2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
学校公開日
2008/06/13(Fri)
 最近カテゴリがほとんど日記なのに気づく。 で、今日は子どもにしてみた。 意味ねぇー。
今日は学校公開日。昨日、出勤だったので、とりあえず今日行くことにして息子にインタビュー。「どの授業を見てほしいの?」と。  「特になし」だそうで、 「体育は面倒なのでパスだなあ」というと、「体育はやめて~。マット運動で苦手だから~。」とのこと。 まあ、適当な時間に見に行くよと返事をした。
 気が向いた時間に行こうと思って。

 本当は先週水曜日に持っていくつもりだったボ関係の書類を今朝になって編集した。水曜日歯医者だったので持っていけなかったのだ。本当ならば水曜にやっておくつもりが今日までのびのびにしていた。 2年前に作ったものを毎年流用していたもので、そのころからwordの表があまり好きでないためexcelで作成したものだ。 
 excelの使いづらいところは、印刷プレビューと 作成しているときの見た目のギャップにあると思う。
表は作りやすいけれど、印刷物にしたときに一発で体裁よく整わない。 で、根っからそのあたり、「書くべきことがきちんと書かれていれば 余白などはどうでもよいじゃないか?」というような私のいい加減な性格をつぶさに表す体裁になっていたのだが、 今度転任していらした教頭先生(今年も教頭先生が変わってしまったのだ)は、そのあたりがきっちりとした方のようで、 「内容的にはこれでよいんじゃないですか?」と添削されて帰ってきたものを見ると 表を下げて余白を均等にするように赤が入っていた。  (ああ、スミマセン。私ってそういうテキトーなところだらけだからなあ)。

 話はそこで今朝に戻る。 そんな理由で 体裁を作りなおすことになった書類。 ところが、いったんこれでよいと思ったものを作りなおすのが、私はとても嫌いなようだ。 ほとんど頑固者。 ということで、面倒で後回しになっていたのだが、「まあ、見た目を整えるのが本当だよね。」と自分を説得して、 するりとexcelを捨てて wordで書きなおすことにした。(表の部分はそのまま貼り付ければよいわけだし)。
 で、編集完了。 やりゃ簡単なんだけれどねえ。

 先方から届いた書類を念のため読みなおしてみると、今まで気付かなかった仕事がそこに記載されていた。 今まで、学校からそこまでやるように言われてなかったし、学校主導でやっていただいていたことだけれど、本来は私に割り振られた仕事だったのか。。と思い、 どちらにしろ、今年は担当の先生も代わられてその作業もうまく回っていないので、何かの助けになればと思い、 配布用のプリント(案)を作成。 いい加減な性格とはいえ、一応配布する文を作ることになるとロバミミを書くよりもずっと読み直したり、文を練ったりするわけで、多少時間がかかってしまった。 とりあえず案を印刷して学校へ。 先生にお渡した。

 学校では、クラスもちょっと見てきた。 「わ!今年はクラスが落ち着いている!」というのが、まずの印象。 上級生の授業態度になっている。 こんなにちゃんとした授業になっているのは息子のクラスでは初めてかもしれないぞ。 息子も、そこそこまじめに授業に取り組んでいるようで、ホッとした。
 
 帰宅して家のことをしているとものすごい眠気。久々にうとうとしてしまった。乾いた風が気持ちよくて。zzz1_06.gif



うとうとしていると、ピンポーンと息子帰宅。 ランドセルを置くや否や「今日、山田んちに行っても良い?(名前は仮名) 班のみんなを呼んでくれたの。帰ったらすぐ来てって」とのこと。 いいよと答える間もなく 「ピンポーン」 出てみると 同じく呼ばれたという同じ班の女の子が、迎えに来てくれたようだ。 ということで、アセびっしょりになりながら まさにつむじ風のように出て行ってしまった。
 目が覚めた私はこうやって ロバミミを書いている。

 息子のテスト結果が帰ってきた。 今回は一般が多く受験するので、偏差値も日頃よりぐんと上がるとおもいきや、思ったよりも悪かった。 息子は「算数がいちばんできた。社会がいちばんできなかった」と言っていたのだが、国語が一番良かった。算数が一番悪かった。 まあ、対策講座を受けずにそのまま受験しているので、多少不利になるであろうことは予測していたのだけれど。 できなかった問題は復習だな。 マークシートだったのも実際の試験とは違うところ。それに、最初の計算問題が異常に簡単だったので、気を抜いたのかもしれないなあ。
pen1_67_20080613170634.gif

この記事のURL | 子ども | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 若いってことは… -
先週末、息子たちの学校でも授業参観がありました。長男のクラスでは班対抗の計算大会だったのですが、その班友(?)がなかなか仲が良いらしく、何と今週末みんなで電車に乗って近所の公園に行くらしい(♂3、♀3)。

うひー。グループ交際?
長男は『合コンの数合わせ』だったり…(笑)
2008/06/13 22:24  | URL | 2000系 #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
-  -
グループ交際って。忘れていた響きですねー。「合コンの数合わせ」ってあったあった! 独身の頃、後輩の女の子が 同じく後輩の男の子(女の子よりも年上)が好きだったようなのです。 そこで、日帰りスキーに行きたいけれど、ということで、なぜか私も一緒に行こうと誘われて、 そのころは、女の子の恋心に気付かず私はあまり深く考えずにokしたのですが、行ってみると、なぜかもう一人男の子が呼ばれていました。それも後輩の男の子よりもさらに年下の「彼女ほしい系」男の子。 で、あれれ?数合わせ? と。 それにしても私と最後に呼ばれた男の子のカップルは絶対にありえないでしょうという取り合わせで苦笑い。きっと先方も苦笑いしていたことでしょう。

 息子の班は女の子が一人だそうで、その女の子が活発で男の子みたいなさっぱりした子なのです。その子のお母さんいわく、「頭の中は男の子」。夏にも同じメンバーで花火をやるからと約束して帰ってきました。 面白かったらしいです。
2008/06/14 06:25  | URL | pon2 #nLnvUwLc[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/1500-7a778d2f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。