2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ずいぶん寒いぜ 春一番
2008/02/24(Sun)
 2月の連休前にふとしたことから ディズニーリゾートの話になった。すると息子が「長い間ディズニーランドに行っていない。友達は良くいっているようなので、自分も行きたいなあ」なんて言うので、「何も言わないのでわからなかったけれど、ディズニーに行きたいと思っていたのか」と驚いた。 息子はあまり「あれしてくれ」「これしてくれ」ということがない子で、しめつけているつもりはないのだけれど、割りと現状に満足する子のように思う。 だから言わなかったのかもしれない。

 そういうことで、2月の連休に久々にディズニーに行こうという約束になっていた。ところが、あの連休は寒波来襲だった。 ものすごく寒かったので、「なにもこんな寒い日にいかなくとも」と計画がのびのびになり、昨日やっとそれが実現したという経緯だった。

 昨日の朝は天気もよくポカポカと気持ちの良い気候で まさに「春が来る」という感じ。「待ってよかったな」とおもいつつも天気予報を見ると、午後から寒いということ、「天気予報は当たらないことも多いからなあ」とおもいつつも、そこそこの防寒対策をして出かけた。
 出かけるのが少し遅くなったので、ディズニーについたのはお昼少し前。 おなかがすいたようなすいていないような状態。 どこでお昼ごはんを食べようかという話になり、初めてディズニーシーに行ったときに入ったイタリア料理の店に決めた。 何を食べたか忘れたけれどここはおいしかった記憶があったから。

 ちなみに 過去一番おいしくなかった記憶は S○K○R○、食べたことを後悔したような記憶がある。 忘れていたが、客船風の建物の中のレストランでも食べた記憶がよみがえった。 でも、味についての記憶は欠落している。ファミレスみたいな味だったと思う。

 昨日は行った店にもランチコースがあったが、うちの家族はみな小食でランチコースを頼むと大量に食べ物が残る。 値段も高くつくし、食材・お金両方の面からもったいない。 結局、息子はピザを頼み、私とpon1はそれぞれ別のパスタを頼んだ。 サラダとグラスワイン(赤)もつけた。
 ウエイターさんが、「赤は重めのものしかありませんが」と確認してくれたので、okと答えを出し、まず運ばれてきたワインを飲んだら、渋みもそれほどでなく 無難なおいしいワインだった。 (もう少し渋くてもよいけれど。。と思いつつ)
 ピザは薪の窯で焼いていた。 出てきた料理はやはりおいしかったので、 「記憶は正しかったな」とにんまり。 そこで、pon1が ブログにも書いていたけれど、(自分はあまり食べ物を覚えていないので)よくそういうことを覚えているね。 なんて言う。 たしかに、私はおいしくなかったところは覚えていないことが多いが、おいしかったところは 「また行きたい」と割と執念を燃やすタイプかもしれない。(^^;)執念は大袈裟だけれど。

 さて、ディズニーシーにきたので(息子はシーが好き)とりあえず、前回乗れなかったタワーオブテラー
のファストパスでもとろうかとpon1が言うので行ってみた。なんとすでに終わっていた。
遅すぎたか。。といいつつも、実は半分ほっとした。絶叫系の乗り物はたいてい大丈夫なんだけれど、昔の後楽園遊園地のパラシュートで怖かった覚えがあり 「落ちる」系は苦手。内心ホッとした。普通に並ぶと180分待ちだったので、3時間も待てないよと今回もパス。

ほとんどアトラクションには乗らずにふらふら。昔から好きな城を歩いたり、大砲で遊んだり。 息子はディズニシーを歩くだけで満足している様子。 ストームライダーに乗りたいというので行ってみたら長蛇。 久々に暖かかったので、それなりに人も並んでいるみたい。だいたい1時間前後並ぶアトラクションをいくつかこなしてみる。 こんな感じで息子は満足なんだろうか?と内心不思議におもいつつあちこち見た。 身長制限に背丈が足りないときにアトラクションまで行くと次にきたときにファストパス扱いしてくれるチケットが息子に2枚あるので、それでセンター・オブ・ジ・アースに乗ろうと、入口まではいったのだけれど、前回乗ったときにかなり怖かったらしく(前提知識なしでのったため、空中に放り出されたときに本当に怖かったらしい)「やっぱりやめる」とやめ、もっぱらそこそこ平和な乗り物ばかりをこなしていた。

