2005 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2005 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
狂言鑑賞
2005/11/30(Wed)
 昨日の学校への用事はお仕事ではなくて、子どもたちが狂言を鑑賞するので、保護者の方もいかがですか?という集まりでした。 狂言はまだ一度も観たことがありません。最近いろいろと有名になってきたけれども、歌舞伎よりも敷居が高い思いを抱いていました。

 学校でやる狂言ってどのくらいのものなんだろうとおもいつつ、出かけていきましたが、予想と異なっていてずいぶんと勉強になり、行って良かったと思える催しでした。

 演じてくださったのは、人間国宝だそうで、そういうものをこうやって身近で見られるということは素晴らしいことだなあと思いました。 演目は「柿山伏」。
 山での修行を終えた山伏。「私は偉い山伏だぞ」とえらそうに自己紹介をしたものの、おなかがすきすぎていてつい、そこに生えていた大きな柿の木の実を盗んでたべてしまいます。そこにやってきたのが柿の木の持ち主。 柿泥棒を発見したけれども、つい「からすだろう」というと山伏「カアカア」サルだろうというと身をかいて「キャッキャ」とまねをするのでどんどんと要求がエスカレートして。。というお話。

 子ども向けに狂言の基礎を説明してくださったのでわかりやすく、鑑賞ポイントもしっかりわかって、一般の公演を見に行くよりもこちらが先で本当に良かったと思いました。

 狂言は流派によりいろいろあるらしいのですが、だいたい演目は200程度なのだそうです。
昨日みせていただいた流派ではほとんど新作を作らないとか。その理由は その200の演目に人の生活のあらゆる場面が盛り込まれており、新作を作ったとしても過去の演目と重なる部分があるということでした。 人の愚かしさを笑い飛ばすという狂言は今の世の中にピッタリ。
 一度その200の演目全てに目を通してみたいと思いました。

また、これは私が不勉強だったから知らなかった(もしくは習ったのに忘れた?)のですが、 「これは、~の山伏です」と自己紹介をする、この 「です」は現在のような丁寧な言葉ではなく 「でそうろう」を略した威張った口調だということ。へえーと大変面白く感じました。

 帰宅した息子にどうだった?と聞くと、ほとんど説明なしに何と言っているかわかったと言うのでびっくり。「どうしてわかったの」と聞くと「かぶきに行っていたから。ことばがにていたから」だそうです。へえー。びっくり。 そういえば身動きせずに集中して聞いている頭がみえたのを思い出しました。  宿題に狂言の感想文がありました。私も保護者用のアンケートをもらって帰ってきていたので、息子の隣でアンケートを書き息子に渡すと「何をかいたの?」と。 読んでやってもわかるかなあと 「じゃあ読もうか」というと「うん」 そこで私の感想を読んで「わかった?」と聞くと「うん」だそうで、息子の感想文もよませてもらったりして、 狂言のおかげで親子そろって二度三度も楽しませていただいて本当に良かったと思った一日でした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
マンネリ
2005/11/30(Wed)
 少し前に書いた海外のダイエット多肉植物フーディアの迷惑メールのことです。
このメール、簡単な英語で書かれているし、起承転結があるので私のように英語初級者でもとても分かりやすいメールです。ですからフーディアは買わないけれど、結構楽しみにしていたんですよ。

 ところが、このメール題名は変わるんだけど、内容が2,3個の使いまわしなんですよねー。
もっといろいろ考えてくれないかなー。題名が変わると「どうかなどうかな」とクリックするのですが、1,2行読んで「ちっ!まったくおなじじゃないけ」と即消しです。

どんなメールなん?と思われた方に
こんなメールですよー。他に2パターンくらいあります。 >もっとパターンを増やして欲しいなあー(@_@) キラキラ。

I work in an office where there is always food to snack on.
I kept trying different diet pills to lose the extra pounds but none of them worked
because I was always hungry. Within two weeks of taking Hoodia Maximum Strength
I not only lose the extra pounds but can walk by the snack machine without a second glance.
Best of all, I finally caught the attention of my office worker and he asked me out.
Thank you Hoodia Maximum Strength for changing my life!!


ね。海外通販を髣髴させる、この起承転結。迷惑メールなんだけどなんだか読んでいてスッキリしませんか?(^^;)ゞ

この記事のURL | 迷惑メールやら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
時間にながされるぅ~
2005/11/29(Tue)
 ロバミミを更新したり、息子の読書ノートを更新したりで、さて、そろそろ景気づけに風呂にでも入るか(あ~昔はこんなこと考えもしなかったなあ。お勤めをされてる方には 「まったく気楽な専業主婦ね!」と軽蔑されるかしら)と、追い炊き完了の風呂に行こうとした頃、突如電話が。

昨日のことです。

 広報で一緒だったお母さんからでした。「今日は、どこであるの?プリントすてちゃったんで pon2さんだったらたぶん出席すると思って」と。 「え?今日?ってなに?」「家庭教育学級が11時から」 
驚いたのなんのって。すでに10時半をまわっているのですよ。 「あ、出る出る。出るって返事出した~。プリント、あると思う、ちょっとまってね」とあたふた。確認するとまぎれもなく。いそいで場所をお伝えして、葛藤。。 出る、出ない、出る、出ない。 その後、風呂に 入る、入らない、入る、入らない。(普通あと30分もなければ入らないですよね) しかし、私はチャレンジャー。入りました。

そうして髪も洗って半乾きのまま 自転車に飛び乗り学校へ。すっとばしてはじめの挨拶をちょっと過ぎたときに滑り込みました。 昔会社に通う頃、真冬に朝シャン(懐かしい言葉)して、髪の毛半乾きで走ったことがある身は強いです。<マッタク。(^^;)ゞ

 先週の帰省からどうも力がはいりません。というのも「家のことをやりたい」と思う気持ちが強くて、つい学校関連の催し物は考えたくない状態になり、意識していないのに頭が忘れよう忘れようとしているようで。。。 まあ、たしかに 帰ってきた次の日からずっと学校のある日は学校へ行き詰めているのでしょうがないかー。 何回も書くけれど、会社だったら給料もらえてますねー。
 今はお金ではなく いろいろな情報を享受しているのだと自分にいいきかせながらも、一石二鳥ということはないのかなあーとふと思う今日この頃です。

さて、今日も学校へ参ります。(--;)行かなくてもいいかもしれないんだけど。

でも、たしかに収入にはならないけれど、子どもをとりまく環境やら、自分の子どもについての情報やらは半端じゃなくあつまりました。これはこれで自分としては満足しているのですけどね。


この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
タイムスリップ と 報道について
2005/11/28(Mon)
一昨日のこと、 夫が「あれから一週間たったんだなあ」とボソッと言うので、「え?」と聞くと、「いや、先週の今頃はコテージだったんだなあ。」と。私は心底びっくり。 もう一週間たっていたとは! 確かに、帰宅してからの日々は忙しかったです。

帰省する直前に洗濯をしておいたものの、帰宅の荷物には洗濯物どっちゃり。帰宅したその日にまた洗濯。次の日に宅配便で送った洗濯物が到着してまた洗濯。 干すところがなくなって、寒いので乾きが悪いのも手伝ってなかなか通常の状態に戻りません。
 それはそうですよね。旅行中に4泊しているので、4日分の洗濯をこなさねばならないということで。 大人だけの旅行で、ホテルに宿泊ならば下着などはホテルで洗濯してという事もできるし、洋服もそうそう毎日着替えなくても良いという事もあると思うのだけれど、帰省はなかなかそうも行かず。 それに追加して、木曜と金曜は 学校やらその他やらの用事があったので、旅行荷物の片付けやらなんやらで過ぎてしまってました。 

