2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
学校選び
2008/06/18(Wed)
 身の回りでは、中学受験の志望校選びが活発になってきました。 大手の塾では、人気の学校と提携して、平日に保護者対象の学校説明会が行われているようです。 私の身の回りでも、毎週のように学校説明会に出かけているお母さんがいらっしゃいます。 (中学校の学校説明会のことは知っていましたが、うちは塾に行っていないので、塾が主催の学校説明会があるというのは知りませんでした。)

 息子は、偏差値と学校までの距離を考慮して志望校を決めようと思っています。(というのは当然だれしも考えることでしょうが)。もともと自宅で勉強して受けようとしているのだから、よく勝手がわからないし。 うちの近所の学校は、軒並みここのところ偏差値が上昇傾向にありまして、私からみると、「なんで偏差値が上がってくるのよ~」と困ってしまいます。 下がるのも嫌かもしれないけれど、上がるのもねえ。 「このあたりで80%合格」というような偏差値が、大手でいくつか公表されているので、それを目安にしているものだですから。 しかし、80%合格ということは20%は落ちるということなので、できればラクラク受験したいものだし。偏差値としては 80%合格台よりもラクラク上であればなあと思うのですが、なかなかそうもいきません・・・。 という経験を 先週から今週にかけてしました。
 とにかく、これからいくつかの学校の文化祭や説明会に出て、決めていきたいと考えています。
(すでに1校:ここは行かない 行けないと思うけれど、運動会へ行ってきました。ところが、かなり良いと思っていた学校だったのに、そこで垣間見た生徒たちの様子に落胆が激しくて、ずっと心に引っ掛かっています。 この話は別の機会に気が向いたら書きます。)

 という状況の折り、先日も書きましたが、息子はテストを受けに行きました。ところが、今回はスランプ?だったのか いろいろなミスが目立ちました。  そうして今回少し詰まった日程でテストを受ける練習をしてみようと1週間違いでもう一件テストを受けに行ったのですが、これがまた。。。(--;)

 振り返ってみると、最初のテストは基礎の問題が多かったので、親から見ると今の息子の実力からすると楽勝だったと思っていたのですが、意外なところで抜けていた部分があったことを発見。 受験勉強も4年の9月から始めたので、それ以前の部分で抜けたようです。 抜けていたこと自体はショックでしたが、簡単なことなので復習すれば理解もすぐにできたようです。 まあ、今の時点で分かってよかったと考えることにしました。 

 もうひとつのテスト、こちらは1週間あとにありました。「こっちは今まで受けたテストと同じようだから大丈夫だろう」と軽い気持ちでいたのですが、なんとなく教室から出てきた息子の様子が現実逃避っぽい明るさ。 うーん。怪しい。 持って帰った答案を見てみると、あららのら~。 (    万)とついた回答欄に 万を無視して数字を書き込んだり、最初のころにやっていたオッチョコミス連発。 ものすごく焦っていたみたい。 「なんで?日頃やっている問題からすると簡単じゃない?」と私としてはここでもガックリくることに。 なんでこんなに焦ったのかを二人で見なおしてみました。 まあ、もちろん、2つの塾のテストを会場に行って毎週連続で受けたわけですから、それの影響もあるでしょう。 それについては「やっぱりつづけてというのはきつかった」と息子も言っていましたし、前のテストの結果を引きずったというのがあると思います。 挽回しようという気持ちが受ける前にひしひしと感じられていましたから。 でも、受験本番は1週間差よりも連日別の場所で受験するのですから、前の結果を引きずるわけにはいきません。これはこれで練習としてよかったのではないかと思いました。
  もうひとつこの結果から予測できる原因がありました。数か月前学校で一斉実力テストがあったのです。 日頃の学校のテストからすると難しかったらしいのですが、受験勉強をしている子には簡単な問題だったらしく、息子も余裕で時間が余っていたのだそうです。その時、試験監督の先生が 「あと5分」 と言ってしばらくして、つい、息子は最後に国語の短文を作る問題を、よりよい文に書きなおそうと思い、文を消したところで 「あと30秒」と言われ、結局書いたものを復元できずに提出になってしまったという苦い経験がありました。 それで、時間が気になるようになり、今回もものすごく焦ったということもあったみたい。
 息子の場合上でも書いたように緊張したり、あせるとオッチョコミスが出てきます。 塾のテストには癖があるようで、たとえば漢字の送り仮名についても、 送り仮名を含めて書かせる塾と 送り仮名を含まずに漢字のみを書かせる塾があります。 そういうとき、冷静に問題を見ていれば きちんと送り仮名をつけたり外したりできるのですが、息子の場合、つい日頃の癖で 送り仮名をつけて解答してしまい、×になった問題もありました。 こういうミスは1つの塾のテストだけではなかなか判明しにくいものではないかと思います。

 ということで、ガックリし通しの今回でしたが、それなりに弱点を見つけることができたということとして、先につなげていこうと思ったのでした。

ase1_78.gif
 
 
 
 
この記事のURL | 教育 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 道は遠かれども -
こんばんは。

受験にはそれぞれのご家庭なりのかかわり方があって然るべきと思います。

うちの長男も4年生の時には通信教育で勉強をしていました。しかし彼の父母(僕と嫁さんですね)の頭脳では学年が進むにつれ難易度の上がる勉強についていけないと考え、また机を並べる仲間や疑問にすぐ答えてくれる生身の先生がいる方がよかろう、と思って5年から通塾しています。

もちろん、通塾で失ったものもあるでしょう。6年の今は週に5日通塾、しかも土日ありですから心ある親御さんからは『児童虐待』くらいに言われるかもしれません。中学受験などに無縁の子供時代を過ごした僕も、正直そう思います。

しかし、熟考の末に通塾を選んだのはやはり『半端に取り組んで結果が伴わない』となる事を恐れての事です。合格・不合格と言う結果を伴うものだからこそ、『駄目でもともと、受かれば儲けもん』と言う考えではまずいだろうな、と考えた次第です。

是非の議論は他に譲るとして、いわゆる進学塾に通う小学生はそんな暮らしをしています。pon家はそこに自宅学習で挑戦する訳ですから、並々ならぬ思いを感じます。

ぜひ、ご子息をいい結果に導いてください。
2008/06/20 00:52  | URL | 2000系 #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
-  -
2000系さん。どうもー。 ありがとうございます。
塾に通わず受験するということは、「普通ゃない」なあと思います。それに、私にしてみても未知のことばかり、情報がないことばかりで、不安はやっぱり大きいです。でもまあ、息子にとってはこういう勉強方法の方が合っていると思うこともあります。 しかし、やっぱり通塾しているお子さんに比べると本気度が足りませんねー。これが今後大きな差になってくるのではないかと少し心配しているところです。
 
 実際、目指すところはあまり上を目指していません。なにもしなくても勉強できるくらいのお子さんだったら話は違うかもしれませんが、そんな上を家庭学習で狙うことは息子と私ではムリです。

 先日来色々思っていることがあって、(運動会を見学しての話)コメントには書ききれません。その辺交えて記事に書いてみます。(^^)
2008/06/20 08:42  | URL | pon2 #EBUSheBA[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/1504-5b69af14

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。