2010 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2010 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
気づいてなかったのか~
2010/07/30(Fri)
 昨日日記を書いてから、しっかりとスケジュール表を作りました。

するとっつ!! 宿題が進まないと思っていたけれど、やっぱりその理由はクラブだということが判明! 家にいる時間から、食事や入浴の時間をひいたら、2時間半しかないのです。 だから、クラブから帰宅して 「ちょっとゆっくりしたい」とテレビを見たりしてしまうと、一日なにもしないうちに終わってしまうということでした。

朝は学校に行くよりも早く家を出るし、週1日の休みの日くらいはゆっくりしたいでしょうから、テレビ見たり、ゲームしたりの合間にちょっと勉強なんてしていると、ぜんぜん宿題をやってる暇がない!

把握しているつもりだったけれど、一旦表にしてみることは大切ですね。クラブ休みの日を一日遊びで終わらせてはダメだということがはっきりしました。また、毎日使える時間が少ないので、「もう○日たったのにこれだけしかできていない」と考えるのもNG 一日1時間勉強できたら良い方だということもわかりました。

来週使えるのは、1週間で19時間しかないんです。遊びも含めての時間ですから足りないのがよくわかります。

ざっと計算したところ、宿題に必要な時間数は夏休みで、120時間。(知ってる範囲だけ。最低限やらないといけないことだけで)これをどこでねん出するかです。

昨日は、午後から息子が帰宅したので、その表を見せると 本人も納得していました。そうして、なんとなく体制立て直しできたようです。 自分なりに宿題計画を考えていました。

 そうして、突然 「あっつ!そうだったのか!!」と大声で叫ぶので、「なになに?」と聞くと、

「いや。学校でね、4月に
『中学校に入るまで、みなさん勉強の計画を立ててやってきたことと思います。』っていわれたのよ。それで、『計画なんてたてたかなあ』って思っていたんだけれど、うちはお母さんが立ててくれていたんだねえ」と。しみじみというのです。

 今まで気づいてなかったのかいっつ!? そっちの方にビックリでした。 ま、気付かないより気付いてくれてよかったです。これからは自分でたてるようになるんだから。

使える時間はすくないですが、やっと宿題計画もスタートを切り、めでたしめでたし。

そういえば、昨日息子が学校で聞いた話です。前に(反抗期の兆しなのだ)で、書いた我が家でもひと悶着あった宿題、夏休みが始まる前が提出期限だったのに、まだやっていないという子がいたのだそうです。 「学校から電話かかってきた」だそうで、 うわ~お母さんきっと驚いていらっしゃるだろうなあ。パニックじゃないかなあ。それで、もし本も読んでなかったら大変じゃないかしら? 

 ひとごとじゃありません。

スポンサーサイト
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(3) | TB(0) | ▲ top
夏休みの宿題
2010/07/29(Thu)
 息子の夏休みの宿題のハケが悪くて 気になってしまう。

昨年までと違い、かなりのボリュームで毎日毎日きちんとこなさないと終わらない。というのは息子の話。クラブがそうない人は、たぶん普通にやれば終わる。
 夏休み、朝から晩までクラブで、帰宅したらもう何もかもやる気をなくしているので、(実際、疲れと暑さもあると思う)当然宿題に割ける時間はない。 唯一やっているといったら基礎英語(しかし、これは宿題ではない)。
 夜は10時頃から寝かせないと、反抗期がひどくなることに気がついたので、寝かせると、な~んもできないまま日々積み重なっていく。

クラブの休みはほとんどない。前にも書いたと思うけれど、7日行って1日休みとか。いろいろ。
で、来週からまたクラブ合宿。

 クラブも頑張れと心から思うけれど、これは、 クラブであって、クラブだけではないのだ。

私:宿題がはけてないことが心配。
  クラブも頑張れと思うが、学業をおろそかにしてまでクラブをやらせるために学校に行かせているわけじゃないと思う。


息子:私が思っていることは、たぶんわかっている。宿題もやらなければいけないと思っている。でも、だるい。
  きつい。面倒で宿題はやりたくない。 その気持ちに負けている自分にも気付いている。
  ときどき、不機嫌そうな顔をしている私をみて、 「ヤバッツ!」とおもったり(普通のとき)「アタマクル~」とおもったり(反抗期)