 とりあえず日常をとりもどしつつある我が家です。

さて、忘れてしまう前に書いておきたいことがあります。

■洪水の後
 実家から車で少し行ったところに用事があって出かけました。今年、床上浸水があったと聞いた場所です。テレビでも放映されなかったし、実家方面は被害はなかったようなので、「床上浸水で家具が水につかって大変だったらしい」と母から聞いていたのですが、報道されないから 床すれすれ程度の浸水だと思っていたのです。
 もう洪水からはずいぶんと時間がたっていたので、日常生活が戻ってきていました。人が生活している場所は洪水の跡はまったく見受けられません。タクシーの運転手さんが、「このあたりの浸水はすごかった」と話してくれました。ブロック塀についた泥の跡をさして、「ここまで水がきたんですよ」と。そうして、コンビニと美容院の前を歩いたときに驚きました。家の中は空っぽでした。棚もなにもなく、片付けてある様子ですが、まったくの空き家になっていました。
 そうして、前面にあるガラスには水の跡がついていました。 私の目の高さでした。「ここまで水が来たんだ」と驚きました。美容院には「営業できなくなったため閉店」という張り紙がしてありました。 そこは最近宅地の販売がされはじめたけれど、もともと「田舎」なのでそうたくさんのお客が来るわけではなかったと思います。目と鼻の先にスーパーができていたので、コンビニの売り上げもだんだんと少なくなっていたかもしれません。 店を元に戻して営業を再開するか、それとも閉店するかと考えたときに閉店するしかなかったのだなと思うと複雑でした。

 妹から聞いた話では、保険をかけていた人は家具や着られなくなった洋服まで保障が降りたのだそうです。でも、洪水というものは人間一生のうちに1度会うかどうかのものだし、事実私はそこが過去そこまでの水害にあったと聞いたことがありませんでした。長年そこに居を構えていた人もはじめての経験だったと思います。 その一生に一度会うか会わないかというものに対して保険をかけられる余力のある人は被害にあっても助けられ、その余力がなかった人は被害そのままなのかと思うと複雑な思いがしました。

 また、報道の受け取り方についても思いました。私は母からそこの被害について多少は聞いていました。ところが、テレビで報道されていなかったので、ここまで大変な被害だったとは夢にも思いませんでした。 被害範囲の問題もあるでしょうが、テレビで放映されたのは、そこから少し下流の有名な橋の足が流れたという映像ばかりで、民家の被害は私が見た中ではありませんでした。ところが、実際は過去テレビで報道された他の被害と同じように大変な状況だったと思います。 報道は、全ての被害を平等に見てそれで報道するしないを決めているわけではないんだとあらためて思い、報道だけに振り回されがちな自分を思い知りました。 これは、天災だけでなく何においても同じことだとあらためて思いました。

■米軍基地
ここまで書くと私の田舎がどのあたりなのかというのが分かってきそうですが、今話題の米軍基地も車で行ける位置にあります。 タクシーに乗った際に運転手さんが 「(観光客に)このあたりでよさそうなところを回ってくれと言われてもなかなか良いところがない」とおっしゃっていたことから、話がそこに及びました。 もちろん、「活性化のために基地に来て欲しい」というのではありません。
ただ基地があるだけでは、たまに基地にいる人たちが外で買い物をしますが、その程度ではまったく活性化にはなっていないのです。 基地の近くをタクシーで通りました。 面白いことに田舎の町並の看板に英語が併記してあります。 ソフトクリームなどの販売店も手書きで英語の記載があります。でも、しまっている店も多く閑散とした雰囲気でした。

 どうしても基地をここに作るというのであれば(近隣の人の話を少し聞くと積極的に来て欲しいという話はまったくなく、お上が決めたらただ逃れようのないものという雰囲気に聞こえました)、観光用に見学ルートがあればいいのにという話になりました。 たしかにそうだと思いました。 基地の門は閉ざされていて一年に一回の開放デー以外は中に入ることができません。 そこをもっと開放してくれていたら、近隣の人たちが見学に来るかもしれません。そうなるとお上が言う活気が多少は戻るかもしれません。(実際は、この問題はそんなに簡単に解決するものではないのですが。) 
 「どうして、日本にアメリカの基地があるの?」という息子の素朴な疑問に、さらりとひとことだけ夫が説明しました。 ’してはいけないこと’として教えている’戦争’のことから話して、息子が理解できるまでにはもう少し時間が必要だと思います。でも、少しずつ私たちがわかる範囲から教えていこうと思っています。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
帰省でみつけたうまいもの
2005/11/25(Fri)
 今回は、地元のお菓子ではなくて、空港やそこいらで売られていたお菓子を少しだけ自分たち用に購入してかえりました。

 (この記事には楽天などのショッピングサイトがリンクしてありますが、アフェリエイトリンクではありません。)

まず、見かけに驚いた 鯨羊羹

真っ黒い鯨の皮の下には さらしくじら(オバイケと言う名前で昔祖父が食べていた)のような見かけ、
なに!これ! 羊羹?  でも、この白い色の部分は多分私は好きな味のような気がする。。
と何でできているのか材料を確認すると道明寺糒とある。 「多分好きだ」 と確信してpon1と息子に「おかあさんはコレを食べてみたい。おいしいと思う」というと、夫も息子も「え~?」という雰囲気。
 息子は「おかあさん、ひとりでさいしょにたべてね。おいしかったらたべるから」だそうで。
「わかった。おいしかったらお母さん一人でたべる」と答えて一番小さいサイズを購入

 鯨羊羹の見た目はこちら

尾道のお菓子でした。

 持ち帰って食べたら想像通りのおいしさ。 味で言うなら、私のこうぶつのかるかんのようなもち系の味でした。
夫と息子にも一応切って「たべる?」と聞く優しい(?)私。 一口食べた二人はおいしいといいつつ分け前をペロリとたいらげました。 もっと買ってくればよかったなあ。

もうひとつは、洋菓子。
金沢の ぶどうの木と言うお店の「緑のぶどうのクリームサンド」というお菓子。
有名なレーズンウィッチをちょっとオシャレにしたような雰囲気です。

 特徴は 甘み控えめなあっさりしたクリームが印象的で、「こんなにあっさりしていてバタークリームなんだ?!」という感じ。ふんわりなめらかで軽い印象です。
 外側のサブレはレーズンウィッチよりも硬くて歯ごたえがあります。こちらも甘さ控えめな感じ。両方のコンビネーションで、コースで食事をした後に出てきたデザート という感じでした。
おいしかったー。息子が一口も食べなかった(食わず嫌い)ので こそこそと私が食べて自分の体重をふやしつつあります。 3種類とも食べました。


と。今回は「あなたの実家はどこなのよさ?」というレポートでした。

 
 
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ただいま
2005/11/24(Thu)
 飛び石連休を利用して、帰省してきました
4泊5日のあわただしい帰省でしたが、息子はとてもたのしかったらしく、「帰りたくない」などと言っていました。
 
