2007 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2007 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日記というものは
2007/04/27(Fri)
体調不良週間は抜けましたが、超忙しい週間真っ只中。
数日間日記を書かない日がつづいてしまうと、途端に書くことがなくなってしまうのはどうしてでしょう?

 ほとんどのネタが賞味期限切れになっております。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
寒いんだ
2007/04/25(Wed)
 前々から言っているように、私は寒いのは嫌いなんだ~~。なのになんで寒いんだ~~~。(滝涙)

 んーと。新しい委員会立ち上げ、結構忙しいです。資料作りたのしいけれど、てんぱってます。で、日曜日くらいから、体調不良週間に突入してへのってます。 でも、最低限やらねばならんことはやるという心意気っていうものが大切です。

 総会用資料を20ページ以上打ち、ぴーの委員会に出席した次の日、調子が悪かったのですが妹がくれたチケットで 六本木へ。 会社でやる室内楽のコンサートでした。
 で、六本木に行ってコンサートまではよかった。まだどうにか平気だったのです。そのビルから、東京タワーが見えたものだから、息子は待ったなしになってしまい、「東京タワーへ行く」と言い出して、歩いて東京タワーまで。 中でお決まりの蝋人形館やらはじめてみる ギネスブックのナニカ?やら、ホログラムのナニカやらみていたところで、だいぶ疲れが出てきて調子悪し。。。しかし、息子の真の目的は、あそこの雑多なみやげ物やが見たかったわけで、ぐるぐると回っているうちにとんでもなくしんどくなってきて、どうにかこうにか納得させて帰宅。夕飯は近くの駅で 例のイベリコ豚。

 月曜は、まだまだきつかったのですが、仕事はフクツーを抑えながら行き、火曜は頭痛と首痛をどうにかしながら、新しい委員会立ち上げ用資料を数ページこねくって、
 スケジュールは ダウンロードしたフリーソフト版がんすけで、作り、その他もろもろ。

今日は朝からその打ち合わせを 「今日行く委員会」の担当の方(検索対策実施中)および、市の◎◎館の館長さんと おこなってきたのですが、寒かった。
寒いと腹痛が舞い戻ってくるんですよ。(ToT)

 くたくたになって息子と一緒に帰宅。ただし、息子は給食済み。私は昼食未。 で、お昼ご飯を食べて 息子は今日の日課の勉強、その後習い事。 習い事先まではバスで送り迎えしてくれるのですが、息子はバスが臭いとやらで 迎えに来てくれという。。

 今日は勘弁してーとお願いしたけれど、イヤだというので、腹痛をおしていくことになりました。母親ってきつい仕事です。送り迎えはいつも大変。はやく自分ひとりで行って帰れるようになってほしいもんです。

と、今日は近況と弱音でした。 元気が出たらコンサートの様子なども書こうと思います。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
少し前の話だけれど
2007/04/24(Tue)
 会社、何があったか突然世話役の派遣さんの対応が先週か先々週から軟化したのです。

pon1に「なんでかわからないけれど、突然対応が軟化した」と言うとpon1「使えないヤツだと思われていたんじゃない?」と。

ああ、まさに、そんな雰囲気だったかも。で、その後ウソのようにフレンドリーな感じになって 何がきっかけだったのか。

まあ、とりあえず住みやすくなりました。

それから、未確定情報なんだけれど、夏休みはズーッと休んでも良いことになるかもというお話があり、それは嬉しい。助かる。 そうなるといいな。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ろっぽんぎ~へいってきた
2007/04/22(Sun)
ろっぽんぎー経由東京たわーへ行ってきました。くったくたにつかれてしもうたー。
この記事のURL | 業務連絡 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
pon2Tシャツいかが
2007/04/21(Sat)
 Tシャツメーカーというサイトで、自動作成させてみた。
pon2Tシャツ

 むむむっつ。採寸日和とな。。そういえば、ダイエット、一時中断中っぽいなあ。まだサイズダウンしていないよ。
 溢れ出る色情って。。。(--;)ゞ arienai。。

進学するなら pon2高校?
pon2高校

 猫舌じゃないけどね~~。(^^)
 




この記事のURL | 瑣末なこと | CM(3) | TB(0) | ▲ top
戦争の幻想と戦争がもたらすものの真実
2007/04/19(Thu)
 先日から読んでいた本を読み終わりました。
お菓子放浪記
お菓子放浪記西村 滋

講談社 2005-07
売り上げランキング : 360124

おすすめ平均 star
starいい本です。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 図書館の児童書の棚にあるのをみつけて、「お菓子放浪?」と手にとって最初の部分を読みました。 お菓子が大好きであるとユーモラスに書かれている文をちらりと読み、「おもしろそう」と手に取ったのがきっかけです。いまどきの児童書にしては厚みもしっかりあるし、文字も小さい「よほどの本好きの子じゃないとよめないかな?」と読み始めて本題に入ってから私が思っていたような本ではないことに気がつきました。

 この本は、お菓子のことだけが書かれている楽しい本ではありませんでした。読み進むにつれて戦争がもたらすものを教えてくれる本であることに気がつきました。主人公は孤児だったため、一般の人よりも多くの苦難を背負うことになりましたが、明るく前向きで地に足のついたものの見方に好感がもてます。 本には、兵隊さんのため、お国のためという言葉に心酔した人がその正義を振りかざし、人に苦行を強いるさまや、自分が正しいと思っていることを口に出すことさえも処罰の対象になるため誰も相手の申し出に逆らうことが出来なくなってしまう様子、一般の生活にまで、軍隊色に塗りつぶされそうになる日々など、現実の戦争がもたらすものがよくわかります。

 私をふくめ、今の人たちは戦争を知らない世代の方が中心になっているのではないかとおもいますが、私たちが目にする戦争は、よその国で行われている出来事であり、自分たちには関係のないことのように、どこか現実ではないように感じる人も多いのではないかと思います。戦争を経験していない私たちは、その戦争がどのように私たちの日常生活をおびやかしていくものかということの想像もつきません。

 普通に生活していれば、命があったはずの恩師が空襲でなくなり、

「あんないい人がどうして・・・」
「本当にいい人だった、よすぎて出世はできなかったが...しかし、いい人だって死ぬんだ。それが戦争なんだよ」


 

神様とは一体、なんだろう?なんの武器も持たない、おそらく魂の底からアメリカを敵視することもなかっただろう、老人や、女や、こどもたち、何万というその人たちが虫ケラのように焼き殺される場面を、だまってみていただけなのか?



 自分は戦争の相手国をそこまで憎んでおらず、武器も持たず、ただ平和に暮らしたいだけなのに、そういう人たちが何万人も死んでしまうのが戦争。 分かっていたことのはずなのに、この言葉は随分とこたえます。

 死人やけが人が街角に寝ていても普通になり、食べるもの、着るものもなく、生き残ったとしても、私たちの想像もつかないほどの不潔で悲惨な状態になるのが戦争。人を殺したいと思っていなくても、赤紙がきて、人を殺さねばならなくなるのが戦争。

そうして、それが終わったら

 敗戦と同時に、「一億玉砕」は「一億総ざんげ」ということになりました。どういう計算だったのでしょう。戦争についてざんげしなければならない心あたりは、ピンセットでつまみ出すほどにも持ち合わせていないのです。「総ざんげ」などというキャッチフレーズで、敗戦ボケで心ががらんどうになている人びとに、すばやく責任を分配し、反国家的な意識の台頭を封じてしまおうという、それがウソとすりかえの達人である日本の指導者のやりくちだったのでしょうか。



 つまり、一般の中には「戦争をしたい」と心から願っていた人がどのくらいいたということなのでしょう。今の私たちを振り返ってみても、やはり「戦争がしたい」と思っている人たちは多くはありません。でも、一般にそういうひとたちばかりでも、国が戦争をすることに決めたとたんに、私たちはいやおうなしに巻き込まれていくことがよくわかります。そうして、戦争の責任は一億総懺悔。

戦争がもたらすものは、みじめで悲しいものばかりです。それは、弱いものがいじめられ、どんどんと見捨てられる世界です。誰もが自分のことで精一杯になり、人が普通に暮らしていれば見せることがなかったであろう自分の醜い部分をさらけ出すのが戦争だとこの本を読んで思いました。戦争を知らない世代だからこそ、本当の戦争がもたらすものをもっともっと知ろうと努力することが必要なのではないかとも思いました。

