2009 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
言えないよ
2009/07/31(Fri)
 先日塾からの帰りにバスに乗っていたのです。途中から男女のペアが私たちの前の席に座りました。
席についたときに、なんとなく 「メロン?」というような香りがしたのを覚えています。 息子と今日あったことなど、とりとめもなく話していたのですが、だんだん息子がしおれてきている様子。私も香水のにおいが鼻について 「ちょっと気持ち悪いかも・・・」と思い始めていたので、あ、息子、もしやこの香りで調子が悪くなっている?? と予測しました。

 「こっちにずれる?」と聞くと 息子は、「うん」とすかさずずれて横の席に移りました。 「なんで?」という答えが返ってきたら思いすごしだとおもっていたので、 「たぶんそうなんだろうな」と思ってみていたのですが、ふと視線を感じて顔をあげると、席についた女性が私の方をじっと見ていました。 

 帰宅してから息子が言うには、
女「なんで席、うつったんだろう?」
男「キブンじゃね?」
女「前もそういうことあったんだよね。電車で隣の人が~」 だそうで、

息子と、「ああ、その電車の人も臭かったんだね。」と話しました。息子はバスに酔ってしまっていたそうで、かなり気分が悪いところまできていたのだそうです。私もちょっと胸がむかむかしていたので、危ないところでした。

息子、「男の人はきっとあの香りに慣れちゃってわからないんだね。」と。

女性が、近くの人が逃げていくことについて、気にしているのであれば、「香水が気持ち悪いです。」と言ってあげた方が親切なのかもしれませんが、失礼なのでそういうことって言えませんよね。それに、聞かれたわけでもないし。 それにこの手のことって、自分から聞いても改めて言われると 気分を害する人ってありそうな気がします。
 昔よく聞いたのが、スカートのファスナーが開いていることを教えて怒られたとか。。。

難しいです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大丈夫か?オレ
2009/07/31(Fri)
 ひとつ前の記事、トラブルぶるぶるの件、「危険は察知して避けろ」と話しまして、その後の2日間はどうにかうまく避けられている様子です。相手はいまのところ隣のクラスだから、割と簡単に逃げることができるようです。 毎日迎えに行っているので帰りに息子の様子をそれとなく観察してみると、みなとにこにこ楽しそうに話している息子発見。 そうなんだよね。特定の子以外はokなのよ。 からまれやすい性格がどこかにあるんでしょう。 やっぱり楽天的だからかなあ。

 ところで、今日はやっと塾が休みです。日曜からはじまって5日行って1日休み。これによって私の曜日の感覚がくるってしまっています。 よく、痴呆の検査で「今日は何月何日何曜日ですか?」と聞かれるという話を聞きますが、今これをやられたら私は答えられません。 だって、日々めっちゃ忙しいから何月何日何曜日なんて全然気にしていなくて、「今日は塾がある」「今日は塾がない」しか気にしてないもの。

 それで、「マズイよなあ」と思っていた矢先、息子が塾に行ったあとに、前回の息子のテストのケアレスミスを見直ししていたときに、基本問題なのに、解説に書いてあることが理解できなくて、「マジでヤバイんじゃない??」と心配になった私。 もちろん基本問題だから式しか書いてなく、その式が成り立つ理由が分からないという。。。 分からないわけないのに、わからないって。。。とあせっておりました。
 帰宅したpon1をつかまえて、 ねえねえ、この式なんだけれど、どうしてこの式が成り立つかわかる? と聞いてみたところ、pon1もその数字がどこからきたか分からないとのことで、少しほっとしたのです。 「参考書を見てみたら?」とpon1 実は、すでに参考書の中を探したのです。でもそんな解き方はしていなかったし。 外部テストだったので、その塾独自の解き方があったのかしら。(というほど、応用の問題ではないのですが。。。)

 おまけに、帰宅した息子、 「おかあさん、カメレオンをさかさまから読むと何になると思う?」と。
以前はさかさ読みは得意だったのに、なかなか出てこない。 (TT) ンからはじまるのが難しいのかも。
 それにしても 確実に頭はさび付き始めているようです。 大丈夫かな? 私。。 

 塾は休みでも、やること満載な息子。 先日はこんな会話があったとか。
先生 「明日は塾は休みです」
子どもたち 「やったー」
先生 「あ、間違いました、明日は”休み特訓”です。」
子どもたち 「え~~~」
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トラブルぶるぶる
2009/07/29(Wed)
 も~。息子の世界はもっとなにもなく平穏にはならないものでしょうかね。 私も子どものころにこんなにいろいろあったのかしら? 気苦労でどんどこ老けてしまいそうです。
 というか!!! はっきり言って 悩みは勉強のことだけにしたいです。

昨日は、ケアレスミスがなかなか治らない息子が、なかなかとれない100点を2つ取ってきたので本来だったらめちゃくちゃ褒めたい私だったのですが、褒められない(TT)


ひとつは、物の整理ができない息子のこと。 もちろんそれは直したいと常々思っているのですが、息子の片づけレベルが10段階の2だとして、今片付けなくてはいけないものが 10段階の15くらいあるんですよ。塾がプリントだらけで、毎日毎日プリントされた教材を多いものは一教科に3,4冊もらってくるのです。だから帰宅した息子からそれを受け取って 区分して整理するのは保護者の役割と位置付けられています。 いえ、ファイリングは私でよいのです。 でも、持ち帰るまでになぜ無くすのか???  なくしても配布されたものはもうもらえません。借りてコピーしなければなりません。 おまけに持って帰らなかったのは翌日までの宿題と当日の解答。<どうやって次の日までに今日の分をマスターするんでしょう。。

もうひとつは、塾でチョッカイ出しの子に目をつけられた様子。息子の場合、集団に入ると最初に必ず目をつけられてちょっかいを出されるのはどうしてなのか??? 本人がけんかを売っているわけではないのに。。  想像してみたところ、息子の場合、たとえ成績が悪くても楽天的で能天気なので、楽しそうで目立つのかも。 

 今回蹴られた子には、前にクラスで隣同志になったときにも突然たたかれたというので、「どうして?」と聞くと、自分がたまたまできた問題があったので、「よっしゃー」といったらたたかれたとのこと。 よくも悪くも自分しか念頭にない子なので、隣の子ができていなくても気づかないんですよね。
 出来ていない問題も多いだろうに、その時にめげず、できたところで喜ぶから ちょっかいを出されるのではないかと。。 

 今回のことだけではなくて、息子の行動パターンが変わらない限り、こういう目にはずっと会い続けるということになると思うので、先のことを考えると気が重いです。なんとかトラブルを呼びこまないように性格を直してほしい。 かといって、楽天家なのは息子の良いところだと思うので、委縮してほしくはないんだけれどなあ。

 こんなことで悩むんじゃなくて、今悩むべきは成績でしょう!! と思うのだけれどねえ。

この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
う~ん
2009/07/29(Wed)
 諸事情あり、新聞もニュースもちゃんと見てないですが、どうやら自民党は、消費税増税と抱き合わせで、3~5歳児の幼児教育無償化や低所得者の授業料無償化や奨学金制度をマニフェストにのせるのだそう(マニフェスト<イタリア語なんですってね。なんでこれが使われるようになったのでしょう。wikipediaを見ると、イタリア語がイギリスで使われるようになったということのよう。それでかな?)