結局は自分の心の問題なのだけれど、もともと 人より良い点を取ろうなんてあまり思わない息子なので、動機付けが希薄なのだ。 一番になりたいと思っている子の動機付けは 「一番」だけでもう十分。だから、クラブをやりながらでもなんでも自分の目標の一番に向かって努力する。 でも、息子の場合、一番になりたいなんて思っていないので、全然努力しない。

 あ~~~。本当にまどろっこしい! イライラが募ります。

どのくらい時間がないか、目に見える表でも作って貼ってやろう。そうしよう。


この記事のURL | つぶやき | CM(4) | TB(0) | ▲ top
靴が・・・!
2010/07/28(Wed)
 ず~っと気になっていたことがあり、今日はそれに出かけてきました。
息子は生まれた時からほくろがあるのです。そのほくろのある場所が足の裏。 

足の裏のほくろは気をつけろって良く聞きますよね。 小さい頃からあった → 成長とともに大きくなってきて → 茶色くなってきた。
 心配なのでいつか病院に連れて行かねばと思っていたのですが、なかなかその機会がなかったのです。

もうひとつ、腕にもほくろがあったのですが、これも成長とともに大きくなってきていて、心配!

今日は皮膚科へ行きました。 本当は問題ないほくろでもとってもらうつもりだったのですが、「大丈夫です」とそのまま放置になりました。

 心配性の私は
「こういうほくろが年をとってから突然ガンに変わることってないんですか?」と聞くと、
「生まれた頃からあるほくろは大丈夫だよ」と、ルーペのようなものでまじまじ観察後に先生。

ルーペで見るとガンとほくろってどう違うんだろう。
「成長とともに、ものすごく大きくなるのもいやなんですけれど」というと、サイズを書いて下さって、半年後にもっともっと大きくなっているようだったら来て下さいだそうです。

まあ、安心だったのでよかったけれど。

で、歩いていて気がついたのですが、靴の底がずれているんですよ。朝出るときに「あれ?靴底ってこんな風にみえてたかな?」と思いつつはいた靴だったのに、病院についてみると、明らかにずれている。1センチ近く靴底が靴からはみ出していて、「これって。。。靴底がはげてる?」 両足ともです。

 なんとなくですが、一昨日この靴を履いて外に出た時はすごく暑かった。そうして今日も暑かった。もしや接着剤が溶けた? 帰宅して靴底をはがしてみると ねば~~~と接着剤らしきものがのびて、完全に溶けていました。
 おそるべし。靴底接着も溶かす暑さ。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
息子無事帰宅
2010/07/26(Mon)
 渋滞で1時間遅れでしたが、無事に息子は帰宅しました。「都会が恋しい~」と言いながら。 

花は、ニッコウキスゲは無理だったけれど、マツムシソウなど色々咲いていたとのことでした。
「きれいだったよぉ~。緑がひろ~くてねえ、花が固まってあちこちに咲いているの」
「星が本当にきれいだった。沢山見えたよ。」

と、ちゃんと美しさに感動してきたみたいです。写真や動画もしっかり撮ってきていました。ニッコウキスゲとユウスゲはシカの好物らしく、保護されているところ以外はほとんど写っていませんでした。シカだけでなく異常気象で花芽もすくなかったみたいです。

 息子が出かけていた3日間、ハッと気が付くと、 pon1のことを必要以上に色々心配している自分に驚きました。「汗をかくから水分補給にきをつけろ」とか「外に出るのなら日陰を選べ」とか、大人には言わずもがななんですが、ずっと息子を心配しているから、その対象がいなくなってついつい暴走してしまっているのかな?と。

 pon1も私も苦笑です。

このペースで色々世話をやかれていたら、息子もさぞかし面倒なことでしょう。「言わなくてもわかってるよ!」ですよね。 そういう自分を認識できた分、この4日間は意味があったと思いました。
夏休みにはもう一回クラブ合宿があります。そういう機会を利用して、少しずつ 世話を焼きすぎる部分をなくしていかなければ!