 丁度前後して、手にした本は「図書館戦争」でした。
本屋大賞を受賞したとやらで、どんなものだろう?と図書館に予約したものが、長い待ち行列の後やっと私の順番になったのです。

図書館戦争
図書館戦争有川 浩

メディアワークス 2006-02
売り上げランキング : 11484

おすすめ平均 star
starまさかの恋愛小説???
star本好きの、本好きによる、本好きの為の小説
starイッキ読み確実!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


しかし、「戦争」とついていても、こういう本だと思いませんでした。 手にとって、唖然としました。
 大まかな雰囲気としては、「戦争ごっこ」という感じなのです。メディア良化法が施行され、発行物が取り締まられることになったことに対抗して図書館が立ち上がるという筋なのですが、主人公は 毎日軍事訓練に励みます。

 「腕下げんな、笠原ッ!」と軍隊式の訓練を受け、
「手塚一等図書士、入ります」と、上官の部屋に入る。

楽しい軍隊、明るい軍隊。ラブコメ軍隊。そうして、それは図書館の自由を守るための戦い。

 いや、物語の中のことだし、こんなことに目くじらたてていたら、それこそ本の中の「メディア良化法」のようなもんだと言われるのではないかと思うのですが、私たちが日頃目にする戦争は本当の戦争の一番戦争らしい部分が欠落したイメージなのだと思います。かっこよくて、スカッとするイメージのものが多いように思うのです。この本を読んでいけないとは言いませんが、私はぜひ、字も小さくて読みづらいであろうけれど「お菓子放浪記」も 大人にも子どもにも読んで欲しい。
戦争はかっこいいものでも、楽しいものでもない。正義を貫くためのものでもない。 戦争の本当の姿を知ろうと努力しないまま、のほほんと暮らしていると、知らないうちに全く実体からかけ離れたイメージが私たちの頭に植え付けられてしまうような気がしてなりません。
この記事のURL | ちょっと読書と映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
平和を愛することは
2007/04/19(Thu)
 ここのところ、冬に戻ったかのように毎日寒いです。 さむくなってくると、「私は寒いのキライ」とあらためて思ってしまう。 寒いのはキライです。

 先日の長崎市長の件。友達が書いていた文をよんで、そうか。と思ったり。あまりにも理解しがたい理由だったのは、もしかしたら「とってつけた理由」だったからなのかな。そういえば、そのほかの理由として報道されているのが、行政対象暴力 。 こういう実体はあまりよく知らなかったけれど、

暴力団員などが、自治体などの行政機関に公共工事の入札や物品の購入などをめぐって不当な要求をする


ということを指すのだそうです。 リンク先はNHK。数日はリンク先でニュース映像が見られると思います。

行政対象暴力は、最近もあとを絶たず、去年1年間に全国の警察などに寄せられた相談件数は2391件と、6年間で1.5倍に増えています。


とのこと。

 有名なブログでは、政治家と暴力団との癒着について暴露されていたりしていたけれど、まさかのまさか、不都合な人だったからという行動ではないでしょうね。

 選挙前あたりからあわただしくて(これは実質あわただしいというのも、ココロがあわただしくて余裕が無いというのもあり)いろいろ 思ったことが頭の中を素通りしてきているのだけれど、最近はどうも、日本は戦争方向に転がり落ちているように思っえたりもしてしまいます。

 どっちでもいい。無関心。という姿勢はとても危険。ここ数日読んでいた本について次に記事にするつもりですが、そうやってながされていく人たちの存在が戦争に向かう道を作ります。平和を保つのであれば、「平和を保ちたい」という意思は明確に表現していかないと、良いように扱われてしまう可能性が高い。一人一人が政治についても真剣に向き合わないとまずいところにきているような気がしてなりません。

 選挙の結果は私の住むところでも希望を失いそうでした。人は何を見て投票するのだろう?と思いました。 やっぱり見かけ8割以上、経歴があとの2割かもしれません。候補者を顔だけで見たとき直感として選ばれそうな顔と経歴でした。 でも彼がいままでやってきたことは皆チェックしているのかな? 

 そうこうしているうちに、国民投票法案とやらが可決されました。何を国民投票するのか?って知っている人がどのくらいいるんだろう?と思いたくなるほどの無関心な一方的な短調な報道ぶりでした。 少し前のNHKの朝のニュースで、憲法改正についてのアンケートがありました。さがしてみましたら、

 NHK解説委員室 


1 <あなたは今の憲法を改正する必要があると思いますか。>
 
 「改正の必要がある」47%   1年前より+5
 「改正の必要はない」20%
 「どちらともいえない」27%

2.<改正の必要がある場合、どういう理由か>

 「時代が変わって、今の憲法では対応できない問題が出てきたから」 47%

3.<9条を改正する必要があると思うか>
 「必要がある」25%
 「必要はない」44% 1年前より+5
 「どちらともいえない」25%

4 <9条を改正する必要があると答えた人の理由>
「自衛力を持てることを憲法に明記すべきだから」41%
「国連を中心とする軍事活動にも貢献できるようにすべきだから」38%

7 <改正する必要はないと答えた人の理由>
「平和主義を貫くことで国際平和に貢献すべきだから」72%
「アメリカの戦争に荷担するおそれが増すから」16%



 ここで注目すべきだと思ったのは、
憲法改正が必要だとおもいますか? という問いに対して、
必要が47%と約半数であるけれども、9条を改正する必要があると思うか? に対しては必要であるという人は25%しかいないということ。必要ないという人が44%だということです。

 さて、政府がもし、国民投票をすることになったら、なんと問うでしょう。 憲法改正が必要だとおもいますか? という問いをして、結果 「国民の理解が得られた」とばかりに 9条を変えるという動きが見え隠れしているというのがたぶん多くの平和を愛する方々の懸念している部分だと思います。
 
 だいたい、「改正」っていう正しいという文字がカナリの曲者だと私は思います。「改正」正しいことをするという文字を使っていると、皆「そりゃもっともだ」と頷くんではないでしょうか。改正は必要か?と問うことは間違っていないでしょうか? 問いとして成り立つのは、「(具体的に)このように改めたいと考えているが、それを支持するか?」で本来問うべきもので、それについて正しいか正しくないかの判断は問われる方がするものなのではないでしょうか?

 日本は、どんなことがあっても、誰にも加担しない、戦わないという姿勢をつらぬくべきだと私は思います。そのために、正義をふりかざすような表現に姿を変えた「実質戦争加担」にもはっきりとNOといい続けるべきだとおもいます。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ありえない間違いと、鈍感力(ToT)
2007/04/18(Wed)
 今少し込み入った事を考える必要があって、ヒマをみつけては、問題点をメモにしたり、段取りを考えたりしていたのです。 考えていたのは お手伝いしている図書室の本の貸し出しのこと。 で、先日メモに気になったことを書き出して、今日そのメモをみながら相談していたのだけれど、相談相手に 「ここの貸し出しの字ちがうわよ」と言われて見たら ホントウダ。 借りるという字が買いてある。 なんで。。。。と絶句。 これじゃ小学生並だよ。(TOT)

 ここのところ図書室にずっと委員さんの [借し出し]という字が貼ってあって、「これ間違っているよ!」といい続けていたのにいつまでも直されなかったという経緯があって、これがどこかで私の頭に刷り込まれてしまったのか。。。と自分自身に唖然となりながらも、はずかしいやら、ナサケナイやら。  私、ホントウに大丈夫でしょうか。

 でも、こんな私でも自分のことだから受け入れてやるしかないんだなあ。 それにしても、こんな漢字を間違えるなんて。。。 ホントに私。大丈夫か?脳ドッグにでも行った方が良いのかなあ。 < 深刻になってませんから大丈夫ですが~~。 ホントウに大丈夫か??はあまり自信が無い。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
暴力による解決はありえない。
2007/04/18(Wed)
 アメリカと長崎で銃による事件がありました。アメリカの方の動機はいまだに明らかになっていないけれど、双方のニュースを聞いて、人が人を殺すことに対する理解できない思いと、それから、自分の問題を人を殺害することによって解決しようとしたその姿勢に憤りを感じます。暴力によって物事は絶対解決しない。 相手を殺すことによって、その人の人生はオシマイになってしまうけれど、自分をその行動に駆り立てた問題は決して相手の死によっても解決しないということに加害者は気づいてほしい。