  う~ん。まず、低所得者の授業料無償化 どのあたりから低所得になるかはわかりませんが、あの基準って本人が思うよりもず~っと低いところにありますよね。 生活保護家庭はすでに授業料などについて減免措置があるとおもうから、それを引き上げるということなのかな?

 次に、幼児教育無償化なんですが。。。これって、本当にできるのかしら?いまどきの幼稚園保育園がどのくらいのお金がかかるか分かってないのではないかと思います。うちは公立保育園でしたが、確か1か月3~4万円払っていました。ほどんどの人はうちと同じような家庭だったので、このくらいは払っていると思います。 それを無償にして、なおかつ私立も無償にしてというと、財源が足りないと思いますよ~。 消費税をとんでもなく上げなければ。  この幼児教育自体はうちとは無関係になってきましたが、財源確保とおっしゃっているからには税金をここに充てるつもりなのだと思います。でも、絶対足りないって。。試算したんでしょうかね? おまけに子供が増えればふえるほど足りなくなるという恐ろしさです。 また、今のように不況だったら、お母さんの仕事の関係で、二重保育していらっしゃる方も多いと思います。たぶん、二重保育分は対象外だと思います。きっと、そこまで対象にできませんよね。

 奨学金制度はその条件資格認定があるでしょうから、そこまで膨らむとは思いませんが。。

 危ないなあ。 どんどん税金で絞りつくされそうです。  たしかに、民主党のこども手当などの財源が本当にムダを省くだけでできるのか?(<できるならば本当にうれしい。) このあたり、詳細な削減予定のムダを金額つけてずらりと並べられたら最強だと思いますけれど。。。

 なんにせよ、「とかくこの世は生きにくい」 (注:本来は この世は住みにくいですね。。) です。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ハワイアンキルト 完成なのよ。
2009/07/28(Tue)
とりあえず、完成したので備忘のため貼っておきます。
PICT2424.jpg

 出来上がって他のクッションと比較してみると、前から使っていたクッションは、気付かないうちにつぶれていてまるで座布団のようです。 前のクッションがちょっとみすぼらしい感じ。

ハワイアンキルトは、この彫刻のような陰影があってこそ美しいんだなあと思いました。

しかし、今回のハワイアンキルト、いい加減に作ったのでよく見るとイマイチの部分も多いです。でも、気にしない!
この記事のURL | 手芸 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
乗り遅れ
2009/07/28(Tue)
 夏休み初日に

「夏期講習の宿題って多いの?」と聞くと「ううん。少ないよ。日頃と同じくらい出たら(科目数が多いし、連続しているので)次の日までにできないじゃない。」と返事があり。「それもそうよね。」と。 



こんなことを書いておりましたが、大きな間違いでございました。 たしかに一つ一つの科目の宿題量は多少少ないかもしれませんが、1日にやる総量は各段に大きいものでした。 夏休み前にすべての履修範囲を終え、夏休み明けからは演習に入るわけです。そのため、「全部知ってるはずだよね」という観点でいろいろ宿題が出ているのではないかと。 ということで、ちょっとでも躓くと支障が出てくるのですよ。
 ぎゃ~ん。

 ということで、昨日の算数は入塾してから習ったことがない単元でした。そのため、ちょっと手こずった息子は、今朝まで宿題の山を残しつつ、宿題消化さえできないかとまたもや思いましたよ。(TT)
どうにかこうにか片付けて出かけていきましたが、少し遅れが出ているので、このまま塾が休みの日まで破綻しないかどうか心配~。 私もやることがたくさんあります。 息子が6年生になるまで、お母さんが「受験で大変」というのを聞いて、「受験するのは子供なのに、母は何が大変なんだろう?」と不思議だったわけですが、よくわかりました。 こんな風に大変だったんですね。 それとメンタル面もね。

 勉強の成果はとりあえず置いておいて、(置いてよいのかというココロの声も聞こえますが)塾に行くと楽しそうに友達と話している息子を見ることができました。 すごく良い感じです。 息子が煮詰まっていないのが救いです。
 
 息子も頑張っている。私もがんばろう。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
怖い話対決
2009/07/27(Mon)
 ずいぶん前になるけれど、「恐怖の味噌汁」「悪の十字架」というような怖い話のエントリーをかきました。翌日も書いてました(内的辞書の話でしたね。) 

 息子は、またこのテの話がブームのようです。ま、季節は夏だし。
いろいろ言ってくるので、私も即興で作りました。

 ある、薄暗い森の中を女の子が一人で歩いていました。女の子の手には。。。悪魔の人形がにぎられていましたとさ。  悪魔の人形= あ、クマの人形。

 すると息子、ケラケラ笑って、自分の口が笑ってしまうのを止められない状態でにやにやしながら、

2007年4月19日 午後7時46分32秒、東京都足立区の団地で、24歳無職、趣味はつりと暴飲暴食の男性が、自宅付近の公園の東側植込み横で、すすす~っと影がついてくるのを見ました。


 
 というのです。「なに?それ~え」というと、吹き出しそうになりながら、「ん?無意味な情報をいっぱい詰め込みたかったの」だそうです。 で、この物語のオチは、 すすす~っと影がついてくるのを です。 すすす~っトカゲが付いてくるのを で、それを聞いた私、 「なんだ、怖い話じゃなくて、かわいいじゃん!」 息子「だよねー」 だそうです。

こんな物語を残して、息子は塾へ行きました。 ちゃんと宿題は終わりました。残った時間で復習の復習と、学校の宿題を少しやり、午前中に「やってもいいよ」という課題は、5日間で4個やればよいので、今回はパスすることに。 いやはや、息子は今週も気を抜けるときがなさそうです。
 息子が元気で明るいのがとりあえず救いです。
 