 土曜日の朝にこちらを出発し、飛行機で。 飛行機は楽なんですが、なんといっても目的地の空港が辺鄙なところにあるのでそれさえなければなあといつも思います。



 長期の帰省がなかなか難しいため、いつもめまぐるしい帰省になってしまいます。じっくり従兄弟とも遊ぶ時間がありません。せっかく交通費を使って帰るのだから、今回は行楽地に一泊はいかが?と比較的空港から近いコテージを妹夫婦が借りてくれました。そこに母と妹家族とpon家が泊まりました。

 コテージは快適。とても寒いと聞いたので、真冬のいでたちで出かけました。寒さに震えることもなく楽しく過ごしました。 



寒いからか、紅葉もとても綺麗で、空気も澄み切っていて、夜中は満天の星。まるでプラネタリウムのようでした。

息子は従兄弟たちとコテージで大騒ぎ。こんなにさわぐと妹の家でも、母の家でも困ってしまうでしょうが、コテージだったらなにも壊れるようなものもおいてないし、思う存分遊べたようです。
 
次の日はたくさんある遊具を回りました。私もついつい童心に返っていろいろな遊具をためしました。

広いアスレチックコースもあり、子どもたちは存分に動き回っていました。
これは近くにたっていた まむし注意の看板。まむしはもう冬眠しているかなー。

子どもたちは遊び足りなかったようですが、先の日程も押しているのでとりあえず、実家へ帰ります。 (大人たちも遊び足りなかったー)

 牛乳が必要とのことで、セブンイレブンまで出かけました。そんなところで 「ミスターインクレディブル」のDVDが999円で売られているのを発見。これはそんな値段で売られていないはずとなぜか旅行先でDVDゲット。

 さて、次の日はお墓参り。息子はお墓参りを楽しみにしていたのです。
2箇所のお墓をまわって帰宅。  お昼過ぎからpon1の実家へ移動します。

pon1の実家では、私が着て帰った ユニクロのダウンがあまりにも今の実家の気候からすると大げさだったので、義母が驚いていました。 さらりと「妹たちと○○にあるコテージに泊まったので、寒いと聞いたから」と説明したのですが、この話題は次の日も人に会うたびに何度も繰り返されました。
 ダウンは寒さも防ぐしそんなに暑苦しくないので着ている本人は楽だったんですけどねー。たしかにものすごくかさばるからー。 「(甥の)○ちゃんは、格好悪いから駅のロッカーに預けてくると言っていたわよ」と言われて、 そこまで格好悪かったかなーと おもいつつも、独身の頃の身軽な日々と違って家族で移動すると荷物も多いので、大は小を兼ねるみたいなもんだからなー。しょうがないんだけどなー。なんて思いながらも、話題がなくなるとユニクロダウンの話に。(ToT)   ま、話題を提供できたということで、(^^) 

 次の日はまたもやお墓参り。その後なんとなくショッピングという流れになりました。
一泊してから次はもう帰宅する日。

 おばあちゃんたちからすると 「もっといて欲しい」という短い期間の帰省でしたが、母も義母ももう年をとってきたので、これ以上長い滞在は負担がかかりそうだなあと思います。
 帰省といっても、旅行みたいに双方上げ膳据え膳ですごせるところで会うのがベストかもしれないなあと思いました。(実家に帰ると、どうしても私たちの立場が「お客さん」になってしまうので)

 飛行機で帰宅。
夕方にこちらにつきました。日が暮れかけた頃の上空からの景色はとても綺麗で、月並みな表現ですが宝石箱以上でした。  空港に着く直前は 煙突から炎が時々吹き上がっていて、ブレードランナーという映画の冒頭シーンを思い出しました。それを数十倍綺麗にした感じ。
(ブレードランナーはごみごみした街でしたからねー) 暮れかけの頃が一番綺麗なのかもしれません。

 このほかにもいろいろあったのですが、思い出したらぼちぼち書きます。
今日はこれから 用事で出かけまーす。

 
 

この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コテージ
2005/11/19(Sat)

母と妹夫婦と一緒に来ています

この記事のURL | モブログ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
とうとうキタか?
2005/11/18(Fri)
 ずいぶん長い間取り組んでいたクロスステッチが完成したので、次はどうしようかなーとふと思い、そうだ、クリスマス用の簡単なのがあったから、それをやろう!と思いました。

 キットを出してみると、麻でできた太いリボン状のものにクロスステッチをするというもの。
糸は3本どりだし、写真を見るとクロスステッチの ×がはっきりくっきり見えているので、「ラクラクだな」ととりかかろうとしたのですが、まあ、まず説明書を読まないとねと 斜め読みしました。

 麻のリボンは糸が二本ずつ市松模様のように織ってある布地でした。 二目を刺繍の一目と換算するということ。 当初は 市松模様の四角4つ分で1つのクロスになるのかなと思ったのだけれど写真を見ると なんとなく 糸二本で作られている1つの四角に刺すようにも見える。
その1つの四角は一辺が1.5ミリ程度なのです。 

 ヒエーと思いながら模様を作っていたのですが、前にやっていたオックスフォード地ほどに布目がはっきりしていなくてジーっとみているうちに 目の数もあやふやになってしまう。 どうにかこうにか刺してみるとステッチした部分は玉のように盛り上がり×マークには見えないし、隣の四角もつぶれそうになるし。 気をとりなおして文字の部分を刺繍してみたら、なんだか文字に見えるような見えないような。

 以前から、うすうす感じてはいたけれど、とうとう私にも ”キタ”か。 「よる年波」というやつが。と腹をくくりました。 目は昔から良いのです。裸眼で2.0と1.5をうろうろというところ。
長年ディスプレイを見る生活をしていたので、会社の健康診断でも 「こういう仕事をしていると、目から30センチくらいの位置に焦点があうようになってきます。それ以外にも老化がはじまると同じような現象になります」と言われたことがあります。 会社やめてもディスプレイをこうやって見ているわけですし。

 人の老化をあざけりや悪口に使う人もいるにはいるけれど、あざけっている人にも誰にでも平等にやってくるのは老化。 たとえ、ハリウッドで整形しようが、サプリをのみまくろうが、見た目はごまかせたり多少変化がゆるやかになったとしても避けられないのは老化と寿命だと思います。

 そうして、とうとう私にも正念場が来たのね。。。。と。 今まで細かい刺繍キットなどを溜め込んでいたけれど、本格的になる前に消費せねば!と突然わけのわからない使命感に燃えました。

 でも、それにしても見えなすぎる。夜だからかなーともう一度説明書を見たら、 ありゃりゃー。
やっぱり四角1個分にひとつのステッチではなく 四角4個分にひとつのステッチをするということでした。  つまり四分の一の縮小サイズで刺繍をしていたということで。。。(^^;)ゞ

 とはいうものの、目にキテイルなあーと感じることも多い今日この頃。 細かいものが本格的に見えなくなる前にキットをどんどん消費せねば<違!(^^;)

この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(6) | TB(0) | ▲ top
今年の風邪は蕁麻疹?
2005/11/17(Thu)
 一昨年、昨年は 二日酔いとそっくりの症状の 「二日酔い風邪」がはやっていたように思うのだけれど、今年はもしかすると 「蕁麻疹風邪」が流行しているのかもしれない。

 学校に行って、用事をすませ、息子の様子をちらりと確認して帰ろうとしていると、よそのお母さんから呼び止められた。 昨日蕁麻疹を出したことを話すと、そのお母さんも先日熱が出た次の日からひどい蕁麻疹に悩まされたのだとのこと。