 これは、息子にも、子どもたちにも伝えたいのだけれど、暴力で解決することは無いと思っています。 いやいや、「しつけ」などにもあるけれど、人間は力を加えないと分からないこともあるんだよ。」とおっしゃる方もあるでしょう。 でも、子ども達を見ていても、親からパコパコと殴られてしつけられている子がお行儀が良いという相関関係はないと見ています。 言うことをきかない子は何度なぐられても「へのかっぱ。(うゎ。すごい言葉がでてきちゃったな。)」 です。

 喧嘩もそうなんだよ。自分の悔しい思いを相手に向けた暴力としても、それで相手をねじ伏せても相手が納得していない限りは本当に解決していないはずなんだ。。>子ども達。
 子ども達の世界は理不尽なことも多くて、私もどうアドバイスしてよいか分からないことも多いです。

 昨年のことを今頃聞いたのですが、昨年息子は夏休みの工作に半田づけのラジオを持っていきました。 ラジオの原理が分かっているわけではなくて、組み立て図を見ながら指示通りに半田をつけていくというものなので、半田を扱えたということはよくやったとおもうけれど、工作の延長のようなものだったのです。息子にはまだムリだし、時期的に早いだろうと思っていたのだけれど、どうしてもやりたいと息子がいうので、やりたいというときにやらせるのもよかろうと判断した結果でした。出来たラジオから音が出たときは、本当にうれしそうで、ラジオをベッドの枕元に持っていったり、拾った音楽にあわせて踊ったりという大変な喜びようでした。
 
 さて、夏休みが終わり、宿題を学校に持っていく日が来ました。息子は大切にラジオを学校にもって行きました。中にはスゴイと褒めてくれた友達もいたそうですが、隣のクラスのガキ大将っぽい子がやってきて、「お前のラジオはヘンだ」というのだそうです。たぶんその子は配線だらけで、外箱のないラジオはヘンなものに見えたのでしょう。 息子は最初は相手にしていなかったらしいのですが、そのうちに「お前のラジオを壊してやろうか」とおどしにかかったらしいので、息子は口で応戦したらしく、大きな口げんかに発展したとのことでした。向こうは隣のクラスから子分たちを連れてきていて、「ボク(息子)と△(相手)のことだから皆には関係ないだろう?」といっても1対多で 「関係あるね!」といわれ嫌な思いをしたとのこと。 相手は暴力もいとわない子なので、怪我に発展しなくてよかったと思いつつも、随分たった今頃その話を聞いても、嫌な思いがしました。
 
 息子は一人っ子なので、危機管理があまりうまくありません。上手い子は真っ向から相手をせずにスルリと逃げることができるのだけれど。
早くさりげなく逃げるというワザを習得してほしいなあ。

 息子の話を聞いた私からすると、なんでそんなことでもめるんだろう?と思うようなことばかりなのですが、さいきんふと、小学校中学年の子ども達ってそのまま 社会の縮図のように思えることも多いです。 よく考えてみると、大人の世界でも同じような争いを繰り返していることって多い。

 大人たちの世なのに、どうして小学生なみのことが起こるんだろう。

 長崎市長の件にしても、たとえば公の文書は市長の名前で出ていても、市長が自ら書いているわけではないということが分かっていたのかな?いや、大半の人はそんなこと分かっているとは思うのですが、今回の事件はそう思いたくもなるような理不尽な理由であったように、報道を見る限りでは思います。 自分の名前を使った文書を読んだ相手が自分に対する恨みや憎しみを募らせているということがあるのだとしたら、本当に怖い。
 
 暴力では何も解決しない。喧嘩では何も解決しない。

どうして、それに気づかない人がいるのかと、随分と悲しい思いがしたのでした。
 
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日本三大うどんって、知ってます?
2007/04/17(Tue)
 日本三大うどんって、皆さんはご存知でしたか?
えーと。讃岐でしょ。それから、稲庭かな? 後の一つは???と思っていたところ、ひょんなことから 水沢うどんだと知ることができました。

日本三大集のページ
によると

水沢うどん(群馬県伊香保町), 稲庭うどん(秋田県稲川町), 讃岐うどん(香川県高松市・満濃町など)



だそうで、水沢うどん原産?は伊香保町なんですね。温泉は知っていたけれど、水沢うどんは初耳です。
この記事のURL | b-promotion | CM(2) | TB(0) | ▲ top
お掃除スイッチ オン! ブラウザ編
2007/04/16(Mon)
 ↓の記事から続きます。
 それから、ブラウザのお気に入り(ブックマーク)これも整理したくなってきてしまった。 私は日頃特定のサイトだけieで他のほとんどのサイトはfirefoxで見ているのだけれど、あ、コレ!とスクラップブックのように情報をブックマークすることが多い。そういう使い方をしていると、消し忘れたブックマークがオニのようにたまって困ってしまっていたところ。

で、私の希望としては、1)firefoxとieのいらないリンクはさっさと消したい。(一つ一つ開いていたら時間がもったいない)2)スクラップブックをどうにかしたい。

の二つ。 ソーシャルブックマークっていうのも一つの手かとおもったけれど、ソーシャルブックマークは結局は私だけのブックマークでなくて、「ソーシャル」なので、イヤなのだ。
以前は「紙」というソフトを使っていたのだけれど、firefoxと相性がわるいみたいで、それなりに設定してもうまくうごかなくなってしまったので、それに替わるようなものが欲しいと思って。

■いらないリンクはさくさく消したい

 探して探して最後に妙に簡単にみつかったのが、コレ。
AM-DeadLink ieのリンク切れ判定は比較的簡単に見つかるけれど、firefoxも。。というのがみつからなかったのよねー。これは便利でした。

■ついでにfirefoxとieのリンクをシンクロさせる

 シンクロさせる必要は本当はないのだけれど(それぞれのブラウザの用途が限られているので)でも、ついでに。BookSyncも入れてみました。

■それから、スクラップブック。
 本当は 紙というソフトが使えるのが一番良いのだけれど、googleノートブックがそれに一番近い感じなので、これを使うことにしました。
 モチロン、プライベートな情報はちょっとここにはスクラップできないけれど。。。

 そんな感じで、パソコンもお片づけしましたよ。

後は家計簿だ~~~~。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お掃除スイッチオン!  現実の世界編
2007/04/16(Mon)
 ずーっと気になっていたのだけれど、どうもやる気が出なかった息子の机周りを含める掃除&片付けをしました。
 自分の片付け力以上に散らかっていると、敵前逃亡したくなっちゃうっていうか。 「自分で片付けてよね」と思うんだけれど、反対にここまで散らかってしまうと、家では私しか片付けられないのかもしれない。。 うすうすそれは分かっていたんだけれど、逃げていただけというか。。。
 
 で、それを昨日やりました。結局息子の机の周りから出た不用物は、アスクルのプリンター用紙の箱には収まらないくらいの多さになり、「まあこれだけ不用物があったら散らかりもするよ」と納得の量。 それにしても、どうして子どもってあんなに欲しいものが多いの? 石でも折り紙でもなんでも 大切なんだもの。困っちゃうよ。まだ、机の中まではチェックしていないのでこの作業はもう少し続くと思います。
 で、信じられないのは「ここのいらないものを片付けて、ゴミはゴミで捨てて」と言って別のことをしていたら、息子「できたよ」と呼びに来るのだけれど、「どう見たらこれで 出来たといえるんだろう?」と絶句してしまうようにバラバラとゴミやら紙くずが散らかっているので、「これは?ゴミじゃないの?」と聞くと 「ああ」ですって。 なんで見えないんだろう。息子大丈夫か?? ちょっと息子のことは理解不能。何を見ているんだろう?。

 とにかく、気になっていたことを片付け(はじめ)たというところで昨日はかなり有意義にすごせました。<自己評価。



この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
セクシーボイス アンド ロボ &時効警察
2007/04/14(Sat)
 新しいドラマがはじまった。家でどれを見るかというのは個々最近私が決めている。