前にも書いたとおもうけれど、 シカ、シシの シというのは 肉のことなんですよね。
最近、息子がやった古文にも 肉(ししむら)とありました。ししむらをしらべてみると、肉の塊なのだとか。

 シカもイノシシも、昔は食糧として人間が食べていたから、バランスがとれていたのですね。 食べ過ぎても問題、(マグロなど) 食べなくても問題。 昔は、食糧が増えると個体数が増えて、それにともなって食糧不足に陥るので。。という連鎖でバランスが取れていたのでしょうが、人間が関わってくるとどうやってもバランスが取れない感じになるものだなあと思いました。

 今日も元気に弁当持ってクラブに出かけた息子です。 

 


この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あらら~
2010/07/24(Sat)
息子の林間学校3日目ですが、今朝のニュースで 「あらら~」と一言出てしまいました。

行った先は、天気には恵まれているようですが、本来だったらこの時期一面の花畑状態になるはずだったのです。
一番美しい季節なのかもしれない。

 ところが、今年は異常気象と、シカの食害でその花がぜんぜんないのだとか。 本当に残念!
映像をみてみると、ただの草原でした。今年は花が咲かないということは、今年球根が育って、きっと来年はものすごく咲くんだろうなあ。

事前学習で本を渡されて、必死に読んだ息子です。その本の中にもその花畑の保護について書かれていて、それを読んだ後に現地を見たら、きっと 保護したいと思う人たちの気持ちがひしひしと伝わってくると思っていたのに。 本当に残念です。

 まあ、無事に何事もなく帰ってきてくれるのが一番なんですけれど。

 
 
この記事のURL | つぶやき | CM(7) | TB(0) | ▲ top
羽のばしています
2010/07/23(Fri)
息子がいない家は静か~です。 いないと、家の散らかりがめだちます。
少し片付けよう>しかし暑いです。

だらだらして、結構羽をのばしています。 
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いってらっしゃ~い
2010/07/22(Thu)
 息子は出かけてゆきました。

小学校の高学年からは、泊りがけの旅行の準備はさっさと自分でやるようになりました。 今回は学校から「全て自分で準備させるように」とのお達しがあったので、私は傍から見ているだけです。
昨年もやってたから楽勝だろうとおもいきや、 今度は3泊だし、行った先で調べ物があったりするから、それの準備やらで 持っていく荷物の多いこと。 気候も違うしね。

 チェックリストをチェックしながら入れていましたが、おぼつかないねえ。

往復は制服で行きます。チェックリストの内容を全部準備し終えた息子に、

「往復の制服は準備した?」と聞くと 「まだ!」と言いながら、ワイシャツを2枚バッグに入れようとしたので、
「(1枚は着て行くから)入れるのは1枚でいいんじゃない?」というと、
怪訝そうな顔をしながら1枚に減らしていました。

 今朝になって、身支度を整えようとして、息子は、バッグの中から昨日入れたワイシャツを出して着ようとしています。詰め込んでいたので、すでにシワシワ。
「え?それを着ちゃうの?」というと、
「うん」
「だったら、もう一枚入れないと」 と言うと
「だって、昨日1枚でいいって言ったじゃない?」だそうで、

 着て行く分まで バッグに入れていたとは思わなかった。
 普通は、持っていく分だけですよね。

子どもの思考って不思議~。(こんなヘンなことをやるのは息子だけ?)

 今は、昼食も終わって 車中です。 昨夜眠れなかったと、今朝は眠そうだったけれど、もしかしたら寝ているかしら?

 成長期なのか、とんでもなく寝ます。眠いみたいです。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひゃ~い
2010/07/21(Wed)
 成績、返ってきましたよ。そうして通知表ももらってきました。

受験しても、ポカミスする癖は一向になおらないばかりか、ひどくなっている気がします。
古典「ひらがなでかきなさい」を全部漢字混じりで書いて まるまる 大問1つ×
 コメントで 「おしい」と書いてありますが、点数は下さっていませんでした。その部分0点。

英語、あちこちで、ケアレスミス。
 ピリオドにするところをつい?にしたり、大文字小文字を間違えたりで ちょこちょこ引かれてそれの積み重ねが膨大になっていました。 そこにも先生のコメントが、「ケアレスミスが多すぎる!!」

数学、言わずと知れた計算ミス。 

今回もまん中位の成績でしたが、その分の点数全部とれたら、絶対成績が上がるって。だって各教科数十点ベースで間違っているもの。

 成績は、おおまかな分布とおおまかな平均点しかもらってないので、詳細不明。
なにより、10点満点で評点8なのに補講が来た英語。>皆の最低が6平均が9だったようで。

昔から、平均点が高い試験は ポカミスが多すぎて最悪な結果の息子。 これからの道のりは長いぜ。英語のポカミスがなかったら 補講にはならなかったと思うのだけれど。┐(゜~゜)┌