 そういえば、友達のご主人も風邪のあと原因不明の蕁麻疹だと伺った。 息子はちょっと風邪気味かと思った後の出来事だったし。昨日かかった医者でも、「風邪の後に蕁麻疹がでることがあるので」と風邪をひいているかどうか聞かれた。

 息子の蕁麻疹は、昨日もらった薬が効いているようで治まった様子。だた、やはり体力が落ちているから蕁麻疹も出るのだろうとおもうから、今日・明日はゆっくりさせようと思っているところ。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
蕁麻疹騒動
2005/11/17(Thu)
 一昨日、息子は友達を呼んでうちで遊ぶことに。
子どもというのはなかなか侮れないので、日ごろ目に付かなかったところなどを気を入れて掃除をしていたのだけれど、ふと、息子たちが帰ってくる直前に、電気の傘が気になって 傘を取り外して洗いました。 いやーきれいになると気持ちが良いってー。
 
 さて、息子と友達帰宅。仲良く遊んで夕方暗くなったので 「またこんどねー」と友達が帰ってから少し経った頃に、ぽそっと息子が 「かゆい」とポリポリ。
 もともとアトピーのケがあるので、冬になると少しかゆくなることがあるのです。それで「かかないんだよー」と言いながら夜まで。お風呂上りにも痒がっていたけれど、夫が薬をつけてやっておやすみなさい。

 昨日は私は午前中は学校。午後は息子スイミングの日。実は息子の帰宅直後から気がついていたのだけれど、目の横にぽっつりとマッチ棒の先くらいの蕁麻疹っぽい発疹が。 言うと気になるかなーと思い言わずにいたのだけれど、痒かったようでさわったらしく 目の下がボヨーンと腫れてきて 顔にもぽつぽつと発疹がみられたので、 あわてて 「ちょっと宿題は待って、おかあさんとお医者さんに行こう!」と急遽医者へ行くことに。
 ところが、かかりつけのお医者さんは水曜は午後休診、木曜は休診。 参った。 しょうがないので他の医者に行こうといろいろかんがえてみたけれど、他のかかりつけは 耳鼻科。蕁麻疹ってアレルギーのようなものだから耳鼻科でも薬がもらえるとはおもうけれど、蕁麻疹という症状で耳鼻科に行くのはやっぱりダメだろうなあ。 皮膚科はあったかなあ。アレルギー科は診察しない先生だったから行くのはいまひとつということだったなあと頭フル回転。

 こういうときに便利なのがネット。駅前にいくつか小児科があるので、水曜の午後やっているところを探そうと検索したら、 徒歩3分のところにある総合病院がやっているらしいことを発見。
結局、いそいで総合病院へ go!
 二日連続だということで食べ物ではなさそうなんだけれど、帰宅してからはおやつしか食べてないから念のため給食の献立表をかばんに詰め込んでいそいででかけました。

 診察結果は やっぱり 蕁麻疹。 原因となるものはいろいろあって疲れやら風邪からくるものもあるとのこと。原因がはっきりしている場合もあるけれど、分からないということも多いのだそう。 私は、前日に突然やった照明の傘掃除がいけなかったのか?>ホコリとかいろいろ考えたのですが、とりあえず、薬をもらって帰宅。

 そうして、帰宅後、私がしていた毛皮物のマフラーを息子が触っていたので 「触らないほうが良いよー」と一言言って薬を飲ませたのだけれど、 ぶつぶつはどんどんひどくなるし。

よく考えてみたら、毛皮物のマフラーは今年は昨日初めて使って今日も使ったわけで、犯人はコレかも!(--;) とにかく怪しいものは排除! 
 薬を飲んで今朝はとりあえずでかけていったけれども、季節の変わり目、体調を崩しやすい時期なんだよなあ。

 子どもの頃に私も何回も蕁麻疹を出したような。 病院にいっただけで、息子もぐったりしていたので、「日常生活には支障はないし、スイミングスクールも本人が行きたければ行ってよい」と先生のコメントがあったのだけれど、「行きたくない」とのことだったので、昨日はお休みしましたとさ。

さて、いまからまた学校へ行ってきまーす。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ダイエットサボテン
2005/11/16(Wed)
 迷惑メールは相変わらず即消しですが、それでもちょっと面白そうなものは見てしまうこともあります。
 昨日くらいから、海外からダイエットサボテン?のメールがやってくるようになりました。

Hoodia Gordonii という植物がダイエットに効くというのです。

I would take a couple capsules before each meal and I couldn't even want to look at food.
 と書いてあり、どうやら食べたくなくなるみたい。

 cuctus と書いてあったのでサボテンなのかと検索してみました。

写真検索結果はこちら
たしかに、サボテンっぽく見えるけど、花の雰囲気が ちょっと怪しいなあー。と調べてみるとガガイモ科の多肉植物みたいですね。

 ホーディアの日本語ページも発見! ここの写真で見るとガガイモ科というのがなんとなく納得の姿形です。

ちなみに、こちらは我が家にいるガガイモ科 ホーディアではなくDuvalia です。

ガガイモ科のお花は変わった花も多いようです。ホーディアのようなかわいい花を咲かせる植物ではなく、もし、デュバリアがダイエットサボテンだったらちょっと不気味な雰囲気なので食べる人は少なそうだなあーなんて思います。 いや、意外にこの怪しさが効きそうということになるかな。
※ 単に科がおなじだけで、まったく別の植物です。

迷惑メールでちょっと楽しませてもらいました。




この記事のURL | 迷惑メールやら | CM(6) | TB(0) | ▲ top
チャーリーとチョコレート工場 遅ればせながら
2005/11/15(Tue)
 昨日は、息子と一緒にチャーリーとチョコレート工場を見に行ってきました。

昨年にDVDで前作の夢のチョコレート工場を見ていたので、息子はだいたいの筋は分かっているのです。 リンクに書いたときからずっとペーパーバックが行方不明。(今も)なのでまだ原作は読まずじまいだし、日本語訳は読んでないので、比較してどうということはいえないのですが、
 たぶん、今度の方が原作の持っているイメージに近いんじゃないかなーと思いました。

 ウォンカ氏は 前作では大人としての分別が感じられる役どころで悩んでいましたが、ジョニーデップのウォンカ氏はまさに、「何を考えているかわからなさ」が表現されていたように思います。 前作ではかかれていなかった ウォンカ氏がチョコレート工場を作ったいきさつというちょっと暗い側面があることが、なんとなくダールの物語っぽいなあ(いや、ティムバートンっぽいのか)と思います。 早く原作を探し出して読んでみたい。どこにやっちゃったのかな。<どこにやったかわかんないことなんて昔はなかったのになあ。

 さて、ジョニデがどうのというのは語りつくされていると思うので、あえて、別の話を

ウンパルンパ が 大塚さん(フジテレビ) そっくりで 強烈でした。
 似てるかどうか見てみたいと思われる方は 公式ページ の、左右に赤い服を着た人が見えますのでぜひリンクをたどってごらんくださいまし。

 ジョニーデップの歯はたぶん作り物なんだろうなあ。 役柄からして必然性があるっていうことなんだろうなあ。髪型と一緒にイヤミ(おそ松くん)みたいだと書いてあったページを以前見たと思うのだけれど。だから出っ歯気味なんではないだろうかと予測。歯をみせて笑っている写真がさくっと検索しただけではみつからなかったけれど、あそこまで歯に目が行ってしまうことっていままでなかったもの。  イヤミについて(シェーについて)の説明を発見
 この写真見ても、これも、こっちの写真(スライムだらけ?)みてもそんな歯じゃないよねー。
 ってそんなことは周知のことだったりして。(^^;)ゞ いや、ホワイトニングの結果?じゃないよね。