 まず、新聞のテレビ欄で興味をひくものをエアチェック。そうしてとりあえず、検閲(^^;)ゞ(というのも、そういうドラマではないと思ってみていたら、実は子どもに見せるにはドウカ??という番組もあるので) という手順になっている。9時台のドラマならば平気とか10時台ならとかも目安にはするけれど、9時台でも「これはちょっと。。」というものもあったりするから要注意なのだった。

まず、今回初回を見たのは
セクシーボイス アンド ロボ

 10時台だし、題名は セクシー とついているし、テレビの番組欄を見ると 主人公の一人は 「女好き」「テレクラ」とかそういう話だったので、「どうだろうねえー」と思いながら見たら、一作目はおちゃらけた設定の中に一本筋の通った作りで好ましく思った。

 話はばかばかしい中にも、さりげなく私が感じたメッセージは 「命」 「生きる」 「ひとりじゃない」 「大人に気を使うな」 など、若者に対するメッセージがあったように思う。
 こう書くと「なんだか説教くさいな」と思われるかもしれないが、全てはおちゃらけた設定の中で隠し味程度に出てくるものなので、重くないし、浮いていない。 上手いバランスだと思った。 

 「いじめ」や「自殺」をとりあげて どんなにひどいことがあったかというのを テレビの中で繰り広げて見せて、その問題を問うという手法のドラマがあるが、実は私個人としては、その手法はあまり好きではない。私は、暴力や いじめというのは本当に嫌いだから、人がいじめられているドラマも見たくない。いじめは絶対にゆるすべきことではないとおもうし、いじめられている人の立場にたって考えることは必要だとおもうし、あったことを無かったこととして素通りするのはよくないことだと思うけれど、それをドラマとして流してしまうと、虚構であったはずのドラマが「いじめの一般化」=「普通のこと」という認識に人々の受け取り方を変化させてしまうということはないんだろうか。ちょっと心配。

 それに比べてこのセクシーボイス(これはいじめ関係ではない話だったけれど)は 見たあとにいろんな思いが残るドラマに出来上がっていたと思う。

もしかしたらキャスティングも絶妙だったのかな。
ちょっとオーバーアクションなキャラの松山 ケンイチ ちょっと若い頃のトム・ハンクスみたい。(後から気がついたけれど、この松山ケンイチって、デスノートのあの竜崎役だったのねー。あのお菓子をポリポリ食べる不気味な人がまったく違う役!すごい!)このオーバーアクションぶりと不思議なファッションが妙にマッチしている。セクシーボイスこと大後 寿々花 うまいねー。 で、この二人の軽快な演技に 中村獅童がからむ。中村獅童、プライベートでいろいろお騒がせだったけれど、この人うまいですねー。微妙な表情が、この役柄にすごくマッチしていたと思います。
 
帰ってきた時効警察


 固唾をのんで見る。というのはこのまったり系ギャグ満載の時効警察にはあまりそぐわない表現だと思うのだけれど、実際小さなギャグがそこかしこにちりばめられているので、見逃せない。 まさに一分一秒目を放せない感じ。
 推理ドラマとして見る方は不満かもしれないけれど、うちでは人気の番組。

 いつもの面々に又会えて嬉しかったよー。そうして相変わらず面白いよー。 11時台とは思えないほど健全路線だし。
 今回もずっと見るであろうと思える番組。

 復活を心待ちにしていた番組! 

この記事のURL | テレビ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
同じ命なのに
2007/04/13(Fri)
 外来生物の脅威というのは、よく理解しているつもり。日本の固有種が脅かされてしまうので、それを持ち込み、繁殖する状態にすることはよくないことだと。種の多様化という面からみても好ましくないことだと。

 それはそれでわかるし、自分が生き物を扱うときにそういうことを行わないように気をつけているのだけれど。

 フェレットを虐待した人の話がニュースになっていて、それについて「ひどいことだ」と思う。で、それは痛めつけたり殺したりしたことで、法によって裁かれる。
 特定外来生物をたまたま子どもが持ち帰ってしまった場合は、今度は殺さないと法に触れ、ひどい場合は裁かれる。

 同じ命なのに、殺してはいけないと法で定められた動物と 殺さなくてはいけないと法で定められた生き物がいるなんてなんだかものすごい矛盾のような気もする。

 そういう私も、庭の花についた害虫は園芸をはじめた頃は躊躇していたけれど、今は迷いもなく駆除してしまうわけで、全ての命に平等な立場をとっているわけでないのも大きな矛盾だ。

 きっこのブログに紹介してあったけれど、youtubeなどに、チェーンメールのように

 「この話を少しでも多くの人に知らせてください」という但し書き付きで

 日本人は400年も前から、23000頭ものいるかを殺し続け、寿司や刺身にして食べている。 いるかは絶滅の危機に瀕している哺乳類だ。 日本人がイルカを食べ続けて良いという権利など絶対ない。

という書き込みがあるのだそうだ。

 イルカはさすがに食べてないけれど。。マグロは沢山食べているのは日本。それに加えて和食ブームで各国がマグロを食べはじめ、マグロが絶滅に瀕しているという話を聞いたことがあるようにも思う。
 
 マグロも、イルカも同じ命。 日本人もアメリカ人も北朝鮮の人もユダヤ人もドイツ人も同じ命。

 どの命がよくてどの命が悪いのか。どの命は奪ってよくて、どの命を奪ってはいけないなんていう選択は本当は人間にはできないのではないかという、冒頭のお話からはまったく矛盾する思いも浮かんでくるのだった。

※ この記事は何が良くて何が悪いということを書いたものではありません。


追記:
このままではマグロ絶滅・WWFが警告(日経.net)

国際的なマグロ資源管理機関の合同会議の開催に際し、世界自然保護基金(WWF)は22日「マグロ資源は減少しており、適正に管理しなければ失われてしまう」と警告する声明を発表した。


しかしマグロは絶滅しないという記事もありました。
マグロ資源の実際(pdf)(社団法人責任あるまぐろ漁業推進機構)

 
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マジック ローズ キューブ (Magic Rose Cube) 折り手順
2007/04/13(Fri)
 先日から、マジックローズキューブで検索ヒットする方が多いなあと思っていたら、メールを頂きました。
 どうやら、以前記事にしたMagic Rose Cubeの折図サイトが閉じられていて、今は折り方が分からないのだそうです。
そこで、私に折り図を保管していたら送ってくれないか?という話でした。
 大変申し訳ないのですが、ネットでいつでも見ることができるという認識でしたので、折り図は捨ててしまいました。 ネットにある情報って、いつでも見られるからと思っているとある日突然なくなってしまうものなのですね。 そういえば、実物そっくりのお花の折り紙も出版と同時になくなってしまっていました。

 折り図はすててしまっていましたが、子ども達が興味をしめすかと、学校に持っていったものがそのままホコリをかぶってあるのを知っていましたから、そちらを持ち帰って分解してみました。 そうして、とりあえず、それを見ながら折った手順を以下に書こうと思います。(オリジナルと微妙に違う可能性があります)

 花用の折り紙3枚、葉用の折り紙3枚、計6枚を準備します。

sono1PICT1142.jpg


 折り紙をたてに半分に折り、折り線をつけ、一度開いて、そこに両端をあわせて折ります。

sono2PICT1143.jpg


もう一度開くと、折り紙がたてに4等分された状態に線が付きます。その右端の4分の一の線に左下の角を持ち上げて合わせて、三角に折ります。
 次に、三角に折ったところの上部の長方形(写真に書き込んだ部分)に着目して 一点鎖線の部分は谷折、点線の部分は山折にして、折り返します。点線の部分を山折しても、写真通りにはなりませんねー。今気がつきました。山折の位置はナナメ右上に向かうのかな。。折り紙のナナメのふちにあわせて折る状態です。折り返します。sono3PICT1144.jpg


上半分も右上の角をいままでの手順と同じように折ります。
sono4PICT1145.jpg

 写真のような形になります。
この形が、花も葉も基本形になります。
 組み合わせるときのために、点線を書き込んだ部分を山に折って癖をつけておきます。

sono5PICT1146.jpg


 これと同じものを計3つ作ります。>花になります。

次に葉を作ります。

ha1PICT1147.jpg


花のパーツと同じようにつくり、一つ上の写真で三角の折筋をつけた部分を、葉に限り中に折り込みます。
そうして、織り込んだ内側を見ると三角形が二つ合わさった形になっていますが、その部分もさらに内側に折り込みます。
ha2PICT1148.jpg


