです。
この記事のURL | イベント・遊び | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/1585-a1b5851a

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。