ま、しっかり指導してもらってきて下さいまし。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
もしや知り合い?
2010/07/21(Wed)
 息子が持って帰ってきた転出のお知らせ、何だか見たことがある名前!
記憶を頼りに保育園時代の卒園アルバムをみてみたら。同じ保育園に同姓同名さんがいるのです。

 もしかしたら、彼かな? 転出先はアメリカ。 

とはいっても、卒園してからもう随分になるし、お母さんともあまり話したことがなかったし。
息子には一応写真をみせて、この子に似た子が転出者だったら、保育園で一緒だった○○君だよと。
明日から宿泊訓練なので、クラスは違えど会うこともあるかもしれないし。

 それにしても、もし一緒の学校だったら 寄寓。 でも、今になってわかっても、もう来月は転出。
本人同士にあまり接点がなかったから、わかったからといってあまり変わることはないかもしれないけれど。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
終業式
2010/07/20(Tue)
 今日は終業式。 期末試験が終わってからすぐに試験休みに突入して、その後学校がなかったので、今日期末試験の答案がわんさか返却されるのだと思う。 うは~。 おそろし~。

 息子はそこそこ勉強をしていたと思うので、ヘンな計算間違いや勘違い(<お得意の)をしていなければ普通の点数は出ていると思うのだけれど、息子たちの担任団は比較的宿題を多くだすようで、また息子の同級生はまじめな子が多いようで、今まで小学校でだらだらやっていた息子にしたら 「好きで入った学校じゃないとたぶんやっていけないわ」というほどの課題が出ているように思う。 それだけまじめな子たちが多いということは平均点も高いのかもしれないし。 ま、いまさら心配してももうすでに結果が出ていることと思うから。いいのだ。

 次の心配は夏休みの宿題! これも、今から心配してもしょうがないので、心配しないことにしよう。


そういえば、今日期限の宿題は、一昨日仕上がりました。親子喧嘩して私も気分悪し! なのに、できたらすっかり得意満面で、昨日クラブにでかけていって友達に「宿題終わった?」などと聞かれ、自分のことは棚に上げてアドバイスなどをしたらしいです。「母さんと喧嘩までして仕上げたってこと言わなかったの~?」と言ったらニヤニヤしていましたね。 

 学校では、まじめな子は真面目なんですが、クラスにそろそろ落ちこぼれて来た子が出てきている様子。ほぼ満点取れるような英語の試験でも1点2点という点をとっている子もいるらしいです。これは完全にやる気を失った状態。 やりさえすればできる問題だもの。 中学受験を楽々乗り切って来た子は、きっと努力しないと点が取れないということに慣れていないので、あまりにも点が取れない自分が嫌になっているのではないかな。
 
 その子もせっかく受験して入った学校だから立ち直って欲しいなあ。息子はそういうのにはすぐ影響されてしまう子なので、少し心配。 今回も、周りで提出課題遅れや宿題忘れが多いせいか「1回くらいこんな宿題出さなくてもどうってことないから、もう出さないっつ!!」なんて強がっていたもの。(結果正気に戻って出したけれど) 「だったら、自分で先生に、こんな宿題出しませんっていいなさい!!」なんて私が言うと、「いいよ!言うよ!!」とあくまで臨戦態勢だったものなあ。 ま、これも忘れようっと。 宿題は結局終わったんだし。

 宿題の話になったら、高校1年の先輩が、「大丈夫、中学2年になったらだれもそういう宿題やらないから」なんて、コメントしたらしい。 やめてくれ~~。本気にするじゃないか~~。息子が。

 ま、とにかくもう1学期終了! そうして、あさってから、息子は学校の宿泊訓練に出かけます。 大丈夫なのだろうか。 母の心配はまだまだ続きます。



 

この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
反抗期の兆しなのだ
2010/07/18(Sun)
 いやはや、またもやブログが滞ってしまいましたねー。