 後は、花のパーツと同じように平坦に戻します。
ha3PICT1149.jpg

 葉のパーツの出来上がりです。
 花と違う形に折った部分が、がく(葉?)の部分になります。

次に組んでいきます。

hakumi1PICT1150.jpg


1の部分にもう一つのパーツの端を折っていない方を入れていきます。(1)次にもう一つのパーツを準備して、上の写真の(2)の方向に差し込みます。 3つのパーツを組んだら、最後に足したパーツに最初に他のパーツを差し込んだパーツの部分(3)を差し込みます。 下の写真でもう少し説明します。

hakumi2PICT1151.jpg


 最後に差し込む部分は上の写真の点線の部分。そこに矢印がついているパーツをしっかりと差し込みます。
ここで立方体の半分(面が3つ)が出来ます。

hanakumi1PICT1152.jpg


 次に花も同じように組んでいきます。少し違うのは、組みあがったときに、写真の黄色い線(裏が見えている部分)が頂点から放射状に出ている状態になることです。

senakaPICT1157.jpg

 葉の方は、写真のように3つの面が合わさっている部分から見ると頂点を中心に三角形に裏が見えています。

zen1PICT1153.jpg


 花のパーツと葉のパーツを組み合わせて立方体にします。
 写真の○のついている部分を上側に起こすように矢印方向にもっていくと、花が開きます。

zen2PICT1154.jpg

 一つ開いたところ。
zen3PICT1155.jpg

 全部を開くとこんな風になります。
zen4PICT1156.jpg

 ナナメから見たところ。

開いた部分と、がく(葉?)の部分を全部たたんで、立方体に戻すことも出来ます。

以上です。
この記事のURL | しらべたこと&へえーと知識 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
カエルその後
2007/04/12(Thu)
ウシガエルは、どうやら特定外来生物だということらしいのです。

ウシガエルを食べようサイトさんによると

特定外来生物を野外で捕まえた場合、生きたまま持って帰ることは禁止されてしまいますが、その場ですぐに放すことは規制の対象とはなりません。 また、殺す、食べるといった行為も対象にはなりません。 (生きたまま逃がしてしまうと対象になります)  これらの規制に違反した場合、最も重いものでは、個人で懲役3年もしくは300万円以下 の罰金、法人で1億円以下の罰金となります。



 息子は、ウシガエルだと知っていて捕まえて帰ってきたわけですが、特定外来生物だということは連れて行ってくださったお母さんも知らないことだったし、息子も知らないことだったわけです。 

で、すでに規制違反をしてしまったことになるみたいです。(ToT) で、上の囲みにあるように、「その場ですぐに放すことはok」なのですが、どこを読んでも「知らずにつれて帰ってきた場合」というのは書いてないのです。 で、放すと罪になるということは、これを野生に返すと二重の違反になるということなんでしょう。

飼うのもダメって書いてあるけれど、殺せないよ。かわいそうだよ。。。(ToT)
kaeruPICT1124.jpg


息子は、カエルのために昆虫をさがしては捕まえてきています。今は昆虫も少ないので、ハサミムシやらダンゴムシやらばっかり。モンシロチョウも捕まえてきましたが、一度食べたらおいしくなかったのか、その後は食べません。

 どうしたらいいんだろう。環境省に電話してみるべきなんだろうか。。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
てんぱっています (こども編)
2007/04/12(Thu)
 で、てんぱっています。

家で勉強することを今年決めたわけです。最初はうまくいっていたのですが、この春休みで滅茶苦茶に。 私の希望としては、もう4年生なんだから自立して勉強などは片付けてほしいと思っていたのです。 子供が毎日休みのとき、母親が朝から4時くらいまで不在というツケは息子にとっては大きかったみたいです。(つまりまだまだ自立できていないということみたい)

 最初のうちこそ、一日の予定をたて、きちんと生活している様子がみられてホッとしたのもつかの間、何度か 朝から昼食コミでお友達のうちによんでいただけたりした途端にあっという間にそれがガラガラと崩れてしまって、新学期が始まるころには、私が帰るまで毎日テレビばかりみていたということに。いえ、テレビを見て待っていても、ゲームをして待っていてもやることをきちんとやっているのであればなんら心配はないのです。でも、やることは全く手をつけてなく、ただただダラダラとしていただけ。これも1日くらいそういう日があっても良いと思うのです。私もなにもかも手につかずにダラダラしたい日もあるから。でも、新学期が始まってからも注意散漫でダラダラした様子に、とうとう私が雷を落とすことになりました。

 子供を叱るというのはなんと難しいのでしょう。大人になってから、人と無用なトラブルにならないようにこころがけつつ生活をしています。だから、自分から相手の悪いところを指摘するということはよほどでないとやりませんし、それをやるからにはカナリの覚悟をしてからになります。けれど、息子を叱るというのは大人同士の付き合いのようなわけにはいきません。
 息子を叱ってそれがすぐに息子に理解されて改善されれば良いのだけれど、なにせ3日坊主な息子。最初は気をつけていても、私のチェックが甘くなるとダラダラとすぐに元の状態に戻ります。(これは、勉強だけでなく生活態度の方でも。どちらかというと、基本的な生活態度や 物事に向かう姿勢がちょっと。。。)

 小学校入学前のただ「かわいい。良い子」で過ごせていたころは叱ることもすくなくてよかったなあと思いつつ、できないことをできるようになるまで毎回繰り返し叱ることが親の務めなのかもしれないと思いながら、、、これが結構ストレスになるんですよ。 

 今書いているのは決して高度なことではなくて、使ったものをきちんと片付けろとか、整理整頓しろだとか、 あけた引き出しはしめろとか、普通のご家庭ならば「そんなのトウにできているわよ」とおもわれるだろうことなんです。今まだできないということは、私の指導がまずかったのだと思うのだけれど、どうすれば良いのかというのはまだまだ分からない。 できるようになるまで試行錯誤するしかないんですねえ。なにかアイディアがあれば教えてください>皆様

 生活題度のことが大半は大半なんですが、それが物事を習う態度につながることになると思っています。 そうして、ここに来て、よそのお子さんのしっかりしている様子を見聞きすると、「本当にコレでいいのかな?」と不安になることも多いです。 勉強のことも塾に入れてしまったほうが良いのかもしれないと、塾のチラシが来るたびに思います。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(3) | TB(0) | ▲ top
てんぱっています(子ども会編)
2007/04/12(Thu)
 今日は参観&懇談です。
そろそろ髪を切りに行きたいんだけれどなー。

 子ども会は、いろいろもめたけれど、(でも済んだことだし、書くと面倒なので詳しくは書かないことにしました)どうにか先日遊園地に行くことができました。 といってもそれ以外にももめているさなかの人の当日ドタキャンなどがあり、団体料金でギリギリ入れなくなってしまったのでまたひと悶着。
 取り仕切っているひとは「キャンセル料(3人分)全額もらうから電話して!」などと言い出したのですが、多少はキャンセル料をもらうにしても、全額っていうのは。。ちょっと。。

 結局、「遊園地の入り口で、3人くらいだったら声をかければ集まると思うので、声をかけましょう」と提案。私が怪しいおばさんとなって声をかけて4人組をゲットしました。

 書かないといっておきながら、人間関係のゴタゴタのことは省いて結局少しは書いてしまいますが、実施することについて、音頭をとっている人があまりにも一人で強引にコトを進めるので周りから不満がでていて、参加者が集まりません。 1年を月割り分担していたところにあとから入ってきたその人(ぴーの長と同一人物)は 自分が知らない人とグループになりたくなかったのか、いつのまにか私のいるグループに入っていて、グループをとりしきっていました。1回の実施につき、ファミレスで3回も4回も打ち合わせを持つと連絡がきましたが、私は仕事と重なった日は打ち合わせには出ませんでした。 決まったことを私がwordでチラシにするという係を請け負ったのです。ところが、1回募集をかけてもあつまらない。「pon2ちゃん、わるいけど書き直して配布しといて」と一言で済ますけれど、デザインを考えて書き直して印刷して配布。。。結構大変でした。
 
