2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
目からウロコがボタリ。
2008/06/06(Fri)
ボタリと落ちる鱗ってどのくらい厚いんだ?とおもいつつ。

 先日pon1が買ってきた週刊誌の記事は、まさに私からすると目からウロコ。
週刊 ダイヤモンド 2008年 6/7号 [雑誌]
週刊 ダイヤモンド 2008年 6/7号 [雑誌]
ダイヤモンド社 2008-06-02
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 数学脳を鍛えるのだそうで、畑村洋太郎教授が進める計算テクなどが載っていました。
なんと くり上がり、くり下がりの 足し算引き算を 頭からやってしまうという計算方法。
小学校では 足し算は1の位からやりたまえと習ってから ウン十年。 私はその通りやってきたのだが、大きな声ではいえないが、このくり上がり、くり下がり、いまだに私は苦手。 時々間違ってしまうので、息子にも偉そうなことが言えない。 それに、くり上がり、くり下がりがない計算を暗算でやるときって、頭からやっていませんか? 私は頭からやっちゃっています。

 が、このやり方は、全部の計算を頭からやってしまおうというもので、 見てみると、 「なーんだこっちの方が10倍簡単じゃない?」と本当に目からウロコでした。  そういえば、小学校のころに、教えられた方法に何の疑いももたず、ウン十年そのままやっていた私。 でも、小学生のころにこれを教えてもらっていれば、計算間違いも減り、私の人生変わっていたかも <大袈裟。
 興奮した私は 「ああ、どうして何十年もこんな1の位からの計算に疑問をもたなかったのかー」とぼやいたり、「どうして誰もこんな方法をおしえてくれなかったのかー」 とか 「なんで私は気付かなかったのかー」とぼやいたり。 だって本当に単純な方法だから。

 息子に教えたら息子も 「おおっ!」 と目から鱗。 昨日のドリルは 「お母さん、こっちの方がすごく楽だよ」と喜んでいました。 

 小学校で教えるやり方もこっちを採用した方が、落ちこぼれる子が少なそうなのになあ。

 今、息子と一緒に算数をやっていると、算数の計算には学校で教えてもらえない裏技がたくさんあることに気づきます。 こういうとき、 ああ、子ども時代にこれを知りたかったなあといつも思うのです。


 たとえば先日知ったこと。
   2/3×5 + 2/5×7  ・・・・・・・ は 1/3-1/5 + 1/5 - 1/7 ・・・・・
になるとかね。たしかに、言われてみるとそうだけれど、こういう分解した計算って考えもしなかったよ。 
この記事のURL | 教育 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/1487-23e74c80

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。