 あら、結局あえて書かないはずの ジョニデの話を書いておるのぉ。
 
この記事のURL | ちょっと読書と映画 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
2度あることを3度にしない。。ようにしないと。
2005/11/14(Mon)
 先週後半から学校公開でした。息子は出かけるときは「見に来ないで」というのだけれど、かえって来たら「見に来て欲しかった」と お決まりの天邪鬼。 とはいえ金曜・土曜と学校へ行きました。
 
 金曜のことです。外に出ようとしたらチョット寒い。軽いいつものレインコート兼用のコートを羽織ることにして、出発したのですが、家をでてちょっとしたときに ペダルがいつもより重い感じと少しなにかが引っ張られる感じがして 「もしや!」と自転車を止めると、やっていました。

 レインコートのベルトが自転車の後輪に巻き込まれ、チェーンにしっかりと食い込んでいました。
白っぽいベルトが自転車油でどろどろ。とにかくベルトをはずさないといけないのでベルトをつかんで車輪をまわしながらはずしました。 チェーンが噛んでいたのでベルトにはいくつか穴が開きました。(TT) 危ないところだった。 学校についてから石鹸で手を洗いましたが手は真っ黒、ベルトも帰宅後すぐに汚れ落とし用洗剤をこすりつけて洗濯しましたがダメでした。(--)

今回、ペダルが重くなっただけで「もしや」と気づいたのにはわけがあります。実は学生のころひらひらした長いスカートをはいて自転車にのっていてスカートが巻き込まれたことがあるのです。
 ペダルがどんどん重くなるのを変だなあと思いながら自転車をこいでいると、突然ペダルがぜんぜん動かなくなり自転車がぱったりと倒れてしまいました。あわてて自転車から降りようとしたのですが、すでにそのときは目いっぱいスカートが車輪に噛まれていて私は自転車と一体化していたので、そのあたりを通行人が通るまでそのまま待ちました。 どう見ても普通じゃない状態だったのですが、うら若き乙女(?)だったのではずかしくて男性が通ったときは なんでもない風を装おうとしていた(どう見てもなんでもないわけはない)のです。 運良く女性の二人組みが通ったので助け起こしてもらい、噛んだスカートを車輪を回してはずす手伝いをしていただいたのですが、きっとあの人たち可笑しかっただろうなあ。 今でもきっと覚えているだろうなあ。

 ということで、2度目の経験でした。 3度目の経験をしないように気をつけよう!

昨日は、息子の靴を買いに出かけました。靴は同じものが品切れだったのでしょうがなく1センチ大きいサイズを買いました。そのほか、息子のパジャマやケシゴムなどの学用品、それから100円ショップでお菓子を買い込んで...とこまごましたものを買って帰りました。

今日は代休。息子と私で朝から映画を見に出かけてくる予定です。
いってきまーす。

 
この記事のURL | 瑣末なこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
伝わるもの。伝わらないもの。
2005/11/11(Fri)
 暖かい毎日だけれど、ちゃんと「もう冬だよ」というサインを受け取っているようで、先週くらいから「動きたくないと思う病」の兆し。ああ、冬眠の季節だなあ。>冬眠体質。
 分子も温度が高いほうが運動するわけだから、人間も敏感だということはイイジャナイカ なんてむりやりにつぶやいてみるけれど、動けないと不便なのでなんとか自分をごまかそうかと思っているところ。
 朝風呂に入って血液の循環をよくして、部屋の明かりを明るくしてみよう。明るいだけでもかなりちがうような気がする(どちらも光熱費がかかることが難点だけど!)

 ところで、先日美容院に行った際に雑誌を見たら、本当に今年は手編み全盛と言う感じ。ボレロやジャケットやカーディガンにも毛糸素材のものをたくさん見かけた。 
 このくらいだったら自分で編めるなあー。なんて思いながら家には余り毛糸があったことを思い出したので、「久々に編み物でもするかなあ。帰りに本屋で編み物の本でも見てこよう」と寄ったのだけれど、編みたいような編み図がまったくない。 なんだかオバサン臭いものだったり、「はじめての 手編み(仮題です。本当にあったらその本のことではありません)」 というような 編む気もおこらないようなチャチイ<失礼 ものばかり。 昔好きだった 「毛糸だま」という雑誌を見たらちょっと今月は求めていたものと違うデザインの特集で、ガッカリ。
 駅前の本屋のセレクトがそうだったのかもしれないけれど、世の中、楽にできる。できたつもり。やったつもり。っていうものであふれているのかもしれないなあなんて思った。
 いや、いいかげんな私がやる手芸はどれも自己流の 「なんちゃって手芸」なのだけれど、その私のレベル以下っていうのが悲しかった。 まあ、確かに今の時代毛糸を買ってチマチマ編むよりは、買ったほうが早いし安いし、かっこいい。そんな時代かもしれない。
 編み物をすると綿埃がたくさん出るので、編まないほうが良いかもしれないなあなどとおもいつつ帰宅した。

 編み物にしても、刺繍にしても、洋裁にしても、母はいろいろやっていたのだけれど、私は洋裁は面倒だし、格好よくできないからほとんどやらない。作ったとしても袋ものくらい。洋服なんてとんでもない。 娘の私まで伝わったのが 編み物と刺繍。 刺繍は母よりは少しやっているかもしれないけれど。 そうして、うちには女の子がいないので 誰にも伝わらないまま終わるということかな。 (将来嫁がきたとしても、そんな編み物やら刺繍やらを教えることはまずないとおもうし。)
 
 先日テレビを見ていたら、「さといも」の効果についての番組があった。 へえーと思ってみたはずなのに、何に効果があったのかわすれてしまったのが悲しい。<ナサケナヤ
 今検索してみました。 どうやら高血圧と脳の老化防止だったのかなー?(TT) さといもは食べるのは好きだけれど、料理をするのが嫌いな野菜。 皮はピーラーで剥けないし、つるつるすべるし、痒くなるし。
 実家では母がサトイモで痒くなるからと サトイモの皮むき担当は父だった。 今考えると、父って多少家事分担をする今風の父だったのかな? 父はものすごくたくさんのサトイモの皮を几帳面に剥いていた。 
 ところが、その番組で知ったことだけれど、サトイモはさっとゆでると皮が手でむけるとのこと。
やってみたら本当に面白いほど簡単に剥ける。はっきりいってジャガイモの皮むきの数倍楽。
家でやっていなかったことは知らないもんだなあ。ゆでると良いというのは世間の常識だったのだろうか?と思った次第。 かくして、我が家の夕飯には以前より頻繁にサトイモが出始めた。