 結局今回の遊園地は強引な実施になったので、他のグループの参加がすくなくても担当の私は行くしかなかったわけですが、行けば行ったで子どもも大人も楽しかったので、皆も来ればよかったのになあとか、たったコレだけの人数でこんなに予算をつかってしまってもったいなかったなあ。(バスを借りて旅行にしたので)とか思いました。

 遊園地のことはそれでどうにか終わって胸をなでおろしたのですが。。。その場で、pon2ちゃん。来年の会員募集のチラシも作って!といわれました。
 たしかにwordを使って文章を打つくらいは他のお母さんもやるけれど、絵をレイアウトしたり、いろいろ工夫してというチラシはあまり他の人はやりません。 私も楽しいチラシを作るのは好きだし、あまり苦にならない仕事なので、いままで請け負ったのですが、 でも、こちらの都合を無視して突然気軽にアゴで使われるのはちょっと。。。一回他の人にも打診してもらえないのかな。今すごくいそがしいし。いろいろ先にやらなければいけない仕事を↓のようにかたづけていたら、昨日はメールと確認の電話まで入ってしまったシマツ。。。。
 皆、人にばかりやらせないで自分でもやってよ~~~。
(T~T)

人間、日々はじめてのことにでもトライしてみると意外なところでそれが役に立つことってあるもんだと思います。
 何を隠そう、このwordでチラシ作りも、広報時代にちょいと色々やったおかげで我流だけれどできるようになりました。(会社では表やグラフは入れてもイラストを入れたりする必要はなかったから) 今回パートに出て、意外なところで役にたつもんだなあと思ったのは、印刷機の扱い方です。
 今度のパートは印刷することもあるんです。コピーをとったことがある人は多いだろうけれど、印刷機を扱ったことがある人は少ないと思います。これも役員をやって「印刷機なら任せて」状態に使ったことから。

 コピーもいろいろな機種を扱ってみたから教えてもらわなくても大抵のことは出来るようになりました。今のパート先ではコピー取りも異常に多いのですが、それで時間を使うのはイヤなので、コピー機能もフルで使います。 普通に印刷すると読み取り速度のほうが印刷速度よりも早いため、次の原稿を入れるまでにタイムロスが発生するのですが、ボタンをみているうちに予約印刷をかけながらコピーすると待ちが最小で済むことに気がつきました。

 どこで何が役にたつかわからないもんだなあなどと思いました。

てなことで、言いたいことは、「pon2ちゃんやっといて」(pon2にやらしとけばラク)と思っている人、「私はできないから」と断る人、皆もっと積極的にとりくめば何かの足しに絶対なるとおもうんだけれどなあ。 
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
読み逃げ。別にいいじゃん。
2007/04/11(Wed)
 先日、「mixiで「読み逃げ許せん!」文化がはじまっている」とやら聞いたので、へえー。そんな不思議なことがあるんだなあと思っていたのですよ。

 ITメディアの該当記事

 そんなに読み逃げがいやなんだったら足跡を残さないで読める機能が欲しいよ。なんて思ったりもして。。(^^;)ゞ

 mixiではないですが、私が書いているブログなんて、読み逃げだらけですよ。ですが、訪れてくれた人全員がコメントを下さったらワタシャブログを続けられません。返事しきれませんもん。
 まったり見守ってくださる方がいらして、何か特筆することがあったらちょいとコメントを下さるだけで本当に十分だとおもうんだけれど。。

ということを記事に書こうと思っているうちに数日過ぎ、今日検索してみたら、

自作自演ではないか?という記事にヒット。
ホンマ?そうなん?
 
 どうでもいいことですけど。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(6) | TB(0) | ▲ top
てんぱっています (ボ&ぴー編)
2007/04/11(Wed)
 で、てんぱっています。

 年度が替わったので、私が受け持っているボ関係の帳簿を、[今日行く委員会](検索対策実施中)に学校経由で提出する必要がありました。だいたい[今日行く委員会]からのお達しが私に伝わるまでには随分時間がかかるようで、4月15日までの提出期限が私に伝わってきたのは、4月の頭でした。 でも、昨年から4月はじめに決算報告が必要なのは知っていたので、全て計算済ませて予算を消化してラクラクだったはずだったのですが、その4月の頭にきた通知には予想もしてなかったことが書かれていました。

 出納簿の入金欄には、委員会から下りてきた予算の金額を記入するだけで、預金利息は収入として書いてはいけないのだけれど、もし、預金していて利息がついたら それを現金返却してくださいとのことでした。だって、17円ですよ。それも収入として帳簿に載せずに。おまけにその17円を返却するのは現金持参なのだそうです。 ソンナ。アホな。そこまでに行く交通費の方が大きいと思う。 で、17円を急遽消化しなければならなくなってアタフタ。どうにか消化できました。

 今度からパートに出始めたので、学校に行けない日もあるし、一日も早くお渡しした方が良いと思い、朝仕上げの帳簿整理。 

 それが終わったので、今度は子供たちに花壇で咲いている花の紹介をするつもりでその原稿を作りました。こちらもボです。 今年の春の花壇はスゴイ感じ。 綺麗ねえ。よく咲いたねえ。と私が花壇のボに参加していることを知っている人は皆声をかけてくださいます。 本当にスゴイのですよ。
 前に花壇に植物を植えたときに、植えられた植物の名前が知りたいという要望があり、全部が全部に札をつけられなかったのでそれもかねて写真をとって 花の説明を書き加えました。
その最中に電話!!!

 出てみると、今度請け負った委員会のことでした。「こういうことが分からない人がいたらどうしよう」という質問があったという電話でした。(伝え聞きレベルで伝わってくるのです)明日から各クラスで委員決めがあるためでしょうか。 でも、知らせられることは先日までに配った2回のお手紙で書いたことだけしかありません。(因みに、文面も私が作ったし、全校分の印刷も私一人でやりました) 「この間お手紙を出したのに書いたので大丈夫」というと、「7月からはじまることを知らない人がもしいたら」と心配している人が電話の向こうに2,3人いるようなので、 「ちゃんとプリントに7月からだと書いたので、それを読んでいる人は分かっていると思う。(というか、そこに居る人も皆手元にそのプリントが配られたハズ。ちゃんと読んでないのね。。) もし、分かっていない人がいたとしても、担当する月数が減るだけで、なんら問題ないと思うのでこのままいきます」とお返事しました。 会社の集まりと主婦の集まりの違いはここにあると思います。 会社は、予測できるリスクはそれに対して対処方法を考えるけれど、もし、こういうリスクがあったらどうしようというのが枝分かれしてどんどん増えるような場合の対処は大元一つの対処で終わらせているように思うのです。
 
 でも、主婦の集まりの場合は、 もし、7月からだと知らない人がいたらどうしよう → お知らせで出しているから分かっているはず。 問題ない。と説明しても、
 でも、その人が 他の人に説明をもとめたらどうしよう。 もし、その人が土日しかでられなかったらどうしよう。もし、もし。。。「もし」でがんじがらめになってしまう人も多いようにかんじます。

 結局一番知っているはずの私やk長が知らないことはだれも分からないのだから対処のしようがない。その部分をどうやって対処しよう?と悩んでいることが多いのが「ちがうなあ」と思う。そういう部分は問題が起こってから対処しないと。
 それに、今の時点でそういうことを言われても、明日あさっての話なので、プリントも何も配れないのだからどうしようもないと思うのですよ。あらかじめ分からなければ聞いておくべきだったと思うんです。 

 「私が知っていることは皆プリントで伝えたよ。それ以上のことを、個人的に聞かれてもこれ以上は答えようがないよね。だから、そういう人には「わからないんです」と言ってください。」とも伝えたのだけれど、そういうのはイヤみたいなんですよね。。困ったな。

 で、今日は、「今回のことで、不都合があるという人がもし後に出てきたら、そのとき対処します。 どうしようもなければ、『私の説明が悪かったごめんなさい』と謝るのでそのまま行きましょう」と突っ走ってしまいました。

 さて、こういうことを見ていてもちょっぴり前途多難。でも、私のやり方ですすめるつもりです。 なによりも会議は短時間で、無駄話は後で! 分からない「もし、こうだったら」という話で時間を費やさないこと!

