2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
まわるまわるよ
2008/05/16(Fri)
 やったー。今日こそ歯医者もない自由な一日。土曜日に委員会があるので、今日はボにも行かないで自分の時間として使う予定。 つみのこし家事もたくさんあるけれど、一日やっても片付かない量なので、そちらもそこそこにして置く予定。  あ、子ども会のお知らせチラシだけはつくらないとマズイかな。
あまり凝らずにささっと作ろうか。(いつもフォントや絵などめちゃくちゃ凝るから時間がかかるんだ。)

 昨日、母からの荷物が届いた。荷物は先日も届いたばかりだけれど?と思ったら母が作った豆が入っていた。絹さやと、スナップえんどう。 先日もキヌサヤとスナップエンドウが文字通り山盛入った荷物が届いたばかり。豆好きの息子は大喜びだし、私も1回にボール1杯くらいをゆでて出したりしたが、豆好き家族にはそれでも足らないくらいだった。それで、息子がお礼の電話をしたときに、「おいしかった。」「いくらでも食べられる」と言ったらしい。すると「近かったら毎日でも持って行ってあげるのにね」と母が言ったらしい。 それですぐにまた送ってくれたようだ。 
 
 送り賃を考えると、高い豆ではあるが、この豆は母が作った豆だから 母は家族に食べてほしくて送ってきているのだとおもう。だから一番のお礼は「おいしかった」と言うことなのだろう。
 
 そのまめを見てしみじみと pon1が 「おばあちゃんは上手に作るねえ」と言った。考えてみると母は私が知っている限りでは畑仕事などしたことがない人なのだ。 いつ頃からだったろうか、父が突然畑をつくると言い出して家庭菜園をはじめた。 ピーマンが1個、ナスが2本くらいとれたといい、形もよくない野菜が食卓に上り、それから数年後、取れる時期には山のように取れる野菜をみて 内心「なんでこんなに作るんだろう。毎日こればかりじゃない?」と思うほど父は上手に作れるようになった。
 でも、その当時からせっかく収穫をしたのに、近所の店で 一盛100円で売られていたと父はがっかりしながら 野菜を食べていたことを思い出す。

  父が亡くなって畑をどうするかという話になった。 母ではムリだろうと私たちは思ったし、無理して作る必要もないと思っていた。家庭で作ったものを家庭で消費するだけの畑だし。 ところが、母は父の面影を求めるように畑仕事に精を出すようになった。 「大変だからやめといたら?」という私たち娘の意見を聞こうともせずに、失敗しても 一人で畑をたがやし、支柱をたて、草を抜き。そうして自分でいろいろな野菜を作っては私たちに送ってくれるようになった。 不思議なものだなと思う。

 先日pon1が「ついでがあったらアマゾンで本を注文しておいて」というので「いいよ、何?」ときくとちょっと目の端で笑いながら「しゅしゅしゅしゅしゅ~シュミノエンゲイ」と言った。 結婚したころ私は毎月のようにこの本を買って ためつすがめつ眺めていた。その本にはpon1は興味もしめさなかったし、私がテレビで一生懸命みる園芸番組を 「ママの番組」と呼び、自分は興味がないのに付き合ってくれていた。私が趣味の園芸という本を買わなくなってからもうずいぶんになる。 pon1が買いたかったのは それも「ビギナーズ」の方だということ。 ビギナーズというのが出たのも知らなかった。

 私の園芸熱が下がるのと反比例するかのように、今pon1が畑に燃えている。  私が植物に一生懸命だったあの頃「こんなにあるのに、まだ増やすの?」という目で見ていたpon1が スギナがはびこっているからジャガイモに栄養がいかないんじゃないかなんて心配をするとは思いもしなかった。
 そうして、今度は私が 「わー、よく頑張るね」と人ごとのように見守っている。

 夫婦のように身近の二人は、お互いにわーっと同じことで盛り上がることもあるかもしれないが、お互いの熱意のバランスがあって 一方の熱意レベルが上がるともう一方の熱意レベルが下がってバランスをとっているということもあるのかなあ?なんて今朝笑い話をした。 
 

ちなみに趣味の園芸ビギナーズ&やさいの時間はこんなにオシャレな表紙の本なのさ。
NHK 趣味の園芸ビギナーズ & やさいの時間 2008年 05月号 [雑誌]
NHK 趣味の園芸ビギナーズ & やさいの時間 2008年 05月号 [雑誌]
日本放送出版協会 2008-04-21
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 

 
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
採りたての野菜はおいしさも違いますよね。
新鮮な旬な野菜が食べれてうらやましいです。
年齢を重なるにつれて自然の移り変わりを体で感じたり、自然と触れ合っていたいと思うようになっていくような気がします。
pon家ではどんな野菜が収穫できるんでしょうね。
2008/05/16 21:25  | URL | leezzz #3rKUGRYk[ 編集] ▲ top
-  -
leezzzさんこんにちは。
pon家は、いまのところ町内会農園のジャガイモのみです。自分の家用に何か植えたいとpon1は考えているみたいだけれどねー。 
 あ、でも今年はイネのバケツ栽培をやります。息子が「バケツでイネを植える人を募集しているんだよ」というので、「今年は大規模改修があると思うからムリじゃない?」というとものすごくガッカリしていたので、 「じゃ、いいよ。やってみようよ」ということになりました。 もらってきたモミを見て、あまりにも少ないのでpon1はどうせ植えるならもっと植えたいなあなんて言っています。
2008/05/17 08:47  | URL | pon2 #hDwwLtHg[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/1466-f7fea1ca

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。