 もっとさかのぼるけれど、PTAでお祭りにとん汁を出したときのこと。はっと気がつくとごぼうの担当になっていた。 実はこんにゃく、大根、にんじんの担当がよかったんだけどなあと。
 だってごぼうはあくが強くてつめの間が真っ黒になる。少々石鹸で手をあらってもその色やごぼうのにおいはとれない。 ささがきは結構面倒くさい。 しかし、まあ、担当になったのだからしょうがない。 ごぼうの皮は母は包丁の背で剥いていた(こそげていた)。 私も当初は当然のごとく包丁の背を使っていたのだけれど、包丁の背でこそげるとごぼうの汁が小さいしぶきとなって飛んであちこちが汚れる。 ふと、「なんでピーラーをつかわないんだっけ」と気がついてピーラーで剥いたら、きれいにむけるので、われながら固定観念っておもしろいものだなあと思いつつ、それからはピーラーで剥いていたのだけれど、 皆の前でピーラーでごぼうの皮を剥いたら笑われてしまった。「ごぼうの皮は包丁の背よ」ということらしい。 「包丁の背でむくと台所が汚れませんか?」ともごもごと口の中で言ったのだけれど、だれも聞いてなかったみたい。
 そんなふうにピーラーで剥くのは理由があったんだけどね。

昔の話をもうひとつすると、 「かき揚げ」。我が家ではまずありえないメニュー。油が多くてカロリーが高そうだし、他の揚げ物よりも面倒だ(と私が思っている)から。(夫は好きだとおもうのだけれど) でも、母はときどきかき揚げをやっていた。 箸だけでまとめて作っていることもあったけれど、 フライ返しの上である程度形を整えて揚げていることもあって子供心に「おもしろい」とよく見ていたものだった。 先日、どうやったらかき揚げがうまくいくかという話で、木しゃもじに載せれば大丈夫 フライ返しだとくっつく とプロの教えるページが出ていた。自分でやってないからなんともいえないのだけれど、母がやっているときにそんなにくっついて四苦八苦しているようには見得なかった記憶があるのだが。 もしかしたら、フライ返しにタネを載せる前にあらかじめ油に入れず洗って乾かしたまま使ったということではないのだろうかなあなどと思った。 先々、我が家でもかき揚げをすることになったら分かることになるだろう。

 親から子に伝わるもの、伝わらないもの。 今の時代いろいろな手段で伝わるもの、伝わらないもの。  いろんなことがあるなー なんていう まとまらないお話でした。

 昔作ったセーター(最後まで処分できなかったもの)今年もセーターはおよびでないみたいで残念。

下のセーターは昨年出して怠け心から オシャレ着用洗剤を入れた洗濯機で「手洗い」にしてあらったら。しっかり縮んでしまって(TT) まあ、どうせ着ることはないとおもうのだけれど。

以前はジャケットなども編んでいたんだけどなあ。

この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(7) | TB(0) | ▲ top
今度は靴
2005/11/10(Thu)
 先日スイミングスクールのIDカードが折られていたことを書いたのだけれど、昨日は靴がなくなった。息子は、近所の子がいるからと最近帰りはバスに乗って子ども同士で帰りたがる。親にべったりの時期がもうそろそろ終わるのかな。子供同士の時間が欲しいのかなと思い、帰ってくるまで多少心配ながらもスイミングスクールのバスで帰るのを待つのだけれど、昨日は突然電話があった。

スイミングスクールからだった。
「息子さんの靴を誰かが間違って帰ったようで。。」とのこと。「間違って帰ったんじゃないな」とピンときた。 息子の靴はちょっと変わった靴。ひもやベルクロの靴だと、履きづらいようで、かかとを折って履くことがおおかったので、スポンとはけてフィットするのが良いと思いいろいろ選んでファスナーで留める靴にしたのだ。  一人でスクールに行かせるとはいっても、まだ全部を一人ということはめったになく、先に出かけた息子を追いかける形で私がスクールに行くことも多い。 そのときに、無事に着いたかどうかは、靴箱の中の息子の靴で見分けている。そのくらいおなじ靴がないことが分かっている。 間違っているわけはない。
 
 もし、間違っているのだったら、同じ位のサイズの良く似た靴が残っているはずだ。残ってないのはそれは誰かが故意に持っていったり隠したりしたことに他ならないと思う。 
息子がショックを受けているのでは?と心配になり、バスを外で待つことにした。
スクールからうちまでは徒歩でも10分足らずなのだが、バスルートはグルグルと遠い方から回って帰ってくる。 大体30分前後で帰ることが多いので、早くつく場合を考えてバスが出発したと思える時間から15分くらいたったところで外で待った。

 このあたりはもう真っ暗。夜だ。街頭の下でずっとたって待っているのは不審に思われるかもと思いながら待っていたのだけれど、待つというのは長いものでいつまで待ってもバスがやってこない。 やっとバスらしき姿が見えてきた。水色に風船の柄がついていて、色と模様を見て「あ、あのバスだ」と思ったのだけれど、子どもが降りてきた気配がない。目の前をぐーんとバスが通り過ぎて、中が見えたけれど誰も乗っていない。 息子はどうしたんだろう。一緒だったはずの子はどうしたんだろう。もう少し手前で降りたのだろうか。すごく不安になって暗闇をすかしながらこちらに来る人を見たり、子どもらしき人影が見えるかと四方を眺めて見たのだけれど、暗闇から沸いて出てくるのは大人の影ばかり。

 頭の中で、「スイミングスクールに電話しなきゃ」と思ったり、「なんで今日にかぎって一人で行かせたんだろう」と後悔したり。 声を出して 息子の名前を暗闇に向かって何回か呼んで見たのだけれど、返事もない。

 そこで、はっと気がついた。 水色のバスはこの辺を走っているいつもの路線バスだった。息子が乗って帰ってくるのは緑色のバスだった。 自分は冷静だと思っていたのに、本当は自分が一番狼狽していたようだ。 気がついてほっとしたので じりじりしながら緑色のバスを待っていると、やっとバスがやってきた。 中を見ると子どもの影が2つ見える。一緒に帰ってきた子が先に私を見つけたようだ。
 息子は予想していたよりも明るく楽しそうな顔で帰ってきた。ほっとした。 靴のこと、今後のことを話しながら家に帰った。

 少したって、またスクールから電話があった。詳細を聞きたいとのこと。これまでの経緯から息子は何回か被害にあっていることをお伝えした。 報告はあったけれど単発のできごとだと思っていた様子が伺えた。一人の子に集中しているとは思っていなかったような言葉があり、次の準備体操の前にきつく注意するという対応を話してくれた。 (犯人がわからなくて、果たして注意がどの程度効くかどうかが不安だけれど)。 相手の子は多分悪気があったというよりも、息子の何かが気に入らなかったのかもしれないからというと、コーチはきっぱりと 「どんな理由があろうとも、悪いことは悪いことですから」と言ってくれたので親としては少しだけれどほっとした。

 まあ、当分これで様子を見ることになるとおもうけれど、そういう子は犯人だとわからないまましかられても治るのかなー。 子どものころからそういう姑息なことをやろうという心理が理解できない。自分の子どもの頃を思い起こしてもまったく分からない。

息子は、元気そうとはいっても、なんだか疲れている様子。それは疲れるよなあ。靴を探したりないという不安感でかなり精神力を使ったと思う。スイミングの疲れは二倍になったろうなあと。
 ドラクエやってもいいよ。とドラクエを薦めたら、「うん」とはじめたけれど、上で書いた二度目にコーチから電話が終わったあとに息子を見たら息子は泣いていた。
 ドラクエの中で、死んでしまった人のかわりに自分で作ったロボットと一緒に暮らしていた人がいた。年月が経って、彼も死んでしまい、ベットに横たわったまま屍になって、その場にロボットだけが残され、ロボットは男の死が理解できず、その男を元気にしようと、日々食事をつくる。「今日もまだ起きてこない」と毎日毎日作り直しているというところだった。
 「ロボットがかわいそうだ。」「ロボットは寂しいんだと思う」としくしく泣いていた。