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
嘘も方便
2009/07/27(Mon)
 昨日の記事を今読んで思ったのだけれど、なんで電話でしゃべっているのに、正直に「夕飯はまだ作ってない」なんて母に言ってしまうのか。馬鹿正直ですな。
 どうせ電話だし、「そんなの完璧に作っているに決まってるじゃない」って返事をすればよいものを。
そう返事することで、母も安心し、私も嫌な思いをすることがなかったわけだしね。
 次回からそう努力してみよう。 とっさにそういう芸当ができるかは自信がないけれど。

 さて、夏休み2日目。息子は塾。pon1はかんかん照りの暑い中町のお祭りに借り出されて気の毒だった。アスファルトの道を扮装して1~2時間皆で歩くのだ。 なんでよりにもよってこんな暑い時期にそんなお祭りをするのか? おまけに、そんな行列に出たいと思う人がいるわけもなく、担当でないときも指名がくるから困る。そうして、ひとがいないことが分かっているので、断りきれないんだよなあ。 今年は担当だからしょうがないけれど、来年もきっと指名されるんだろうな。 

 で、あせだくで帰宅したpon1に息子の迎えを頼んでしまった私は、なんてやつだ。。 ま、昨日は私ががんばったので許して下され。私も前日がなかったら息子の迎えくらいは行ったとおもう。ごめんね。>pon1。

 息子は元気一杯で帰宅。 録画してあったアニメを見たり、テレビの特番を見たりしつつ、食事やお風呂を済ませ、さっさと宿題に取りかかっていた。「夏期講習の宿題って多いの?」と聞くと「ううん。少ないよ。日頃と同じくらい出たら(科目数が多いし、連続しているので)次の日までにできないじゃない。」と返事があり。「それもそうよね。」と。 理想的な時間に宿題を全部終わらせてゆっくりしている息子に、「昨年はおためしで塾に行っていたけれど、宿題が終わらなくて泣きそうだったよね。今年は力がついたということかな?」 なんていいつつ就寝時間になったので寝た。

一夜明けて

 今朝、なんだか宿題っぽいものをやっている息子を発見。それも、国語も算数も。「それって宿題?」
「うん。」「だって、昨日終わったって言ってたじゃない?」というと、「寝る時間になったから」だそうで、 どこまでのんびりしているんだ。息子よ。 昼になったら塾が始まるし、それまでに宿題を済ませなければいけないのに。 塾からは「宿題はその日のうちに済ませて、午前中はコレをやること」と課題までもらっているのに。課題はいつやるんだ??? (TT)
だから昨日「宿題は多いの?」と聞いたよね。「今年は宿題が早くおわるね。」って感想をもらしていたよね。 「宿題は全部終わったの?」と聞かなかった私が悪い?いや。受験する6年生だったら本当はその辺のことはできている人がほとんどだと思うんですが。。 うちはまだまだこんな状態です。
 宿題の多い塾ではあるのだけれど。 そうして、前回やったことが今回テストに出て、その成績により、クラスが上下するわけで。通常とは違い、ブロック落ちも日常的にあるのだそうで。。 ああ、先が思いやられます。 

 ガミガミ言わないからバトルにはなりませんが、こんな悠長な様子で本当に大丈夫なのか?(TT)

つい、愚痴ってしまいました。

息子の今日以降の改善を期待しておきます。 今日は息子と一緒に出かけて図書館へ行く予定。予約本が届いたと連絡があったし、そろそろ返却期限を迎える本もあるので。


この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏休み突入
2009/07/26(Sun)
昨日夏休み突入。 しかし、忙しい一日でした。

夏休みの学校行事があったため、お手伝いに9時前には学校へ行きました。それからお昼まで休む間もなくずっと風船つりの屋台のおばさんをやっていたのですが、お昼過ぎに家に帰ってみたら首の凝りがはげしくて、ずっと以前の首の凝りが戻ってきたかのようでした。 思うに、長時間うつむいてばかりだったため、ぶり返したのかと。

 帰宅してから、多少家の中を片付けたり洗濯したりしつつ昼食。あっという間に4時になっていて、「もう夕方だ!!」 昨日の雨で息子の花火が一日延期され、夕方から花火をすることになったのはよいのですが、その前に近所のお祭りに出かけてかき氷などをゲットするという話になったあたりから、「それじゃ、子ども会を手伝わないとまずいじゃない。。」と急きょ子ども会の屋台を手伝うことにしました。
「今年は受験なので、お祭りには参加できないとおもうので」とお手伝いを断っていたのに、子供が参加するのではいかないとまずいです。

 まず1じかんばかり屋台を手伝って、目のまわるような忙しさでした。 その後、花火をする息子についてお友達の家の前へ。  お母さんと二人花火の世話をしつつ夜9時ころまで過ごしました。

息子は朝は学校のイベント、夕方からお祭りと花火と盛りだくさんだったので、「たのしかった~。夏休みを満喫した~」と言っていたのでよかったのかもと思っています。が、私の方も忙しかった~。

 実家方面で豪雨のニュースが来ていたので、母に電話してみると、夕飯の準備をせずに屋台に出ることで、小言を頂戴してしまい、 あ~ヤブヘビ。
 だいたい休みの日の朝8時代から出かけてずっと肉体労働していた身としては、「そんなに完璧にこなせませんって。『お母さん』だって息抜きしたいときはあります。」と思いました。
 今思い出してみたら、父の出張の日に夕飯が缶詰だけだったり、お昼のメニューが惣菜ものだったりしたことって、子供のころに何度もあるぞ~(実はその日が楽しみだった。 子供も毎日毎日残さず食べろと言われるのは苦痛なのだ)

 でも、きっと母はそんなこと忘れちゃってるんだろうな。それに、「ちゃんとした夕飯を作れ」というのは正論です。心配から出た言葉だと思う。 しかし、そういうちゃんとできていない時に限って電話してしまう私のタイミングも悪いです。
たとえば、

夏の前菜の盛り合わせ
パスタとリゾットの取り合わせ
いかすみ入り手打ち細麺の文甲いかとズッキーニのソースカラスミ添え
ピスタチオとレモンのリゾット
牛ロース肉と夏野菜のグリル、酸味の効いたグリーンソース
デザート
パン、コーヒー



というようなメニューを作った日に、 早口で母に今日のメニューは ~~~~~~~~~よ。などと毎回電話してみるのが良いかもしれません。
 ※ 上のメニューはネット上でレストランのものをいただいてきました。うちのメニューでこれはありえません。(^^;)