息子はそろそろ反抗期の兆し。とくにここのところ機嫌が悪いのですよ。 なぜか? それは期限がせまっているのに宿題がなかなか終わらないからです。 

息子の頭の中は、
>宿題をやらないといけない
>でも、思ったほど進まない(この宿題苦手)
>ホントはもう宿題やりたくない
~~~~~ このあたりで私の 「宿題は?」という言葉が聞こえる ~~~
>完全に不機嫌になる

というパターン。

私からしてみると、
「だからさあ~。宿題は締め切りが迫るまえに力いれてやってしまうんだよ!どうせ同じ量をやらなければいけないんだし。後伸ばししてもしょうがないじゃない!」と思うのですが、やっぱり頭ではわかっていても出来ないみたい。

 自分の心と戦っているんだろうなあ。

ちょっと 大人用のしちめんどくさい本を1冊1週間で読んで プリント1枚うめるだけなんですけれどね。

もっと本読め! と思うのですよ。 たしかに 本を読むのが嫌いな息子にはハードル高かったと思う。でも、本が読める子だったら難なく数日でクリアできる量だから、受験をちゃんとやってきている子たちはサッサと終わらせて今頃毎日心おきなく遊んでいると思うんだよなあ。

 勝負は今日と明日! でも、息子はクラブしか頭にないの。 クラブは元気いっぱいで外周3周とかやってくるのに、家に帰ったら 「眠い眠い」でずっと寝てるんですよね。

あ~~~~~もう! 早く宿題やっちゃって! さっさと気持ちを楽にして心おきなく遊ぼうよ! 試験休みでこの調子だったら 夏休みの宿題が思いやられるわ~。どのくらい出るんだろう。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
黒柳徹子
2010/07/15(Thu)
 息子は、毎日嬉しそうにいそいそとクラブへ出かけています。 朝、7時半には弁当を持って家を出て、学校についたら外周2周走るのだとか。今日は3周にするとかなんとかいっていました。 クラブが好きなんだねえ。 夕方に帰ってきます。

 ところで、最近眼鏡をかけないとどんどんマズイと感じることが多くなってきました。 思った以上に見えていないのかも。というのも、今朝、

ん? 黒柳徹子って? と思ったら 黒豚餃子でした。 ちょっと似てませんか?<似てないか。。

昨日は、友達と一緒に、先日教えていただいた(ありがとう~)都内なのに、森みたいなお店に行ってきました。 さすがに焼き肉のお店は、昼の予算が3000~5000円でとんでもなかったので、ケーキにするつもりが、丁度昼時だったため、お隣のお好み焼き屋さんへ行きました。
 木々の下なんだか旅行に行ったみたいな気分でした。
ここですよん
帰りに、近くの大学生協へ潜入してお買いものして帰りました。 この生協はおもしろいです。本の品ぞろえも面白いし、作業服や、ジオラマ用のパーツもありました。

 暑かったので、ついビールを購入してしまいました。
こんな感じの発泡酒
注いでみると、緑色のビールでびっくり。香りが、なんだか青汁みたい。気のせい?
pon家ではちょっと好みに合わなくて残念でした。
飲んだ人のブログ1  飲んだ人のブログその2もみつけました。

 もう一本は、普通の昔のビールという味で、「なつかしい感じの味だね」とpon1と話しました。こっちは美味しいビールでよかった!

あと1本赤いビールもあるのです。そちらは、ネットでみるとおいしいと書いてあったのでほっとしています。(^^) 
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(7) | TB(0) | ▲ top
夏休み(正確には試験休み)はじまる
2010/07/13(Tue)
 息子の夏休みが始まりました。正確には今は試験休み。来週終業式に登校して、その後夏休みに入ります。
夏休みに入ってから、息子は弁当もってクラブです。 テストが終わってすぐに休みに入ったので、期末試験の答案は返ってきていません。 ということは終業式に全部配られるのかな。うひゃ~。 こっちも心臓に悪い。

 丁度今の時期、あまりうまく泳げなかった子は 水泳教室に指名制で通っています。そうして、成績がほにゃららな子は、指名制で夏期講習があります。 大丈夫だとは思うものの、やっぱり、何をやっているかわからない息子のことですから、ちょっと怖いな。(試験勉強は息子にしてはまじめにやっていましたよ。でも、先日の代数の話がありますからねえ。)まあ、今はもう考えないことにしました。
 
 ところで、私はテスト期間はちょっと嬉しいのです。なぜかというと、弁当を作らなくて良いから。
