2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
何かを決めるとき
2008/05/12(Mon)
 昨日は雨でしたね。 うちの近くの中学校は土曜が運動会の予定 のびのびに延びて、今日に延期になったようです。

 今年に入ってから、私は家族を「開成の運動会に行ってみない?」と誘っていました。開成の運動会は昨日の予定だったのですが、やはり雨で延びて今日になったようで、見に行けず残念でした。 なぜ、開成の運動会を見に行こうと思ったかというと、噂に聞く運動会を見たいというのと、もうひとつ、比較対象として、サンプリングしたかったのです。 開成を目指しているからではありません。 息子はここに書いたように家で勉強しているだけで、塾にも通っていないし、塾通いの子たちのように大量の勉強をこなしているわけではありません。 まあ、自分なりに頑張っているといったところです。 私が相手なので、息子の甘えも出るし、私も「まあいいか」と甘くなることも多いので、受験に対するシビアさは他の方に比べるとかなり不足していると思われます。

 息子がなにも勉強しなくても、開成くらいチョロいような天才児だったらともかくですが、でも、なんらかの学校を受験をするのであれば、 「自分たちは日本一だ」と自負している(たぶん、皆そう思っていると思います)子たちの姿を比較対照として見てみたいと思ったのです。そうして、その子たちの姿と他の学校の子たちの姿を比較することによって、何か見えてくるものがあるのではないかと思ったのがおもな動機です。

 何かを決めようと比較するとき、たとえばものを購入するときでも自分が購入しようと思うもの以外に高いものから安いものまで見てみるのが有効だと思います。

昨年か一昨年、カシミア100%と表示されている商品にカシミアがほとんど含まれていなかったというニュースがありました。 「ああ、やっぱりね」と私は思いました。 安いカシミア商品が出回るようになってから、時々気になって手にとってみたのですが、カシミアとは思えないほどちくちくした手触りのものも多く、やわらかいものも、カシミア独特の”ぬめり”と表現される手触りが感じられないものも多かったのです。 「安いカシミアはこういうものもあるのかな?」くらいに思っていたのですが、「ああ、あれはもしかしたら 100%カシミアではなかったのかもしれないな」と思いました。

 たぶん2003年秋冬ものだったと記憶していますが、ユニクロに最初にカシミアが登場したときにはやわらかく、今まで私が手にとったことがあるカシミアとよく似た手触りの商品でした。 地は薄かったですが、コストパフォーマンスは良かったと思います。 その翌年のカシミア商品は、一気にカシミアらしさが失われていました。 もちろん、当時のユニクロのカシミアにどの程度のカシミアが含まれていたかは知りませんし、加工の過程で風合いが変わったものかもしれませんが、普通のカシミアと手触りが違うと気づいたのは、それ以前にもっと高価なカシミアを手にとったことがあったからだと思います。 つまり、幅広く見ることで、わかることも多くあるということだと思います。 

 何かを自分の中で比較し、対象を選ぶときは、自分の選択範囲の中だけで比較するのではなく、もっと広く情報を求めて比較するのが良いと思っています。

 ということで、自信に充ち溢れている子どもたちを見ることができなくてとても残念。 おまけに、開成の運動会というと、かなり激しいことで有名なようで、そちらの面でも見てみたいなと思っていただけに残念です。 

 雨が降ったあとはグランドをぞうきんがけするほどだということ。 今日はぞうきんがけしたのかな?
毎日7時ころには登校して練習というのもすごいです。 遠くから通っている方も多かろうと思うのですが、その意気込みがすごいと思います。

 在校生の保護者の方々は久々に邪魔の少ない運動会だったのではないでしょうか。

昨年の運動会のレポート(2007年5月 OCN TODAY)

とにかく危険な競技が多い。しょっちゅう担架が登場し、悶絶した学生が次々と運び出されていく。棒倒しでは、棒を支える男子のかたまりのなかに男子がダイブし、騎馬戦では馬ごとひっくり返される。それを観て親がはしゃぐはしゃぐ。



inter-edu (掲示板)
では、保護者のこんな意見も。ありました。

:移動もままならないような混雑で、保護者でさえ後ろからようやく見るような状態です。

受験間近のお子さんならまだしも、まだ間があるお子さん連れの方は出来れば遠慮してほしいと思っています。

去年子供の出る競技を見る際に、見学に来ていた低学年の子を親が肩車して見せていました。お前も何年かしたらあそこにいるんだぞ、とか言っていたのを覚えています。

お陰で息子はチラッとしか見えませんでした。



普通は競技中の息子の姿を見ることは難しいです。
また開成の運動会はどなたでもどうぞと開放しているのですから
低学年のお子さんが見に来てもかまわないと思います。
ただ混みあっているので小さいお子さんをお持ちの方は危険のないようにご注意下さい。



せっかくの運動会なのに、自分の子どもの姿さえもみられないほどの混雑なんて、驚きです。我が家が見に行ってしまうとその部外者の混雑の原因のひとりになってしまうところだったので、行かれなくてオッケーだったのかもしれません。 しかし、その気迫をやっぱり生で見てみたかったなあ。残念。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/1463-a0c04815

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。