 さて、今日から息子は夏期講習です。「今日ボクは一日涼しいところにいるんだよ。いいでしょ~う」なんて言いながら出かけていきました。 ムリのない範囲で実りある夏休みにしてくれるといいと思っています。

この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小降りになって少しホッと
2009/07/24(Fri)
 今日はまた歯医者なんですよ。前回と今回2回に分けて歯のクリーニングです。 (私としては、問題ないなら本当は行きたくないんですけれどね~)それと、夜寝るときにつけるマウスピース(ナイトガードと呼んでいます)の調整だそうです。 こちらはあった方がよさそうだからね。

 まあ、駅前まで行くので、ついでの仕事をいくつか片付けてくるとしましょう。ふぅ。 雨がふらないでいてくれたらいいなあ。

 そうしてお昼ころに息子が帰ってくる予定。 その後 個人面談ですよ。こっちも気が重いです。

昨年も一昨年も 「面談なんて話すこともないし」と 気楽に行ったら 心臓に悪いことがたくさんあったしなあ。 今年は息子に 「お母さんがビックリするようなことがあったら、コワイからいまのうちに危ないと思ったことは言っといて」と頼んだのですが、本人はたいしたことではないと認識していることの方が怖かったりします。

 いつも拝見しているブログの写真がめちゃくちゃかわいかったのでurlを貼ってしまおう。
このブログの写真は、「ああ、どの動物もみなこんな表情をするんだな。人間と同じだな」と思うようなほっとする写真が多くて大好きなんです。

ryonouske's Animal Gallery (ドキドキしちゃったな。。。)
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雨雨で夏休み突入
2009/07/24(Fri)
今朝も雨。日食あたりから雨の日ばかりのような気がします。
息子は、明日から夏休みに突入で、今日は友達と花火をする約束をしているので、夕方雨が降らなければ良いけれど。 思った以上に夏期講習がみっちりで友達と遊ぶ時間がありません。それどころか夏休みの宿題をやる時間さえも危うい状態です。
 危機感をもった息子は、昨日持って帰ってきた夏休みの宿題を「いまのうちにやっておこう」と言ってやりはじめました。

 噂に聞いていた 受験生の夏休みが、明日から始まります。

 
 
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日食 見た。見逃した。
2009/07/22(Wed)
 多少暗くなるだろうからとタカをくくっていた私は見逃してしまいました。 学校から帰宅した息子は「雲の間から奇跡的に見えたよ。 学校で観測したよ」とのこと。よかったねー。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
脈絡ないですが
2009/07/22(Wed)
 食パンや、ロールパンの袋の口を止めている 凹 こんな形のもの、何と言うかご存じですか?
爪がついていて、製造年月日も刻印されているアレです。

バッグ・クロージャーというらしいです。
うちでは、ついついこれがたくさんたまってしまいます。プラスチックでできているらしいので、ペットボトルの蓋と同じように、回収できればいいのになあ。

ところで、これの正しい開け方、しめ方ってご存じでしたか? 

クロージャーの正しい開け方、しめ方(クイックロック)

 一回開けたら口をくるくるねじってもうこの爪は使わないことが多かった私ですが、こうやって開けるということがあったのか~と、実際にやってみました。 たしかにこのやり方の方があけやすいです。

ついつい集めてしまうのはどうしてでしょう。  たまに掃除で爪代わりにカリカリやったりするのに使いますが、ほとんどは使わずに捨てています。 何か使い道があると良いなあと思ったりします。

 検索したら、20個くらい集めて写真立て、(あ、それ、アルバイト時代に誰かやってたけれど、今一つだったなあ) タオルの両端につけて、ずり落ち防止などだそうです。 ううむ。
この記事のURL | しらべたこと&へえーと知識 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
壮大なすれちがい
2009/07/22(Wed)
雨ですねえ。 みんながっかりしてしまってるだろうなあ。悪石島まで行った人たちには少しでも見えるといいなあ。

 すれ違いと書いたけれど、実際はすれ違ってないのに、地球から見るとすれ違って見えるということだけれどね~。 残念でした。

この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
同じです
2009/07/21(Tue)
 先日、バスでばったり会ったのは同じマンションにお住いの女性でした。 年齢はお聞きしていないけれど、たぶん私よりもずっと年上だと思っていました。

 さて、バスを降りて話したのは、当たり障りのない話題「天気」。 「暑いですねえ」と私。すると先方「そうですよねえ。これだけ暑いと眠くなっちゃって」と。 それを聞きながら ハッ!私、最近すごく眠くなってる。 もしかして、私と同じくらいの年齢なのかもなあ~なんて思ったりしました。

 それはさておき、眠いです。もう夏休みに入られたご家庭も多いのかしら。うちはまだ今週中は夏休みではありません。 今日は着衣で水泳をやって帰ってきた息子、さぞぐったりかと思いきや、あまり暑くなかったからか比較的元気でした。 スイミングスクールで着衣泳法を習っていたものの、あの当時は短パンにTシャツでした。今日は長ズボンにトレーナー指定です。 「どうだったの?きつかった?」と聞くと「楽勝だったよ~」と息子。とはいうものの、帰宅してから1時間半くらい寝てしまいました。 その息子を見ていると私も眠くなって私もぐうぐう。そよそよ来る風を感じながら寝るのは気持ちよかったです。

 やっぱり夏は年齢関係なく眠いものなのかもしれません。
 
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トランスフォーマー リベンジを リベンジ
2009/07/21(Tue)
昨日は、休みだったので、先日見られなかったトランスフォーマーリベンジを見に行った。

やーすごかったです。画面が大きくて音響もすごいので、やっぱりこの映画はDVDじゃダメでしょうと思いました。 この手のものはストーリーがだいたい決まっています。

1)宇宙から悪者がやってきました。
2)みんなで悪者とたたかいました
3)結構あぶなかったのですが、どうにか勝ちました。
めでたしめでたし。



という予定調和ものです。 素材はちがいますが、水戸黄門と同じです。だから、ストーリーを求めてもそれはムリというものなのです。見どころは いかに映像がすごいか?とかいかに音響がすごいか?というところになりますから、やっぱり映画館ですよね。

 映画自体は 「どういう構造になっているの?これは??」とおもうほど大画面いっぱいにぐっちゃぐっちゃの機械がうごきつつ大写しになることが何回もあり、「人間はわからないものほど、”すごい”と思いやすい」の効果がぐ~んとあります。
 私も見ながら「わ~。どうなっているかわからないけれど、なんかすごい」と思いました。