 夕方からはものすごく冷え込んできて、寒そうな息子。レインコートを上から着せて風を防いだ。もうそろそろ大人は帰りたくなっているが、まだもう少し遊びたい息子。 アクアトピアで、家族と一緒じゃなく別に乗りたいという。 1度目にのったときは、混んでいたので家族で乗ったが、夜になると海沿いの風がとんでもなく冷たいからか 待ち時間ゼロ状態。 これだったら別にのっても迷惑ではなかろうと pon1と私、 息子 の2台にわかれてのると これがまたとても楽しかったようで、「もう一度」と乗り終わったとたんにまた乗り場まで走っていた。

 一人で乗っている息子を見ながらpon1と、「絶叫系に乗れないと将来友達と来たときに困ったりしないのかしらねえ。」とか 「ドキドキするのが嫌いなんだね。でも、まあ怖いものやドキドキばかり求めても社会にはそういうものはそうそうあるものでもなし、こういう平和な乗り物がすきというのもよいかもしれないね」なんて寒い中楽しそうにのっている息子を見た。

 回りを見ると フリースのひざかけを巻スカートのように足に巻いた人や、肩からかぶっている人などがたくさん。 とにかく寒かった。

 そうそう。ファストパス。 混んでいるのでどこかとっておこうと私がファストパスを取りに行ったのだけれど、久々だったのでファストパスの決まりを覚えていなくて、1回取ってから当分の間他のパスがとれないことを忘れていた。 おまけに1枚のパスポートにつき1枚発券されるも仕組みなのに間違って同じカードを2回入れていて、あとから 「このチケットはファストパスではありません」と印字されているのを発見。 結局2枚しかとれていないものと1枚しかとれていないものになっていた。  息子がガッカリするかとしょぼくれていたら 「ま、いいんじゃね?」と軽く流してくれて本当に救われた。 そういえば、先日息子と話していて、最近学校でも 「いいんじゃない?」ばかり言うと聞き 「それじゃ ぬる神様(はねとびの中で板倉がやっている、いいんじゃない?が口癖の神様)って言われるよ」と言うと、「もう 板倉って呼ばれてる」と息子が言っていたっけ。今回も 「板倉」の本領発揮。 でも、もう取り直すにしても取り直せない時間に気づいただけにとんでもない失敗をしてしまったと落ち込み気味だった私は 息子がスルーしてくれたことで本当に気が軽くなった。

  寒いし、とりあえず遊ぶだけ遊んだので帰ろうと駅に向かって歩こうとしていると アナウンスがあった。 京葉線が止まっていたものが運転再開したとのこと。 「なんで?」 とびっくり。 とりあえず、帰れるときに帰ろうと駅まで急いだけれど、 途中おなかがすいていることに気がついて、イクスピアリで夕飯食べてから帰宅。  結局帰宅は12時ちょっと前。シンデレラ状態だった。 息子はとうにダウンしつつゾンビのように目をむりやりさましつつ帰ってきた。 

 そうそう、今回はじめて見た ミスティックリズム これはなまじっかじゃない人たちのステージで 「ディズニーランド本領発揮だな」と思った。 ステージにプールがあったり煙や火がでたりという 驚きもあった。 欲を言うと、もう少し広いステージでダイナミックだったらもっとよかったかな。 でも、出演者のすぐ近くで アクロバティックな演技を見るのは初めて。 すごいなあとびっくりした。 前に来たときはこれに気づかなかった。 いつからやっていたんだろう。

 今朝になって、あの寒い風が春一番だったのだとのこと。 それにしても骨の髄まで冷えるような春一番だった。 たしかに、髪の毛が全部持って行かれそうな強風だった。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ponpokona.blog40.fc2.com/tb.php/1381-6d377301

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。