 で、この話も脱線気味に進んでいますが、とりあえずその件は一件落着して、花壇の花の資料作りに戻りました。

comosaPICT1129.jpg

この花は学校花壇の花ではないです。

 で、資料を持って学校へ。。ボの帳簿を学校にお渡しし、花壇の花の説明を掲示板に貼り、 図書室のボの手伝いをし、帰りに ダリヤを植えてきました。

忙しいです。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
てんぱっています(その1仕事編)
2007/04/11(Wed)
 「てんぱる」って、聞いたことはあるけれど使ったことがないpon2 です。 なんだかすべてにおいて一杯一杯で、こういうことをテンパルというのかな? と検索してみたら、

テンパる(日本語俗語辞書)

麻雀用語で「あと一枚で上がれる状態」を意味する『聴牌(てんぱい)』に俗語でよくある動詞化する接尾語『る』をつけたもので、もともとは「聴牌になる」という意味の麻雀用語だった

2000年頃から後者の「目一杯の状態になる」が「余裕がなくなる」という悪い意味を持ち、「あわてて動揺する」「焦る」「のぼせる」「薬物で混乱する」など



と、もともとはマージャン用語で良い意味に使っていたのだそう。そうか。。。私マージャンって知らないからね。。

ところで、なんとなく一杯一杯の日々を少しずつ色々消化してやっています。

 まず、仕事。

だいぶ慣れてきて、失敗はなくなってきました。でも、火曜日はやっぱりゴタゴタ。 一つは、こちらが送ったという記録のないものをお客様が送り返してきていて、それがプログラム上うまく処理できてなかったのです。 もとはといえば、私の上の人(aさん)が使っているプログラムの仕様を理解しきれてなかったという原因なんですが、aさんは割りと「私は正しい、アナタが間違っている」という感じの物言いの人で、私はパート。「私が彼女にうまく説明できないと、キツイ口調で応対されるんだろうなあ。どう説明すれば良いのかな」なんておもいつつ説明しました。やっぱりすぐには分からなかったみたい。 プログラム作成した人まで呼んで、aさんが入力していなかったからリストに出なかったということが分かりました。(が、傍から見ていると、口調から私が叱られているように見えたと思います。)

 それから、データの更新ミスがあったみたい。封筒に書かれている名前とプログラムで表示される名前が違っているので、またaさんに確認したのですが、それも割とゴタゴタと話が進みました。
 結局はお客様が改名して、データを取り込んで動いていたアクセスのプログラムの更新タイミングがずれていたようだったのですが、これもまたそれを説明しに行ったとたんに aさんには、「言っていることがわかんない? どういうこと?!」と、居丈高な感じで応対されたので、周りの人は私が叱られていると思ったと思います。

 でも、私は自分がポカミスするとスゴーク落ち込むのですが、システムのミスやら相手のミスだったときには、あまり落ち込みません。 まあ、そういう時はこちらの説明をもっとてっとりばやく理解してもらえればベストなんですが、私のしゃべっている内容が相手に伝わりにくいみたいで、それに時間をとられるのはいやだなあと思います。(ワタシガイコクジンデスカラ。。ニホンゴフトクイデス・・なんちって)

 帰宅時に一緒になった同じ部署のパートの人(bさん)が私に話しかけてきました。bさん曰く、「私は、aさんがニガテだったのだけれど、あの人は口がきついけれど、根はそんな人じゃないってことがやっとわかってきたのよ。最初はあわないんじゃないかと思ったの」というようなことをおっしゃるので、数日前のことを思い出してそうだなあと思いました。
 数日前の出来事は、その日処理した封筒とリストをaさんに持っていったら、「その封筒はなんですかっ?! 私に渡されても困るンですけどっ!!」といわれて 私の方も「???」 「そうですか。でも、昨日までは処理が終わった封筒はお渡ししていたと思うのですが、ではこの封筒はどちらに持っていけばいいんでしょう?」とその迫力に押されて控えめにたずねたら「あ?! 私がもらっていましたね。そうでした。」と、相手の方の勘違いでした。

 そんなことを思い出しながら、「そうですねえ。」と相槌を打つと、bさんはその人の口調を真似されたので、「あ、本当にそんな感じですね」とまた相槌。「今日pon2さん、かなりビビッテませんでしたか?だから、いつかこのこと(口調はきついけれど根に持たない良い人だということ)をいつかお教えしようと思って」とおっしゃりました。 私、傍から見て気の毒なくらい ビビッテいたのでしょうか。。。(^^;)ゞ
 
 上にも書いたように、心の中ではそんなにびびったつもりは無かったのです。その辺は会社やらなんやらで鍛えられているので打たれ強いのかもしれません。相手に理解されなかったらそれは辛いことだけれど、自分が間違っていたわけではないのだからやっていけます。 自分の仕事のミスだったら、落ち込みますが、落ち込んでばかりでもしょうがないので、次にそれをしないように気をつけて克服するだけだし。 でも、そうやって私を見て元気づけようとしてくださる人がいたことをとてもありがたく思ったのでした。 
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
かいつまんで
2007/04/08(Sun)
 んーと。更新さぼってしまいました。(^^;)ゞ
忙しかったのよ~~。なんてね。 やっぱり給食が始まるまでは忙しいです。

 息子は新任の女の先生が担任になりました。昨年までは自称「学校で一番厳しい先生」が担任だったのですが、新任の女性の先生だと優しそうだなあ。 うちの息子の学年はわりとヤンチャな子が多いので、図に乗りそうだなあなんて思いました。
 まあ、学年主任に昨年までの息子の担任だった先生が入るのでそうそう羽目もはずせないだろうけれど。

 息子に「どんな先生?」と聞くと、「優しい先生だったから気が楽」なんて言っていて、(ふふふ。やっぱり昨年までは怖かったのね。。)と思いました。

 さて、土曜日は子ども会でバス旅行でした。こっちもいろいろ気をもむことがてんこ盛りなの。。(もう、ずっと継続中なので日常になってしまったよ)だけれど、天気も良いし、桜も綺麗だし、子供たちも喜んでいたし、私も楽しんだしで楽しくすごすことができたことは本当によかったです。

 今日は、ちょっとゆっくりして、投票と図書館へ行ってきました。ものごく投票率が低かったです。
結果はどうなんだろう。 イヤだと思うこと ダメだと思うことは断固として相手にわかるように意思表示することが何でも必要なんじゃないかと思うのだけれどなあ。 
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雑誌のちょい読み >イイけれど おしい。 もうちょい。
2007/04/05(Thu)
 息子、あらためまして今日から新学期です。新任の先生が担任になりました。 わー。親もドキドキ。

話はさくっと変わります。
先日知ったことですが、読売新聞のYOMIURIオンラインの中にネットで雑誌の立ち読み(ちょっとだけ)が出来るようになったと聞いたので、どれどれ?と見に行ってみました。 

YOL magabon というものみたいです。なるほど。ページを開いてみたら雑誌がズラリと。 

わあー。ワクワク。これで家に居ながら雑誌のチェックができるのね。。と 雑誌をクリック。すると大きく表示された表紙絵の下に 「雑誌のちょい読み」という赤いラインが見えるのでそれをクリック。

 をを!目次だ。。。。とワクワクしながら次をクリック。
で。。。。。
 ほとんどの雑誌は写真の入ったページ掲載はなく、さっさと次回予告ページ(字ばっかり)に飛んでしまいました。いゃ~ん。
 っていうか、写真が無かったら あまり意味ないじゃん。画期的と思ったんだけれど。

 まあ、今後に期待したいと思います。 とりあえず面白かったので記事にしてみました。
 
この記事のURL | しらべたこと&へえーと知識 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゲーム三昧の日々
2007/04/04(Wed)
 私がパートに出ているから?か 春休みらしいことはあまりなかった息子。 他の人の話を聞くとスキーに行ったりと楽しいことが沢山あったみたい。 ごめんね。

 息子の春休みはゲーム三昧でした。
私が買ったきりお蔵入りしていたゲーム
ダーククラウド PlayStation 2 the Best
ダーククラウド PlayStation 2 the Best
ソニー・コンピュータエンタテインメント 2002-09-12
売り上げランキング : 6123

