2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
それって、息子が悪いのか?
2008/07/23(Wed)
 ちょっと納得いかないことが。。(^^;)

息子からきくと ことあるごとにちょっかい出してくる子がクラスにいるらしいのだが、それについて詳細は家では聞くことがなかった。 今日、面談に行って先生からの言葉は 「喧嘩になることがあります」とのことで、どういうことですか? と詳細をお聞きしたところ、 つい最近では、息子のはさみがなくなり、結局その子が持っていたのだそうだ。

 帰宅後息子に詳細を尋ねると、息子のはさみがなくなり、あちこち探したけれどないため担任にそのように言ったところ、相手の子が 息子のはさみを持っていたとのこと。 ハサミにはシールの名前を貼っていたのだがそれがなく名無しのはさみであったこと。 そうしてその子は 「家から布を切るために持ってきた」と言い張って、ゆずらなかったのだそうだ。 でも、その子のはさみは工作用のはさみと、裁縫箱のはさみは別にあり、計3本のはさみを持っていたのだそうだ。 また、息子のはさみには前の学年のときについてしまったクレヨンのあとがあり、息子はそのはさみが自分のものであることを確信していたし、先生も たぶんこのハサミは息子のハサミだと認識したようで、そのはさみが返ってきたという話だった。

 息子はたしかにぼーっとしているところがあるので、まあ、悪意に解釈すると相手の子は息子がハサミを忘れたという状況を作りだしたくてやったのではないかと思ったりもすることができると思う。

 で、そのはさみについて、喧嘩になったのだそうだけれど、それって。。。本当にうちの子が悪いのかな? 

 先生の言では、相手の子と息子はお互いに社会が得意(!?)で、それぞれに色々調べて知識を持っているのでぶつかると言われたのだが、社会が得意とは初耳(^^;)ゞ ハッキリ言って社会は模試の平均点を下げている教科であり、息子も苦手だと認識している教科だ。 

 「先生が息子のことを社会が得意だって言ってたよ」というと、「ああ、あれね。」と息子。 テレビでサンマ漁の詳細を見たことがあり、授業でサンマ漁について知っている人がいるかと尋ねられたときに発表したのだそうだ。その時にサンマ漁のことで詳しく知っている人がいなかったのだそう。
 「もしかしたら、自信がある教科で答えられないことがあったから悔しかったのかな?」と息子。
だって、サンマ漁なんてたぶん塾でも習わないし、入試にもあまり出ないでしょう。だからトリビアというかオタッキー(死語?)な知識だと思う。だからそんなことで悔しがって相手に仕返ししてもしょうがないと私は思うんだけれどね。

 息子の話だと、その子は息子以外の子ともよくトラブルを起こしていて、先日も「塾のストレスや疲れを学校で発散してもらったら迷惑だ。」と先生に叱られていたのだとか。

 それを聞けば聞くほど、本当に息子が悪いのかな? と思う。 席が遠ければ回避も可能だけれど、席も近いのでちょっかいを出されるのもしょうがない。 なんで息子だけ喧嘩になる?と不思議ではあるのだけれど、こればっかりは、絡まれる回数とケンカになる回数を知らないのでわからない。 他の子はどうやってトラブルを避けているのだろう。(いや、他の子ともトラブルを起こすということだから息子だけのことじゃないんじゃないか? でも面談で話題になるのであれば、頻度が高いということなのか?

これも息子から聞いた話だが、教室の外を歩いているとその子が同じクラスのほかの子とトラブルになっているところが聞こえたことがあるのだそうだ。相手が「お前には何回も嫌な思いをさせられた。だから謝ってもらっても許せない。お前のことは嫌いだ」と言われていたのだそうだ。

 ハサミで思い出した。昨年のことだが、 バトル鉛筆というのが流行った時期がある。その時息子のバトル鉛筆がなくなってしまった。 最初に出てきたのは 名前が書いてある鉛筆だった。 その鉛筆は今回ハサミをとった子が持っていて 「拾った」ということで他の子と遊んでいたら 遊び相手の子が名前に気づいて持ってきてくれたのだそうだ。 もう一本はもう少しあとから発見された。 息子の仲の良い友達が、これは息子のではないかと持ってきてくれた。 その鉛筆は 名前の部分が消してあった。 そうして、その鉛筆の交換の相手をたどってみると、今回のはさみの子にゆきついたということがある。 あのときも、もしかしたら その子だったんじゃないか?なんて私は思うのだけれど、どづだろう。 

 世の中、からまれないように生きてくのは大人の知恵だけれど、それは盛り場を避けたり、見るからに危険そうな人には近づかないように自分でその人のテリトリーを避けることで実現出来ている部分も大きいと思う。  でも、学校のように、座席が決まっていたら逃れようがないんじゃないかと私は思ったりもするのだけれどな。


 息子は、あまりそういうことを人に言わないので、今回のことも私に少ししかこぼしていなかったのだが、クラスでそれを見ていた人たちがたくさんいたからだろうか。 先日から2回も別の友達から 「○○は要注意らしいよ。気をつけたほうがいいよ」とコメントがあったのだそうだ。 聞いてみると、自分のはさみのことだったとのこと。 聞いた話では、前のクラスでも、人のものをとったことがあるそうで、これも噂だからなんともいえないけれど、そういうことを聞けば聞くほど、息子は悪くないんじゃないだろうか?と思ってしまうのだった。
どうしよう
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/1559-d871582d

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。