 靴のことがなくても息子は泣いたかもしれない。わからないだけに心配だった。

息子は 寝る前におなかが痛くなって、夜中にもおなかが痛くなっていた。 今日から数日参観が続くから緊張すると言っていたのでそれが原因かもしれないけれど、親としてはなんにせよ、今回のことが息子の心にいやな傷として残らないでいて欲しいと思っているところ。
 今朝は妙におどけて出かけていった息子。  そういう他人の悪しき気持ちを跳ね返すだけの力はどうやって養われるのだろう。 強くなれと口に出して息子にはいえないけれど、そんなくだらないしうちなんか気にするな。相手がバカなんだ。と心の中で応援するしかないのかな。

 
今朝、「今度の休みに靴を買いに行こうね」といっても ちゃんとした返事がなかった。
早く元気を取り戻して欲しい。
この記事のURL | 子ども | CM(9) | TB(0) | ▲ top
やけつくいき
2005/11/09(Wed)
 今日は、歯医者だったのに。よりにもよって、昨日の夕飯にニンニクをどっさり食べてしまった。
(鰹のたたきに 生にんにく) 食べたあとから気が付いたのだけれど、もうしょうがない。
 食べた本人にはどのくらいニオウのかわからないし。

 今朝、夫に「昨日ニンニク食べたけど、今日の歯医者大丈夫だろうか?」といったら、「できるだけ口から息をはかないようにしたら?」とのアドバイスをもらった。

タイトルの やけつくいき は、たしかドラクエの技。
相手に向かって やけつくいき を吐くと、相手はダメージを受けるのであった。

 先生にダメージを与えないように、夫のアドバイス通りやってきたけど、結構緊張してしまったぜ。

たぶん、歯医者さんは 「うわ!ニンニク臭い。歯医者に来る日にニンニク食べてくるなんてマナー違反だよなー」なんていう経験が何回かあるかもしれないなー。 ごめんなさい。
この記事のURL | 瑣末なこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
 おそるべしハリウッド 録画しておけばよかったと今頃
2005/11/08(Tue)
 昨日、 「世界まる見えテレビ特捜部」を何気なく息子と見ていたのだけれど、(ブラックジャク・コナンの続きでいつも見る) 「家のことをやっていたら自分のことができなくて こんなに老けちゃった」というイギリスの主婦 (50歳ちょっと前)が出演していた。
イギリスは乾燥するのか、本当にこの人が「お手入れ?」を怠ったからか たしかに大変な皺。10歳は老けて見えるように思う。なんと彼女は、テレビ局もちでハリウッドまででかけて全身整形するというのである。 ラッキーというべきか、すごい勇気というべきか半分怖気づいて見守る私。

 まず、ハリウッドスター御用達の整形外科医が皺伸ばし手術をする。彼女の顔のいたるところにマジックで印をつけて リフティング。 手術が終わったとき、すでに彼女は別人の顔になっていました。 本当か演出なのか、次の日は今度はおなかの脂肪を取る手術。1キロの脂肪を取り出したようだけれど、内心、このくらい太っていたら一キロを減らすのって簡単じゃないのかなー。わざわざ痛い思いをしなくても。。と思いながら見守る私。
 さらに、彼女は上顎の歯が1本しか残ってないため入れ歯だったということで、インプラント手術。 歯茎にぞくぞくとインプラントが埋め込まれている様子は結構すごい。そうしてその日のうちにプラスチックで作ったような歯茎つきの歯が一列つけられたのですが、これがまたびっくり。
本来ならばインプラントって埋め込んでから定着するまで数ヶ月がかかるはずなんだけど。
 こんな不衛生になりそうな歯をつけちゃうのかなー。と。度肝を抜かれました。

そうして15日後(とテレビは言っていたように記憶)彼女はスタイリストに洋服を選んでもらい、美容師にかかり(このあたりで電話がかかってきたため 見られなかったー) 出来上がった姿は まあ!美しい。 ハリウッドマジック!(ちょっと、
 どこかで見たような真っ白な歯並びが美しい年配のハリウッドスターのような女性に変身していました。なるほど。やっぱりハリウッドの人たちって整形してるんだろうなー。15日というのも多分本当かもしれない。 リフティング手術で次の日に外出したり、インプラントやってすぐに白い歯をつけてしまうのも、何ヶ月もスクリーンから遠ざかっていたら忘れられてしまうからこそ 2,3日ちょっと風邪ひいた程度休めばどうにかなる手法っていうのがあるのかもしれないなーと。 お値段はしめて 4000万といっていたような。
 たぶん、これで終わるわけはなく、メンテナンスが必要なんだろうなあと見ていると、インタビューを受けた彼女は髪形がすでにペッタンコに戻っていてまた普通のオバサン化の波にのっているように見えました。
 
 ウソかまことか、以前聞いた話では、たとえばモデルさんにしても、胸がないのが流行るときと、胸があるのが流行る時があるから、それにあわせて 豊胸だけでなく、たとえば豊かな胸の人は自分の胸を小さな胸に整形したりということがあるとのこと。 ありそうだなあ。

 私は、モデルやスターでなくて良かったなあ。痛い思いをしながらその地位を維持しなければならないなんてすごく大変だなあ。などと思いながら見ていたのでした。  私は普通のオバサンがいいや。

 しかし、あのミラクルはもう一度見たい!

 


この記事のURL | 瑣末なこと | CM(7) | TB(0) | ▲ top
すもかう ではないのね。
2005/11/07(Mon)
どうも ブラウザの調子が悪い(というよりも、win98のペースにあわせて私がやっているというかんじで)。 firefoxもどんどん勝手に異常終了するし。壊したノートパソコンは 3~7万の修理代のようです。この週末に修理に出そうとおもっていたのに、とりまぎれてしまいました。
 私の場合、便利なことにもなれるの早いけど、不便にもどってもそこそこなれちゃうみたいで。

 という理由もあって、最近フラッシュが使われているサイトはあまりみていなかったのです。でも、ちょっと知りたいとおもうことがあって検索しました。

えーと。 「すもかう」 クリック!  おりょ?? 一件もない!!!!

と、ここで気が付いた。そうだ 「めざせモスクワ」だっていうことだから もすかう じゃーないですか! 今までずっと読み間違いしてましたよ。(^^;)ゞ やーねー。

空耳ソング、今度は「もすかう」(11・2日刊スポーツ)
モルドバ出身3人組「オゾン」のヒット曲「恋のマイアヒ」に続く“空耳ソング”が、ネット上で話題を集めている。今日2日発売の「もすかう」(JMS)で、70年代にヒットしたドイツのグループ、ジンギスカンの「めざせモスクワ」のリメーク版。


 だそうです。 空耳ソングだったんですねー 知らなかった。

で、

恋のマイアヒっていうのも 友達のページで見かけたのですが、

恋のマイアヒ特設ページ 

 てっきり チキンリトル(右下の おどる チキンリトルをクリック)
のことだと思っていました。 <ものすごくかわいくて 好き。
 あー。しまった!予告編を見てしまった! 見に行く予定の人は 予告編見ないほうがよさそうな予感です。(皆まで予告するなよなーみたいな感じ)