夏休みもびっちり弁当だということになったので、来年の今頃は、慣れて「弁当なんてへのかっぱ」になっているかもしれません。 (なんてね。ありえないだろうな)

 それはそうと、この時期になって、つくづく小学校のころちゃんとしておけばよかったと思うことがありました。

 息子は、あまり本を読みません。中学入試に出る問題は受験勉強で昨年いろいろと解きましたけれど、それ以外では皆無に近いです。本を読みかけても途中で放りだすことも多いです。それがいまだに悩みの種。 今回テスト終了とともに、文庫本一冊が学校から配布され、それを終業式までに読んで、プリントの設問を埋めるようにという宿題が出ました。

 この本をちらりと見た時に イヤ~な感じがしたんですよね。 実は息子、文庫本があまり好きじゃないのです。同じ本ならハードカバータイプ。 おまけにこの本、淡々と自然保護関係のことについて、書いた本らしい(家にいる間私が読んでみようかしら?)著者は新田次郎なので、面白いと思うんですけれどね。 でも、息子は新田次郎系の話は読んだことがないのです。

 私は、1週間でこの本を読み切ることができるのかすごく不安。おまけに、朝から晩までクラブなので、帰宅後に読書の時間もとれないし、クラブ休みの日が終業式まで1日もないんです。

 息子の通った小学校は、宿題が本当にない学校でした。今でも多くの学校は 「夏休みの読書と感想文」というのが出ているようなのですが、息子の学校は、「書きたい人は書いても良いよ」というスタンスだったので、息子は6年間で感想文を書いたのは1,2年生の時だけ(それも絵本)です。 読書感想文はもしかしたら、一度も書いたことがないかもしれないのです。 
 私は、小学生の頃、作文や読書感想文の宿題は頻繁に出されて、たしか中学年の頃、作文の書き出しに大変悩んだ記憶があります。そういう時期を小学校で超えたからこそ、今はなんとなく文を書くことにあまり緊張しないで済んでいるのだと思います。(うまい下手は別にして) 本は小学校に上がる前から好きだったけれど、それでも小学生の頃に出会った沢山の本がやはり私の記憶の中には残っていて、それは私に大きく影響を与えていると思うのです。

 息子の場合、この二つは確実に私と違うんですよね。 「書きたい人は書いても良いよ」という宿題だったとしても、夏休みくらいは、本をよませて、作文を書くように指導しておけばよかった。 後悔先に立たずとはよく言うものです。 中間テストの時に、良い解答の例として生徒の答えをプリントしてもらって来ました。その文章力はもう大人と同じです。息子との差が大きいと感じています。皆まじめに低学年から塾で頑張ってきた子たちだものね。差があって当然だと思うのですが、この差をどうやって埋めていけばよいのだろうと思います。

 息子、終業式までに 本を読み終えられるのかな。プリント埋められるのかな。 この夏休みにはリスト中から3冊以上の本を読むようにという宿題も出ています。 前途多難だなあ。
試験の点数の面では出てこない差だけれど、読書力と文章力の この差は本当に大きいと感じています。

夏休みはクラブだらけだし、じっくり取り組む時間もないよ。

とはいえ、もう中学生だから、私があまり口出ししない方がよいんだろうな。距離をとって見守って待つつもりです。頑張ろう。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
知らなかった・・・
2010/07/11(Sun)
 小学校の頃に頂いた賞状などがもうバラバラして大変なので、ファイルに入れてしまうことにしました。
整理しようとしていたら、見慣れない賞状発見。

「あなたの作品は、文集に掲載されました」だそうで、え???知らなかったよ! 知っていたらその文集を買ったのに!! 日付を見ると、 今年の2月。受験が終わってやれ制服だとかなんだとかでバタバタしている頃。

 「知らなかったよ?どんな詩だったの?」と聞くと、「え?もういいよ~。」とあまり見せたくないというような言い方。(--;)
 見たかったなあ。国語はあまり得意ではない教科だからこそ、親としては記念に文集が欲しかったなあ。 学校に問い合わせしてみようかな。もうないのかな。
 
この記事のURL | つぶやき | CM(2) | TB(0) | ▲ top
うっつ心臓が!!(^^;)
2010/07/09(Fri)
息子、期末テスト3日目に突入です。昨日は、代数がありました。 数学は、得意科目?なんですが、計算は苦手の息子。計算ミス多すぎなんです。 だから、自分が 「できた!」と思っていたもあっちこっち取りこぼししているのです。 

 で、昨日帰宅してから、息子は、
「う~んとね。代数、やばいかもしれないから、心しておいて」 というのです。