おもしろかったです。 ちょっと息子と一緒に見るには微妙かなと思う場面もありましたが。。ま、あの程度だったらOKなのかもなあ。。

 その後、息子は大好きな石の店に行き、虎の子のお小遣いをはたいて石を吟味しつくしたのち、3つばかり購入していました。 帰宅してから、新しいコレクションをレイアウトしつつ、「これ、意外に安いのがわかっちゃうのがいやだ。」とつぶやくので見てみると、石の名前の横に価格が書かれています。 「修正テープで消したら?」というと、一生懸命消していました。 たしかに消した方がかっこいいかも。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
反省
2009/07/17(Fri)
 今日はボに行ってきた。同じ学年のお母さんが二人いらしてた。「今日のプールはどうなるのかしら?」と話が出て、 「え?プール?」 。

 息子はプールの準備をして行かなかった。

そうだよなあ。
昨日は塾があった。塾のある日は忙しい。学校から急いで帰らないとバスに間に合わない。急いで帰って、バスの時間まで、少しでも空き時間があったら前回の授業の内容をチェックしている。昨日は汗だくで走って帰ってきたので、シャワーをあびさせた。 

 で、学校からのプリントを出さなかったんだよなあ。

息子が出掛けた後、プリントをもらっていないことに気がついた私は、忘れないように息子のランドセルの中からプリントだけを抜き取ったんだった。(いつもは息子はプリントと一緒にプールカードを私に渡す。) いつもと違うことをしてしまったから、私も悪い。

 塾は夜9時過ぎまである。帰宅は9時半すぎる。 そこから夕飯を食べ、お風呂に入り、計算問題や、宿題をできるところまでやる。だいたいはそれで11時すぎるので就寝。 昨日は11時過ぎに本を読み聞かせしてしまったものなあ。反省。

 朝、息子は7時過ぎに起きる。 朝食を食べ、身支度をして 出かけるギリギリまでコマ切れ時間で勉強する。今日は苦手の社会をやって、いつもより2分早く終わったので、もう1単元やるといって追加でやって出て行った。

 忘れ物をしたということを、今度の保護者面談で言われるかもしれないけれど、私が小学生のころは学校のことだけを考えていればよかったんだよなあ。たしかに、それでも忘れものをしないしっかりしたお子さんは多いだろうけれど、今回は息子のことを 「忘れ物をした」と叱れない。
私以上によくやっていると思うから。 それに、プールに入れなくて一番悲しかったのは息子だと思うから。 だからといって、先生に「息子は受験するから塾に行っているんです。だからいっぱいいっぱいなんです。」とも言えない。そんなの理由にならないもの。

 プールは給食の後だそうだ。雲行きが怪しいので、つい「雨になったらいいな」なんて思ってしまう私だ。スミマセン。

 来年春、希望する学校に入れたら、今度こそ、学校の授業にだけ一番集中すればよい日がやってくる。だから、その日まで。どうにか。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ちょんまげ
2009/07/17(Fri)
 昨日は久々に図書館へ出かけた。
最近は「盛りヘアー」なるものがよくテレビで紹介されているけれど、私は盛りヘアーならぬ結びヘアーで出かけた。なんといっても、昨日は暑かった。

 バスにのって気付いてみると、多くの人がちょんまげ状態だった。

上左はかなり長さがないとできない感じで、うねうね曲がったちょんまげだんごが、難易度が高そうに見えるけれど、たぶん頭の格好がよくてそれなりの髪の長さがあったらゴムをぐるぐる巻きつけるだけでできそうな感じ。でも、ちょっと勇気がいりそう。

上真ん中は髪がきれいで量があったら簡単だし、見栄えもきちんとしていると思う。

上右は前髪をポンパドールにしていて、後ろは1つにまとめた毛束をさらにまとめたゴムに通して毛先をバサッと出した感じ。

 まとめ髪は夏場にとても活動的で涼しくて便利だけれど、私はどうもうまくいかないんですよねー。
うまい下手の問題もあるし、頭の形の問題もありそうです。
バスにのって、ふと「だれ?このおばさん?」と視線をあげるとななめ上方面の鏡に自分が写っていました。 なんだかショック。 なのに、バスで知り合いにあってしまい 二重ショック。

 おばさんとはいえ、女ごころは複雑なのだ。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
じゃりじゃり
2009/07/16(Thu)
 ここのところ、強い風の日が続いていた中で昨日の風は特にひどかった。

息子も、「中学校のグランドからやってくる砂が ハムナプトラみたいだった」と言っていた。
そうそう。そんな感じ。

といっても、映画を見た人じゃないと分からないかもね。
画像を見つけたからにリンクしてみますが、 
下手絵を書くとこんな感じ。

 え?却ってわかりません? なるほど。すみません。。(^^;)

家の中もじゃりじゃり。昼間に一回拭いたのに夕方にはまたじゃりじゃりでした。窓を開けなければよいのだけれど、開けないと暑いしね。むつかしいところです。

一応ハムナプトラも貼っておこう。

ハムナプトラ/失われた砂漠の都 【ユニバーサル・Blu-ray disc 第1弾】
ハムナプトラ/失われた砂漠の都 【ユニバーサル・Blu-ray disc 第1弾】ブレンダン・フレイザー, レイチェル・ワイズ, ジョン・ハナ, ケビン・J・オコナー, スティーヴン・ソマーズ

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2008-12-19
売り上げランキング : 44013

おすすめ平均 star
star画質はイマイチ
star流石ブルーレイです!!
starやっぱり1作目が一番

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ブルーレイです。初期のDVDより安いものの、1000円前後が基本のDVDを体験した後ではこの価格は割とずっしりきますね。 といっても、私の家にはまだブルーレイありません。 テレビも古いし。
エコポイントがつくうちに買い換える方がよいのかな。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
やっちゃった~
2009/07/15(Wed)
 今日の交通指導は午後からだったのです。 1時間前くらいから 「行かなきゃ」と思っていたのですが、30分前くらいになって、「まだもう少し時間があるな」その間読書でもしようか。。と思って本を読みました。

 梅雨明けで乾いた風がビュービュー吹いていて。でも、風が吹くと結構涼しいねえ。。と思っていたら、キャーキャー子供の騒ぐ声で、はっ!
 目がさめました(?!) 私ったらうたたねしてた??? 時間を見ると予定時間を5分すぎてます。いや~ん。

 急いで外に出て相手の方に謝りました。まさかうとうと寝てたとは言えませんでしたが、顔でばれてたかも。(^^;)