おすすめ平均 star
starはまりました!!
star以外におもしろいかも
star一見地味だけど。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ダーククラウドを 全クリして、今は 途中まで私がやりかけてそのままになっていたファイナルファンタイジー進行中。
ファイナルファンタジーIX
ファイナルファンタジーIX
スクウェア 2000-07-07
売り上げランキング : 3434

おすすめ平均 star
starいつまでも記憶の中に残る作品
star最初は面白いと思ったけど
starエンディング良好

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ダーク・クラウドは 町を箱庭のように自分で作れるところが気に入ったみたい。それから RPGだけれど、敵と戦うところはアクションの要素が入っているのでそれも楽しかったようです。

 FFは、私が昔にやりかけていたからだいたい内容はわかっていたものの、あらためてプレイするのを見ていると、手間隙かけて作りこんでいることがわかるゲームだなあと思いました。
ダーククラウドを終えて息子がFFをやりはじめてまず最初におどろいたのは 音楽の作りこみがすばらしいこと。 これは以前プレイしたときには気づかなかったです。

 息子の春休みは ゲーム三昧になってしまった感もありますが、よく考えてみると、私、昔ドラクエにはまってしまって 連休中ドラクエばかりやって過ごしてしまったこともあり、「まあそういう気持ちもわかるなあ」と 思ったりもしました。 それにゲーム三昧とはいえ、外に遊びに行ったり、工作したりということはやっているから私よりも健全な遊び方をしているかもしれないなあ。 (私の場合寝食をわすれるほどやっていたから)

 色々周りの人の話を聴くと、塾で過ごさせたという人がダントツに多く、次にどこかに遊びに行ったという人が多い中、息子は異色です。

この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新学期
2007/04/04(Wed)
 今日から新学期。まだまだ眠そうな息子を起こして、準備をさせて、「いってらっしゃい」と送り出した。

 小学校の休みは個々の学校で違うというのは最近知ったのだけれど、同じくパートに出ている人たちの子どもさんの学校の中でも息子の通う学校はダントツで早いみたい。 

 新学期の準備をすすめて今日は万全の体制で、いつも一緒に登校している子の家に向かった。

 と、その頃。「おかしいなあ。今日は小学生があまり外をあるいていないよ」と窓から外を見ながらpon1。「そう?新学期だからかな」とあまり気にしていないpon2を尻目に冷蔵庫に貼ってある予定表を見たpon1、あれ?春休みって今日までってなっているよ。

 えええええええええええええええ!!!!!

 ほどなく 玄関に戻ってきた息子、「今日は学校じゃないって。。。。」 と。

 「ごめんごめん。お母さんの勘違いだった...」と。pon2.
久々のボケ全開でした。
 もとはといえば カレンダーに書き込んである予定表が間違っていたのだけれど、それを書き込んだのはほかならぬ私。

 なんだか、自分のことながら不安になってしまうよ。。(^^;)ゞ


オマケ:迎えに行った先のお母さんからその後電話があり、仕事に出ようと駅まで行ったら、学校に向かっている子どもたちが多いから、今日から新学期じゃないよね?と確認でした。

 一部の子どもたちは明日の準備で登校なのだそうです。

 ゴメンゴメン。私がボケたのよ。。と謝ったけれど、もう。。。ネエ。。。(--;)私ってば ボケるにもほどがあるわ~。  息子はなれたもので、多少「ヒドイヒドイ」といっていましたが、許してくれました。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
かぶってしまった
2007/04/03(Tue)
 元の会社をやめて、家にいるようになったとき、私は学校にきて行く服がまったくなかった。 皆「トリアエズオフィス用」という服だったので、学校に行っても妙に浮いていることも多かった。 それから3年たって、私の普段着は増えた。前着ていたオフィス用の洋服は 流行が変わってなんとなく着られない感じになってきた。 女性の服は大きな流行があるから不便。サイズがあまりかわらなくても着られなくなってしまうから。
 日頃着る服はもっぱら ユニクロで調達。なんといっても歩いて10分もないところにユニクロがあるので、よく出かけていっては購入。 妹がいうには、「ユニクロはかぶるときがあるからねえ。安いんだけれどねえ」とのこと。 私の周りにはユニクロを愛用している人がいなかったので、かぶることもなく、いつしか私の洋服はユニクロだらけになってしまった。
 
 今回、会社勤めするときも真っ先にシャツを探したのがユニクロ。その後カーディガンなども買った。

 先日、実家の母からの荷物に洋服が入っていた。電話では、「自分用に買ったセータだけれどいらないか?」という話だったのに、出てきたのは流行を意識した若者も着そうなものだったので、母は随分若者向きのモノを着るのだなあとびっくりして、電話をしたところ、母用のセータを送ると妹に言ったところ、妹が 「そういうのを送っちゃダメ。それじゃなくてもお姉ちゃんは、この間帰ったときもユニクロばっかり着ていてあれはよくない。」と言い、二人であらたに選んで買ってくれたらしい。 なんと、着るものの心配まで家族にしてもらったのは少し反省した。
 たしかにユニクロを着ることは多いけれど、旅行のときなどは機能的で汚れても気にならない洋服で帰るのが便利だったから全部ユニクロになってしまっただけなんだ。それにオシャレ着を持って帰るよりも、家族の荷物で一杯になってしまうのでまさに「着たきりスズメ(死語ですにゃ~)」状態で帰っていたから。 と、心の中でイイワケしたけれど、でも実際今持っている洋服で着られるものの比率を考えると ユニクロ:ユニクロ以外は 9:1 くらいかもしれないから、やっぱりユニクロばっかりという指摘はするどいところをついているのかもしれない。

 で、今日もユニクロのシャツとユニクロのカーディガンをあわせて会社に出勤したわけだけれど、はっと気がついたら同じ課の人がまったく同じ色の同じカーディガンを着ていて気まずかった。 先方も気まずかったろうなあ。
 「あ!かぶってる」と思ったけれどそのままお互い言葉をかわすことなく一日が過ぎてしまった。 きっと彼女はあのカーディガンをもう着てこないかもしれないな >ということは、私がずっと着ていけるわけかな?(ウソウソ)

 家族からの指摘もあって最近別のお店で洋服を物色していたのだけれど、今日のことで、一段とユニクロ離れを考えねばと思った出来事だった。 いや、別に私は制服のようにオソロでも 気に病むことはないのだけれど。。。
  

  
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
お腹が空くのだ
2007/04/02(Mon)
 仕事の方はだいぶ慣れてきた。先週火曜までは自分の出来なさ加減にちょっと↓だったけれど、先週金曜日に、長くやっている人と同じ条件で新しい仕事をしたら、長くやっている人も私と同じくらいの出来だったので、ちょっとホッとした。 金曜日は、長くやっている人の方がミスがあったりして、「多少ミスがあっても大丈夫なんだな」と思った途端、緊張度合いが減ってミスが減ってきたようにも思う。
 あのミスは自分が焦っていたからかもしれないな。そういえば、前の仕事のときは、「絶対に出来る」っていう自信があったもの。

 今日はノーミス! バンザイ。 

 ところで、会社に行くとお腹が減るのだ。帰宅してからものすごく甘いものが食べたくなって困る。三月半ばごろに pon1が家にいてくれたとき、帰宅してから食べまくる私を見て「そんなにたべたら太るよ」とアドバイスをくれた。 わかっているけれど、私はどちらかというと 気を使ったり、頭が疲れると甘いものを食べるタイプなんだなあ。 ストレス太りタイプ?

 毎年この2月から3月の頃にケーキの食べ癖がついて食欲が暴発してしまって後悔していることも多いことと、スカートがきつくなってきたことから 一年発起してダイエットすることに決めたのが、2週間くらい前。 今の私の性格からして、「食べたいときにモノを食べない」というのは出来なさそうだったので、今回は ダイエット食品に頼ることにした。
いろいろ物色して、注文してから食品が届いたのが、1週間くらい前。

 ダイエット用おやつと、低カロリー食。 しかし、低カロリー食だけだと足りないので、ほかのもの1品と置き換えて食べることにした。 今のところ、あまり効果が見られない。(というか、減量するつもりなのに体重を測らない私です。だから微妙なやせは分からないのです) でも、1セット食べきった頃には効果が出るといいな。

 実は、私の家系は糖尿病のリスクが高いようなので、健康のためにもこれからは太れないぞと思っているところなのだ。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。