(ええええ~。やめてよぉ
「いや、証明問題はokだったし、他のもokはあると思うんだけれど、大括弧のついた計算問題がでていて、大括弧問題は絶対間違えるので、それは捨てて 他の問題の見直しすることにしたんだよね。」
(?! 捨てたの?? 大かっこ中カッコは、受験のときに嫌というほどやったのに。>たしかに計算ミスが目立ったけど)
で、私は、とりあえず冷静に「ふうん。でも、出来てるところもあるんでしょ?」と聞くと、
「わかんない」ですって。 「きっちりした答えが出たものがあったから、たぶんそれはあっているんだとおもうけれど、わかんない」 ですと。 たしかに、計算間違いは 合っていると思っているものが間違っているものだけれど、それは怖すぎる。
「やめてよぉ。お母さん心臓が痛くなっちゃうじゃない。」と言うと、ニヤリとした息子、「あ、どれもあってないかもしれない。0点かもしれいないなあ~」なんてにやにやしながらこっちを見るんですよ。

まったく!!「もうやめてよぉー。夏期講習になったら、大変なのは息子だからね」(点数の悪い人は指名制の夏期講習がプレゼントされる)というと、「いや、みっちり教えてもらえるから、むしろそっちの方がいい」なんてにやにやするんです。 ま、確かに指名制でなくても自分から志願して教えてもらいに行ってくれという感じですが。。。

 ハア。 計算間違い、あまりないと良いなあ。 

本人の方はいたって能天気な感じを醸し出していましたが、それが余計に心配の元といえば、元。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
そんなに驚かなくても
2010/07/06(Tue)
 息子が持って帰ってきたプリントには、バザー商品の回収についてだった。秋の文化祭に向けて、夏休み明けに募集するのだそうだ。 強制ではないけれど、一人2点だそうで、頂いたものはあまさず使ってしまう我が家としては、出すものがなさそう。 かといって買って出すのもちょっとだし。 一瞬これからちょっとしたものを作って出そうかとおもったけれど、刺繍は買い手がなさそうだし、袋などは、布を購入して、刺繍して作って出して、いくらで売れるのかなあ。500円で売れれば良い方だと思った。 だったらちょっと悲しいなあ。

 その話を家でしていたら、息子(期末テスト準備中)が、「お母さんの(今まで作った)刺繍を売ればいいじゃない」というのだ。
「う~ん。でも、お母さんの刺繍はいらないのがないから」と答えたら、 「えっつつつ!!!」と本気で驚いて、 「あんなにたくさんあるのに、一つも要らないのないの??

と言われてしまった。 うん。そうなんだよねえ。一つも要らないのないし、まだ作っていないキットも一杯あるけれど、それも一つも要らないのはないんだよ。
この記事のURL | つぶやき | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ギリギリの言葉のセンス
2010/07/05(Mon)
今日知ったものですが、

       ________∩_∩
     /   ノ ヽ (  ノ⊂ ̄))) ̄⊃
     /|ヽ  (_ノ  ._ ̄  0'ヽ 0'
    / |ノ  .)    (_)  ヽ  i (  ムシャムシャしてやった
 ∋ノ |  /――、__  ./(∩∩) 草なら何でもよかった
      / /| ヽ__ノ   | / ./   今は反芻している
    | ( | ( ’’’    | ( /
    |__ヽ.L_ヽ        Lヽ_ヽ
''" ""''"" "'''''" ""''"" ''" ""''"" ''" ""''"" ''" ""''"" "'''.

これ、ネットの世界でよくこういうのがでてくるたびに、うまいなあ。才能あるなあと思います。
ネタとするにはあまりにも悲惨な事件ですが、でも、こういう言葉のセンスは生まれつきなんだろうか。
どうやったら思いつくんだろう。

解説はこちら(リンク)


この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
忘れていた
2010/07/05(Mon)
最近、忘れたことばっかり。 今日は、忘れていたけれど、先日 中学ママ友としゃべっていて思い出したこと関係をチェックしてきました。

 昨年の骨折の保険が振り込まれているハズだったということ!
卒業後に通帳記入して、そのまま連絡がないので、忘れてしまっていました。先日友達と話をしていて、「学校から連絡来たよ」と聞いて 「間に卒業がはいっちゃったから大丈夫だろうか?」と心配になり、今日通帳記入しに行きました。 振り込みされていました。 良かった。