 それにしても暑いです。 「こんな外をよく歩いて帰れるなあ」とおもうほどの暑さです。 子どもたちもげんなりしている様子でした。  家の近くの中学校の校庭にはものすごい風がふきつけて、黄色い砂塵が大きな雲のようにながれだしていました。息もできないほどです。 この暑い中、校庭いっぱいに子どもたちが広がって体育?行事?をしていました。途中スプリンクラーが1回まわりましたが、まさに焼け石に水。 校庭の子供たちはキャーキャーたのしそうでしたが。 中学校のグランドを芝生にしないのかしら。 いつも思うことです。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
梅雨明け
2009/07/15(Wed)
 昨日は比較的からっとした気持ちのよい一日でした。梅雨明け宣言もあったしね。

本来学校の掃除ボに出かける予定だったのですが、ぎっくり背中?のためパス。 今日はずいぶん改善されています。やっぱり姿勢がいけなかったのね。

今日は別のボに出かけて、そのあと下校指導に行きます。暑そうだなあ。

以下おまけ

今朝、ブログでみつけた面白いCM (意外満載)


下のコマーシャルは日本のものなのですが、最近見るテレビが偏っているのか一度もみたことがありませんでした。


これは見ていておもしろいし、ちょっとやってみたい。






この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
姿勢大切
2009/07/14(Tue)
いやはや、首が痛かったり、背中が痛かったりで不便不便。 ここのところの生活を反省いたしました。

 これは、ヘンな姿勢で刺繍をしていたせいではないかと。。

 
床に座ってソファーの座面を背もたれにするという究極お行儀の悪い姿で毎日刺繍してました。


たまに、ソファーに座っても背もたれに背中をつけると 天井方面が見えるような形になるため、ソファでも背をまるめていましたし。。あ、それに座面はこの絵よりも低いから、もっと背中が曲がっているかもなあ。

 ということで、昨日はソファに座らず、手芸関係をほとんどやらずたまにストレッチしながら過ごしました。少しマシになってきたかも。

 だってねえ。不便なんですよ。お風呂で髪をあらってもピキッとくるのだもの。 
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
幻覚?!
2009/07/13(Mon)
 今日はかなり蒸し暑いです。 帰宅した息子は「エアコンをつけたい」というのですが、居間のエアコンは効きがわるくて、「こんな日はエアコンつけると余計に蒸し暑い感じよ。」といいつつ、初エアコンをつけてみました。 しばらくなんやかやしていて、ふとベランダをみると、ちょこんと猫が座っているのです。
まるで、招き猫のようにお行儀よくこちらを向いたチャトラです。

 あれ? なんで猫がいるの?? というと、息子も 「え??なんでなんで?」 そーっと窓をあけると警戒した猫は、ちょっと逃げ腰になりましたが、私が手をぴらぴらと振ってみたりして呼ぶと、ちょっとだけ近くによって、植木鉢の角に頭をすりつけてみたりしています。 息子がもっと良く見ようと立ち上がると、 口をあけて牙をみせ、シャー と威嚇していました。 きっと子どもが家にいない人が飼ってるんだろうな。 大人に媚びて子どもを威嚇するなど、猫からみると、子供がライバルだったのかもしれません。本当はうちのマンションはペット禁止マンションです。だから猫もダメなのですが、ちょっとみると可愛いですね。かまいたくなってしまう。でもね、少し心配が。うちのベランダにはヤモリがいるんです。先日も植木鉢を捨てようとしたらくっついてきてしまって、あわてて救出しました。 ヤモリは捕まえてほしくないなあ。

たぶん、先日越してきた人の飼い猫でしょうか。きっと自分で網戸をあけてベランダ伝いにうちまでやってきたのでしょう。 結局私たちの手の届くところにはやってこず、またベランダの仕切りをくぐって行ってしまいました。 今日のところは縄張りを確かめに来たというところでしょうか。 

猫は幻覚ではなく、本物でした。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
さらに おばさん化がとまらない
2009/07/13(Mon)
 先月末に、外出しているとき、ふと思い出したことがあり、唐突にくるりと体をねじって振り返った際、なんだか背中に違和感が。。。それ以来微妙な痛みがあったのです。
 少し背中の様子もマシになってきたら、今度は首。以前ジェットコースターで痛めて以来だましだまし生活しているあの首が痛くて痛くて それから来るズキズキ頭痛できつかったのがこの週末。

 今朝はどうにか首の症状が緩和したとおもったら、またもや背中が。。。これってぎっくり腰の背中版なのかと 「ぎっくり背中」で検索してみたら、造語であるみたいですね。 ぎっくり背中。

 姿勢を正し、筋力をつけつつも、症状が落ち着くまではムリしないように過ごすことが必要なようです。

体をもっと鍛えなければ、あちこち故障しそうです。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オバサン化がとまらない
2009/07/12(Sun)
 湿度が高くて気温も高めの日が続いています。そんなときは、髪の毛が邪魔! ボウズにしたら楽だろうなあ。。なんてつい思ってしまいます。

 いったんベリーショートにしてしまったら、もう髪を長くするなんて思えないでしょうね。

最近の若者の流行りとして、「髪の間から目」というアニメっぽい髪型があると思います。(主に男の子かも)

 ▼@▼@▼
    |
    _

この髪型ですぐに思い浮かぶのが、 やまぴーこと 山下智久ですなー。(あ、私の場合ね)

前髪は目にかかる長さなのですが、うまい具合に固めて、その間から目を出すという髪型が目につきます。  ぱっと見、「うるさそうだな」とおばさんは思ってしまう。

 怪しい女と思われたのではないかという記事のとき、私はドラッグストアで 昔おばあちゃんが良く使っていたグッズを買ってしまいました。(画像は楽天のもの)



これです。 全体が針金でできていて、櫛のバネになっています。まさに名前の通りスプリングコーム。

 これをカチューシャのように頭につけると前髪が落ちてきません。 おまけにカチューシャのように孫悟空さながらに頭が痛くなることもなく、快適快適。

難点は、見かけがまったくオシャレじゃないことです。

これをつけて 後ろの髪をゴムでまとめて、「楽だわー」と言っている私をみて、pon1は 「うんうん。よそのおばあちゃんがよくこれを使っていたねー」と。

 オバサン通り越して、すでにおばあちゃん!!! ですよ。私。 こんなのでいいんでしょうか。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
怪しい女
2009/07/10(Fri)
 行ってきました。歯医者さん。

ふふふ。歯磨きは行くたびに改善されて、今日はほとんど指摘がありませんでしたよ。努力はしてみるものですねえ。あんなに虫歯になる前にこのくらいちゃんと磨いていたら虫歯にもならなかったろうにねえ。