 恋のマイアヒ特設ページをみてから、チキンリトル見てても、頭の中に 「飲ま 飲ま イェイ」と字幕がでちゃうんですがー。
 
ということで、

今回しらべた 「もすかう特設ページ

 やっとナゾがとけたぜぃ。 (^^)v

 何十年かたったときに「インターネットが普及したこの時代、2ちゃんねるという掲示板から流行が多く発生した。」 なんて語られることがありそうですね。 「モボ」「モガ」とならんで 飲まねこ とか モナー とか(実はよく知らないんです。間違っていたらごめんなさい) 紹介されるようになりそうだなあ。


この記事のURL | つぶやき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
意外や意外、すでに日本は教育への公財政支出は多くない
2005/11/04(Fri)
 息子がやっている通信教育についてくる親用の冊子をぱらぱら見ていると、
文部科学省のホームページにある、統計について紹介されていました。
OECDの「教育機関に対する支出」というものです。

B章 教育への支出と人的資源ページの
中間あたり
2 国内総生産(GDP)に対する教育機関への支出の割合(2002年)
を見ると、日本の支出の割合の公財政支出の少なさと、私費負担の多さが目立つとのこと。

なるほど。ホンマヤ。。とくに高等教育ともなるとすごい状態。

 これから、どんどん教育は切り捨てられていきそうな様子から、今後どうなっていくのか大変不安。

それとともに、今日夫から教えてもらったニュース

バイバイ 算数嫌い 平均点グングン、新教科書ためしにこの教科書を入手してみようと思っていますが、それ以前にこの記事の、この部分。

『学ぼう…』の最大の特徴は、小学一年から六年までの内容がらせん階段のように繰り返し出てくることだ。例えば三年用では割り算を学んだ後、比と分数に進み、小数へとつながっていく。現行の教科書では小数は四年で、比は六年で学ぶが、「割り算と分数、分数と比は一体で考えた方が理解しやすいし、早く学んで繰り返し考えていくことが大切」という判断だ。


 こうした学習進度は一九七〇年代の日本では当たり前のことだったが、ゆとり教育の推進で他国より遅くなった。【略】現行の教科書は減量化とともに教える順序に合理性がなくなった、と西村教授は指摘する。

 「その上、演習問題は平成十四年度の学習指導要領で三分の一に減らされた。それ以前も減らし続けており、五〇年代と比べれば、子供がこなす(勉強)量は四分の一しかない」


ということで、最近の教科書ってコレでいいの?私の子どもの頃ってこうだっけ?という思いがやっぱり昔の 四分の一 (ってことは25%だよ!)になったってことだよね。

そうして、ゆとりをもってみんなが分かるということを目指していた教育は破綻して、

大学生なのに中学二年レベルの連立一次方程式が解けない、マイナスの入った四則演算ができない、異分母の分数の引き算がわからない…。


こんなことになっているらしい。

最近、国語などを利用したクイズ番組がよく見られる。うちでは家族で楽しめるので時々見ていたりするのだけれど、面白いのは、文系出た私は、理科系のことにも興味があり、そこそこ理科系を出た夫と話ができるし、 夫は夫で、文系の私よりも文系のことを良く知っていたりするのでそちらでも話ができる。 知っていることが面白いし、楽しいから、もっと知りたいという気持ちにつながっているように思うのだけれど。

 最近は「私は理科系だから」ということを葵のご紋のように、漢字がかけなかったり、文章が書けなかったり、読めなかったりの理由としてみたり、 「文系だから」といって常識ともいえるような理科系の知識をまったく知らなかったりする人も多いように思う。
 そういうのも、今の教育や、入試のありかたの弊害なんじゃないかなあー。


この記事のURL | しらべたこと&へえーと知識 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冷蔵庫のキムチどうしよう
2005/11/03(Thu)
対日輸出業者の製品にも=韓国産キムチに寄生虫卵だそうで。。。

 韓国産キムチ。長い間購入してなかったのですが、先月に1つ 最近1つ買って、今月のはつい先週封をあけて食べたばかりなんだけど。

 残ったキムチ。どうしよう。やっぱり捨てるかな。

テレビで見たインタビューでは、

「この辺は野生動物が通るから寄生虫の卵がついても不思議はない」なんて言い切っていたみたい。 そんなに開き直られても困るんだけどなあ。

 キムチで健康を害するのも嫌だからやっぱり廃棄処分でしょうか。
でも、今発見されるってことは、数年さかのぼっても同じことなんじゃないかなあ。なんだかきもちわるいなあ。

ネットに出られないかもと書いた件、予測したよりも、大丈夫そうなので週末頃には 超元気になっているかもしれません。
この記事のURL | 日々&おもったこと | CM(4) | TB(2) | ▲ top
異常終了(--;)
2005/11/02(Wed)
今日もちょっとだけまじめに アレルギーのことやら 花粉症米のことやら書きかけていたのだけれど、後もう少しというところで firefoxさんが異常終了しちゃってオシャカになりました。
 で、その後書くリキがなくてねぇ。

 firefoxさんは ieさんのようにほかの人まで道連れにしないで一人落ちるところは良いんですが、こうも頻繁に落ちてくれたら力抜けますわー。

 そうして、明日はちょっと緊張する出来事がありまして、その後週末くらいまではどうなるかわかんない予定でございますので、出没しないこともあるかと。。(と書いておきながらそういうときに限って出没しまくるというのがいつものパターンですね。私。)

 ま、もしネットで見かけなかったとしてもげんきにしてますのでということを書きたかったのですよー。
この記事のURL | 瑣末なこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一事が
2005/11/01(Tue)
 ゲームを家族そろってやっていて、就寝が遅くなったけれども、気持ち的には「まだ寝たくないぞ!」という感じだった昨夜。 とにかく息子は早く寝かさないとと思い、「おやすみなさーい」と寝室の電気を消したら突然息子が

「一事がバンジージャンプ」と虚をつくように言うので大笑い。虚をつかれたそのときにとどめとばかりに「一石二鳥目三番地」 なんていいだすから可笑しくて可笑しくて。

「なにそれ~?」と聞くと先日何気なく買った本
にせニセことわざ図鑑  にのっていたとのこと。

馬の耳に粘土とか でかい犬に手をかまれる とか。。。もうホント 可笑しすぎ! 
今息子がお気に入りの本です。(学校に持っていったきり)
この記事のURL | 子ども | CM(6) | TB(0) | ▲ top
貧乏といったつもりが!
2005/11/01(Tue)
 リアルであそぼうに 私がトラックバックしたブログの持ち主のchieさん(ニューヨークにお住まい)から、日本のカボチャは パンプキン(pampkin)ではなく (kabucya カブチャ )で売られているという情報を頂いて 「へえー」と。 豆腐(tofu)などが日本語そのままだと聞いたことはあったけどカボチャまでもだとはなあーと びっくり。

 そんなこんなで、つらつらあちこちみていたら、ん?という単語に遭遇。
貧乏だからーとふざけて「ビンボなもんで」なんて何度か書いた覚えがあるのですがこのビンボ。とんでもない単語だったんですね。 しらなかったー。

 bimbo
 1.ばか者
 2.不倫(情事)を好む女 

だそうで。ひゃ~~。(--;) 
下品ついでに ふと思ったことを書いちゃうと、pimp の pをbに替えて oをつけたというこのつづりの雰囲気は、偶然なの?

ちょっと気になってかいたけれど、こんな単語を埋め込んだら大変なことになっちゃうかなー。

この記事のURL | しらべたこと&へえーと知識 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。