 先日の水泳パンツ事件の話、先生は、
「先生のを貸してやろうか」
「えっつ! いや、いいです。」(<私の想像。断ったというのでこんな言葉づかいだったろうと)
大丈夫。ちゃんと洗ってあるぞ!
息子は、 (いや、そういうことじゃなくて。先生のを借りるなんて申し訳ない。)と思ったらしい。

 聞いてあまりの”のんびり”さに、笑いました。 そういえば保護者会のときにもこういうまったりした空気があるなあと。

 ふと思えば、pon家近辺は、公立内申がビッシビッシに厳しいところなのです。 宿題わすれ、提出わすれ、忘れ物、全部得点化されてしまいます。 授業態度も点数化されます。 pon家最寄りの学校はその中でも比較的内申が厳しい学校で、ダブルパンチです。周りの子、今週6日くらい塾に行っていますし、クラブ活動も点数化されるので、一生懸命です。もちろん生徒会活動も点数化されます。ママ友に聞いてもとっても大変です。
 息子の性格と私の性格考えたら、ボッケボケ親子なので、地元の公立ムリだったと思う。つくづく思います。

そうそう。足の皮 はげました! かかとがガサガサになる人には良いかもしれません。一旦ひび割れせんべいみたいになって、その後、パンを作った後の手見たいに ひび割れがボロボロおちてゆきました。
 でも、私の場合、マメやタコが気になっていて マメやタコは皮がむけても取れませんでした。残念。 
この記事のURL | つぶやき | CM(2) | TB(0) | ▲ top
テスト前
2010/07/03(Sat)
息子テスト前でございます。

先日の水泳パンツ、あまりおとがめもなく、「ん?じゃ先生の水泳パンツ貸してやろうか?」と言われたのだそう。
借りたらデカイでしょう。
「さすがに、借りるのは遠慮した」と息子。 うんうん。無理だと思うよ。

こういう点で、なんかゆったりした学校なのかな? と思う今日この頃。 とりあえずホッとした。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ああ。失敗!
2010/07/02(Fri)
今日は、朝からなんとも調子が出ない日だった。いつもより遅めの時間で弁当を作っているときに、制服に着替えた息子のズボンのお尻のところの布の経糸が切れて出ていることをpon1が発見。 「お母さんどうしたらいい?」と言われて 「糸を内側に入れるしかない」と言ったのだけれど、弁当作り優先。 
 手伝おうとしてくれたpon1がソファにすわって色々トライしているようだけれど、うまくいかないらしい。
弁当を作り終えたので、お尻の糸を入れて渡した。
 持っていくものがあるとかないとか息子もなぜかバタバタしていたのも、今日は調子が悪かったのかも。今日は朝1時間目から水泳だから、最後に ここのところチェックしたことのない 「携帯は?」とか「水泳道具は?」とかチェックして、送り出した。 いつもよりも少し遅めの出発になった。

 夫が家を出る時間になって、「今日はボクの弁当はないのね」というので、作るのを忘れていたことに気付く。
「あ、ごめん。」と夫を送り出した。

夫が出た直後、息子の水泳パンツが残っていることに気がついた。昨日水泳道具をバッグに入れた際、水泳パンツを入れ忘れていたみたい。<これは私のミス。 昨日はぴーで、結構疲れていて、なんだかいつも以上にヘンだったんだよなあ。
 あわてて、出たばかりのpon1に電話した。 pon1に持って行ってもらえば間に合うかもとおもった。
でも、出ない。 電話せずにすぐ着替えてそのままpon1を追いかけた方が正解だったのかも、と後悔しながら、着替えてお化粧しながら、間に合いそうな時間をネットで検索したら、どうやっても1時間目に間に合わせるのは無理ではないかと思えて来た。

 ああ、忘れ物だ。最悪だ。(--;)
おまけにこれは私のせいだ。水着を準備しようとしたときに、「ああ、入れておいたから」って言っちゃったんだよな。昨日。息子はそれを信じていたんだと思う。
それに、朝から昨日のO.Cのテストが今一つだったとかなんとか、ヘンな話になって、こっちもいろいろ話をしていたら、なんだか調子がくるってしまったんだよなあ。

 と、あきらめて そろそそろつくはずの息子に、電話してみた。 意外と明るい声で出た息子に 「ごめんね。実は~」と話すと、 「うぉっほっほ」と、驚いて 「ま、いいよ。しょうがない」と答えが来た。

ハア。 なんだか今日は調子が出ないなあ。 気を取り直して頑張ろう。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。