今日は、歯磨きチェックと歯茎の健康チェック。歯茎の方も良好でした。問題ナシです。 しかし、問題なしでも、よくよくチェックすると 「ココ、気を付けないと危ないですよ」というところがあるらしく、そこの磨き方など指導していただきました。 歯ブラシは1か月に1本ペースで替えろという話があったので、「毛先がはみだしていなくてもですか?」と聞くとそうなのだそうです。まあ、一か月半に一本くらいでもよいから替えてくださいとのこと。 使っているうちに歯ブラシの毛のコシがなくなってきて効果的にみがけなくなるらしいです。へえー。たしかにおろしたてのブラシは気持ち良い感触ではあります。

 それから、下の歯の清掃。キュルキュル言うもの、
たぶん、超音波スケーラーというものだと思う(超音波スケーラーが載っているページにリンク) のですが、あれは緊張します。 ふとした加減で キーンと痛いときがあるような。(知覚過敏?)
今回はそういうのがなかったので、気のせいもあるのかもしれません。

 さて、磨き方やその他お話を伺う際、てかがみを渡されるのですが、鏡にうつった口元に愕然としました。 「私って、こんなに老けてたっけ。」  orz
口元のupって残酷ねー。

なんやかや言って40分もかけて清掃してくださったわけで、ありがたいです。次回上半分の清掃があります。


 さて、帰りにドラッグストアによりました。 ドラッグストアは大好きです。今回は買おうと思うものもあったのですが、なかなか見つかりませんでした。狭い店内、ひとがたくさんいるので、他の人がその列からいなくなってから物色していたのですが、なんか一人で選んでいるとなんだか店員さんが後ろからやってくるんですよねー。 (--#)んも~。狭いのにうるさいなあ。

 と! 気が付きました。 たぶん、万引き撲滅作戦なのでしょうか。 ということは、私、怪しい女だったわけ? orz

 ふと少し前に見たテレビを思い出しました。 「こういう行動が怪しい!」「こういう行動をとっている人は要チェック」というものの特集だったのですが、その人の行動、私が買い物のときにする行動そのものだったんですよ。  私は生まれてからこのかた。一度もものを盗んだことはありません。これから先も絶対盗まないと思います。 でもそんなの見た目じゃ分からないもんね。

 ちなみに 私のあやしいと思われそうな行動というのは、コレ

・ 単独で行動し、特段の買い物行動を見せることなく、必要以上に長時間、売場内をいったり来たりしている。



 たしかに、いろいろ迷ってふらふらしていたし、籠の中には200円程度のものしか入ってませんでしたよ。(--;)

おまけに、行きたい場所が込み合っていたから 商品棚の列をのぞきこんで人がいなくなってからその列に行きましたよ。

 それから、店員さんに問い合わせをしたのですが、出してもらった商品が家にあるものと同じだったので、「それは家にあるものと同じです」と断ったのもあやしかったのかなあ。 む~。



この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ボトムアップ と トップダウン (後半ね!)
2009/07/10(Fri)
 クロスステッチをちまちまやっていたけれど、先日のバッグが出来上がってから本当に突然に チマチマした作業が嫌になってしまいました。

 ということで、作りかけだけれど、方向転換。 夏はやっぱりハワイアンキルトよね~。と、ハワイアンキルトのクッションを作ることにしました。ふと気がつくと、家のクッション、思ったよりもくたびれています。
思えばこのクッションを作ったのは、息子が1年生の頃じゃなかったろうか。 クッションだけを見るとさほどでもないように見えるのですが、作った当初の写真を見ると、歴然。

pict0884_.jpg

そのころの記事を探していて見つけたバッグの記事。 このバッグは今もお気に入りです。

あったど~。2005年の10月に作り始めたんだった。今4年目だ。このクッションカバー。(記事へリンク)
PICT0695.jpg
 記念すべき第一作がこれだったのですねえ。 昨日作り直そうとしていたら、息子、「お母さん、葉っぱの模様のをまた作ってね。あれ、好きなの」と言っておりました。 はい。つくりますとも。(今のキットを消化したらね。。)

 で、今回ひらめきましたよ~。 手抜きの技を。

ハワイアンキルトはキルトする布を折り紙のように折って図案を写します。そのとき型紙を待ち針で留めるのですが、たくさんのまち針を使っても、なかなかがっちりと固定はできません。まち針を使えば使うほど、図案を写すのが面倒になるし。

そこで、今回の手抜き技。 じゃじゃ~ん。

「ダブルクリップ」<ドラえもんの声で。

PICT2421.jpg

こんな風に要所要所をダブルクリップで留めればあらふしぎ。がっちりしていて図案もうつしやすいです。
何が楽かっていうと、黒い線の部分を全部布に移さなければいけないのですが、型紙が隣り合わせぴったりと付いている線はまち針を打っていたら、いちいち針を外す必要があるわけです。
 ダブルクリップだったら、そのままぴろぴろ型紙をめくって写せばよいわけですし、型紙に穴も穴もあかないから傷みが少ないです。

PICT2422.jpg

あっという間に写し終わりました。黄色い線が見えるでしょうか? ひとつずつダブルクリップから型紙を抜いていけばがっちりしたまま取り外せます。

PICT2423.jpg

切り紙細工のように、重ねたまま鋏を入れますが、ここでもダブルクリップはつけたままです。でも、図案の要所要所にまち針はとめます。 ふちがずれないのでとてもやりやすいです。 みなさんどんな風に作っていらっしゃるのか? しつけをする方もいらっしゃるかもしれませんが、根が怠慢な私はこのダブルクリップを使う方法、「我ながらよいアイディアだわ~」と自己満足です。


あ、ボトムアップとトップダウンの話でしたね。ごめんなさい。

ふと、ハワイアンキルトってたのし~い。と思っていたら、 クロスステッチと ハワイアンキルトってまったく正反対だなあと思ったのですよ。そこで、私はハワイアンキルトの方が性に合っているなあって。

 ボトムアップ設計、トップダウン設計(リンク先はwikipedia)というのがあります。

ボトムアップは下から上に。トップダウンは上から下に。
リンク先にも書かれているように、

トップダウン設計は、段階的に詳細にしていく設計技法である。最初にシステム全体を定式化し、その時点では個々の詳細には立ち入らない。その後、システムの個々の部分の設計を詳細化していく。最終的には、実装に移せるまで詳細化する。トップダウン設計はブラックボックスと深い関連がある。内部構造に立ち入らずに設計を行っている段階では、各部分をブラックボックスとして扱っていることになる。

ボトムアップ設計では、最初にシステムを構成する個々の部品を細部まで設計する。そして部品群を組み合わせてより大きな部分を作っていき、最終的にシステム全体が構成される。



 クロスステッチは一つ一つの四角を×印でうめていき、それによって絵をパーツ部分から作り上げていきます。
PICT2412.jpg
 この楽しさは、綿密な設計かもしれません。 一つ一つのパーツが完璧に出来上がってそれが全部つながったときにひとつの大きな完成物になります。

 しかし、ちょっとしたミスが隣に影響してきついことになります。必要なのは計画力と綿密さ。 たとえば、刺繍が1列ずれるとあとのつじつま合わせが大変です。 ほどきなおしたりすることも多いです。

 ハワイアンキルトは、まず最初に全体像が現れます。そうしてそれをちまちま縫って行くのです。常に全体を見ながら進めるので、後から気付くミスとかやり直しはほとんどありません。もともと綿密でない私にとってはとても向いている手芸だと思います。

ということで、当分は刺繍はお休みして、ハワイアンキルトを作ります。
長々と自分の趣味の話でした。

 面白いパーツを見つけたので下につけてみました。 



Quickvoter™



Q.ダブルクリップ、いい考え!と思う?(^^;)ゞ



まさに画期的
それほどでも
やってないからわかんない








 
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
めんどくさい
2009/07/10(Fri)
 今日は歯医者の定期検診。 行くのがめんどくさい。 雨が降っていないことだけでもヨシとしよう。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
転校生にまつわる
2009/07/09(Thu)
 つかれた~~~。と汗だくで帰ってきた息子、今回は事情があり時間がなくて塾の宿題が終わっていない。「今日学校に持っていく」と言っていたのだけれど、学校ではできなかったらしい。水泳もあったようだし、講演会もあったようだし、休み時間は短いし、そりゃ無理だったろうなあと思った。

 とりあえず、汗を流しなさいとシャワーへ。 出てきた息子が、「ちょっと愚痴っていい?」というので、「なになに?」と聞いた。 息子のクラスに転校生がやってきたそうだ。 アメリカあたりから帰ってきた帰国子女らしい。

 ところがこの転校生、すぐに話に割り込んできて疲れるのだそうだ。 薬物は定められた用法以外で使っても法に触れることがあるという話を学校で聞いたので、 息子が冗談で、 「ねえ、それじゃ 佐藤、毛はえ薬を飲んで見て」 なんてふざけていたところ、突然、話に割って入り 「ねえ、子供の権利条例って知ってる? 18歳未満だと逮捕されないんだよ」 と息子いわく上から目線で言ったのだそうだ。息子は、「その時は言わなかったけれどさ、ふざけてたんだっちゅ~の!!」なんて鼻息あらい。 それを聞いた私は、 「う~~~ん。」

頭の中で、
 逮捕されないのは子供の権利条例じゃないような気がするなあ。 それ以前に毛はえ薬を飲んでも別に何にもならないような気がする。。。

なんて思いながら、 「う~~~~ん。毛はえ薬を飲んでも~~~。逮捕されないと~~~。思うなあ~~~」とゆっくり考えながらいうと、息子突然飲みかけていたコーヒー牛乳を ”ブッ” と吹いて大笑い。 残りの牛乳をどうにかごっくり飲んで、「あ~あぶなかった」というので、「いや、すでに吹いてるし」と布巾をもって拭きながら私。  何がおかしかったんだろうねえ。 ま、それで機嫌はなおったようで、よかったよかった。

転校生はいろんな人にちょっかいを出すらしいので、 息子と仲の良い友達も 「ちょっと。仲好くできないかも」なんて言っているらしい。 「ま、転校生は難しいのよ。静かにしていてもクラスになじめないし。 帰ってきたばかりだから日本の雰囲気にまだ慣れてないんじゃない?」と答えた私。  あと数か月したらきっとうまくクラスになじむだろう!

 さて、宿題を目いっぱいこなして塾にでかけたけれど、結局全部はできなかった。それでも 「いってきま~す」と笑顔で元気に出かけて行く息子、えらいぞ! と思ってみているところ。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
親離れ、子離れ パタスモンキー
2009/07/09(Thu)
 子どもが大きくなってくると同時に、 親離れ、子離れというのをたぶん 心のどこかで意識しているんだとおもう。 前回は2008年7月にこのタイトルで書いていたみたい。

 息子が楽しみに見ているテレビは以前も書いたと思うが、ダーウインが来た という番組だ。先週はアフリカの パタスモンキーというお猿が特集(ダーウインが来たのページにリンク)されていた。 (テレビで聞いて カタスモンキー だと思っていたら、パタスなのね)。

 このお猿は、良く走るお猿なのだそうだ。

が、気になったのは、子どもの赤ちゃん、生まれてすぐに走るお母さんのおなかにギュッとつかまって揺られながらついていく強い赤ちゃんなのだ。(生まれて10日でよちよち歩くらしい)。

そうして、赤ちゃんが生まれてからひと月で、お母さんは抱きついている赤ちゃんの頭を引っ張ったり、噛んで見たり、地面に押し付けたりして、赤ちゃんを寄せ付けなくなる。 地面に押し付けられた赤ちゃんを残してすたすたとその場を去るお母さん。残された子ザルの必死の様相はほとんどパニック。 あんな表情で追いかけられたら私だったら抱き上げてしまうだろうと思う。
 でも、かたくなに受け入れない母。 子どもは母猿の足にとりすがる。でももう母は子ザルを抱きあげない。

 野生ってすごいと思った。 人間だったら頭で考えて「この時期に親離れさせないと」なんて決めないとできないことが、本能で親離れの時期を知ることができるんだなあ。 そうして、あんなに必死の様相で、 「ねえねえ。おかあさん」とついてきても、知らん振りできるんだなあ。 そうしてその親離れは、その子ザルと母ザルが生きていくに必要なことなんだなあ。 パタスモンキーは半年で子ザルも自分の足で移動してついていかなければならなくなるらしい。

 私はもう子離れの時期という野生の直感は分からなくなって来ているのかもしれないと思った。
たぶん、野生の生き物は、子供が自分一人でそれができるようになった時点で余計な手をかけないのだろうと思う。 でも、人間は子供がとうに一人でできるようになっていても、手伝ったりやってやったりするものな。

 さびしいことだけれど、親の方も子離れして子どもの成長を喜べるようにしないとダメなんだよなーなんてつくづく思った。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。